北の小さな牧場から、競走馬を目指す仔馬の成長を、写真と共に綴ります。
■牧場の1年

誕生 雪・早春親仔 仔馬の顔
牧場のは、仔馬の誕生と共に始まります。

春・仔馬2頭 牧柵のぞき顔 夏の風
風の中、仲間と共に駆け回る

紅葉 秋・とんぼ 秋・朝もや
母と別れる、試練の

雪景色 1歳冬 白鳥
、真っ白い世界の中で、ひたすら春を待ち・・・。

1歳夏 牧草風景 出発
大きく成長した若駒は、二度目の秋に育成牧場へと巣立っていきます。

 ・06-09  ※水たまり発見
 ・06-02  ※私も入れて
 ・06-01  ※ベストパートナー
 ・05-31  ※2歳戦を前にして
 ・05-29  ※綿毛の朝

 ゴールデンウィークに入った晴天の夕方、1歳の放牧地を訪ねました。

北への渡りの途中に、立ち寄ったツグミ。

5・1歳・ツグミ
 

この春は、もう見納めでしょう。無事に海を渡ってほしいと思います。

昼夜放牧中の1歳馬たちは、思い思いに過ごしていました。

まずやって来るのは、ゴールドアリュール牡馬。

5・1歳・アリュ
 

そして、オルフェーヴル牡馬。

5・1歳・オル
 

牝馬のグループからは、ディープインパクト牝馬。

5・1歳・ディープ
 

どの仔も、ニンジン大好きメンバー。

オルフェーヴル牝馬とロードカナロア牝馬は、夢中で草を食べていました。

5・1歳・オル&カナ
 

これは、ダンカーク牡馬。

5・1歳・ダン
 

遠くの方には、栗毛のオルフェーヴル牡馬とスクリーンヒーロー牡馬。

5・1歳・栗2頭
 

気が付いていません。

アリュールとオルフェは、相撲を始めました。

5・1歳・アリュ&オル
 

格闘技が大好きな2頭。

いつの間にか、ダンカークの方へ移動し、3頭でごちゃごちゃ。

5・1歳・ごちゃごちゃ
 

そしてオルフェは、ダンカークに狙いを定め、追いかけ始めます。

5・1歳・オル&ダン
 

疾走し、

5・1歳・オル&ダンに栗
 

絡み合う2頭を、傍観していた栗オルでしたが・・・・。

5・1歳・走る
 

今度は、自分たちのもとへ。

「うわー」とそっぽを向く栗オルと、オルフェに対抗するヒーロー。

5・1歳・オルとヒーロー
 

みんなのやり取りを見ていると、グループ内の力関係がよくわかります。

ハービンジャー牡馬は、ニンジンを食べたくて、行ったり来たり。

5・1歳・ハービン
 

栗オルも、やっと、こちらに気付きました。

5・1歳・栗
 

静かな夕暮れ時、キタキツネも、のんびり餌さがし。

5・1歳・キタキツネ
 

やって来てひと月のエイシンフラッシュ牡馬とハーツクライ牡馬。

5・1歳・2頭
 

この2頭も、元気に駆け回っています。

5・1歳・夕日
 

細く切ったニンジンの味を覚え、人懐こく、やって来るようになりました。

5・1歳・ハーツ&フラッシュ
 

夕日をバックに、たてがみをなびかせて駆ける姿は、「美しい」の一言。

5・1歳・駆ける
 

戻る途中、再び栗毛の2頭が並んでいるのを見つけました。

5・1歳・栗毛の2頭
 

いつ見ても、この2頭は一緒。

仲が良く、まるで兄弟のよう。

心が和みました。

関連タグ : ゴールドアリュール, ロードカナロア, スクリーンヒーロー, ダンカーク, ハービンジャー, オルフェーヴル, ディープインパクト, ハーツクライ, エイシンフラッシュ,

 28日に、生後2日目のダノンシャンティ牡馬が、外へ出ました。

4・シャン・2日目
 

朝日を浴びて、きらきら。

まだ座ることが苦手で、立ったまま寝てしまうため、肢が腫れています。

4・シャン・棒立ち
 

母が心配そうに、顔を寄せると、

4・シャン・ねえ
 

時々、「よっこら・・・」と、肢をもじもじさせるのですが、勇気が出ず、失敗。

4・シャン・よっこら
 

見ている方は、つい「そう!もう少し!」と力が入ります。

なかなか簡単にはいきません。

隣で見ているのは、この日で生後6日目のダノンバラード牝馬。

4・シャン・バラード
 

「何やってるのかしら?」と、不思議そう。

小さなシャンティに、興味津々です。

4・シャン・顔
 

徐々に、動きが出て来たシャンティくん。

牧柵をかじってみました。

4・シャン・かじかじ
 

太陽の光に刺激を受け、目が覚めて来たのでしょうか。

バラードちゃんが、仔ジカのように、パドックを駆け始め、

4・シャン・ぴょん
 

軽快な身のこなしを披露。

4・シャン・走れ
 

「いいねえ!」と、注目していると、

4・シャン・なに
 

シャンティも、タタッと駆け出します。

4・シャン・たった
 

「見てー」

4・シャン・たたた
 

そんな感じで、ゆっくりと。

生まれて間もない2頭が、早速張り合っているようで、頼もしくなりました。


関連タグ : ダノンシャンティ, ダノンバラード,

 放牧地に、こんな風景が広がっていました。

4・栗・早生まれ
 

3月上旬までに生まれた3頭の牝馬たち。

トーセンジョーダン牝馬の母は、どこへやら。

お母さんより、友達と一緒にいる方が楽しいのか、ジョーダンは、よくこのグループに混ざっています。

さて、こちらの放牧地には、

4・栗・栗オル
 

栗毛のオルフェーヴル牝馬と、

4・栗・来る
 

キズナ牡馬。

4・栗・キーちゃん
 

母と共にやって来ると、早速、口遊び。

4・栗・キーちゃん来る
 

徐々に近付いてきた栗オルちゃんも、

4・栗・後ろから
 

キズナ母さんが向こうへ行ってしまうと、

4・栗・様子見
 

やって来ました。

4・栗・かじかじ
 

キズナ母さんが戻って来ると、サッと逃げて、

4・栗・ちょっと逃げる
 

いなくなると、接近。

4・栗・また来る
 

仔馬どうしは、ずいぶん慣れてきたようです。

この放牧地の脇の木陰には、エゾエンゴサクが、今年もきれいに咲いていました。

4・栗・エゾエンゴサク
 

ふと顔を上げると、母の元へ戻っていたキズナくんが、

4・栗・キズナ来る
 

栗オルちゃんに接近中。

4・栗・対面
 

互いに興味があるようで、

4・栗・そっと
 

近付いては、

4・栗・わいわい
 

離れ、

4・栗・やっぱ
 

近付いては、

4・栗・戻る
 

離れ。

4・栗・きゃー
 

アプローチが続きます。

キズナ母さんが戻って来ると、甘えん坊のキズナくんは、ぺったり。

4・栗・ママ
 

母乳をもらうと、寝てしまいました。

4・栗・パタン
 

そこへ、栗オルちゃん。

4・栗・来た
 

「遊ばないの?」

4・栗・ねえねえ
 

眠気に勝てないキズナくんは、あちこち突かれても、起きる気なし。

4・栗・チェック
 

「起きないなぁ・・・」

4・栗・寝ちゃった
 

あきらめて、お母さんのもとへ。

4・栗・あらあら
 

自分も乳を飲むと、

4・栗・もそもそ
 

「よいしょ」と足を折りたたんで、

4・栗・よっこら
 

寝ることにしたようです。

4・栗・むにゃむにゃ
 

その頃、キズナくんは、夢の中。

4・栗・キズナ
 

どんな状況でも、すぐに寝られるタイプ。しばらくは、ピクリとも動きませんでした。


関連タグ : トーセンジョーダン, キズナ, オルフェーヴル,

 ブラックタイド牝馬が、広い草地に放れました。

4・タイド・駆ける
 

ダノンシャンティ牡馬の誕生で、その母が使っていた放牧地が空いたためです。

母よりも先に飛び出してくる、タイドちゃん。

色々な場所を探検中。

4・タイド・しっぽ
 

ちょこちょこっとやって来ては、少しだけいたずらをして、また散策。

4・タイド・ねえねえ
 

大地が日ごとに緑を増し、

4・タイド・キャッ
 

青い空を背景に、

4・タイド・顔
 

癒しの風景を作ってくれます。

4・タイド・朝日
 

夢中で草を食む母とは対照的に、

4・タイド・かりかり
 

遊びに忙しいタイドちゃん。

4・タイド・走る
 

奥の方へ駆けて行ったと思うと、

4・タイド・くる
 

跳ね回って、

4・タイド・走るよ
 

こちらへ。

4・タイド・来たよ
 

「気になるなぁ」

4・タイド・くるり
 

ちらっと振り返って、観察。

新しい場所は、何もかもが新鮮です。

牧柵の脇の草地には、今年もキバナノアマナが咲き出しました。

4・タイド・キバナノアマナ
 

私が可憐な花々に夢中になっている間に、また駆け出していくタイド。

4・タイド・待って
 

お母さんが一生懸命あとを追っているのを知ってか知らずか、

4・タイド・好奇心
 

楽しそうに、しっぽを振って、移動。

4・タイド・きらきら
 

太陽に向かって、きらきらと咲くニリンソウのように、とても元気。

4・タイド・ニリンソウ
 

それでも、しばらくすると、燃料切れしたように、パタンと横たわっていました。

4・タイド・昼寝
 

そーっと近付いていきます。

4・タイド・ころん
 

ムニャ?

4・タイド・ん?
 

そして、また、パタン。

4・タイド・むにゃむにゃ
 

柔らかい草の上なら、そこらじゅうがベッド。

いつまでも見ていたい姿でした。


関連タグ : ブラックタイド, ダノンシャンティ,

 4月26日、午後11時5分に、父ダノンシャンティの牡馬が誕生しました。

4・シャンティ・誕生
 

予定日より8日遅れ。

母は、昨年の初産が難産。

診療センターで胎児を出してもらったものの、前肢に先天的な異常があったため立てず、安楽死処分したという経緯がありました。

「今年は、無事に母になってほしい」という願いが強く、早めに待機。

苦しんで苦しんで、立ったまま、いきんで産もうとするため、気をもみましたが、最後は自分で横たわり、出産に至りました。

牝馬が多い今年のメンバーの中で、貴重な牡馬の誕生です。

母は疲れ切り、しばらく横たわったままでした。

4・シャンティ・横
 

仔馬も、4日前に生まれたテキパキした牝馬に比べると、少しスローモー。

なかなか立てないので起こし、乳が飲めるように補助し・・・と、夜が明けるまで、手はかかりましたが、なんとか自力ですべてのことが出来るようになります。

4・シャンティ・よろよろ
 

朝のシャンティくん。

4・シャンティ・立ったまま
 

まだ、肢をたたんで寝るのが苦手で、気が付くと、立ったまま、うとうと。

特徴が少ないと思っていたら、額に、わずかな差し毛がありました。

4・シャンティ・さしげ
 

やっぱり、うとうと。

4・シャンティ・うとうと
 

生後半日も経っていないので、仕方がありません。

外の、ダノンバラード牝馬は、元気いっぱい。

4・シャンティ・バラード
 

母と近付いてくると、早速、手袋を引っ張っていました。

4・シャンティ・ふがふが
 

日が高く上った頃、再びのぞいてみると、

4・シャンティ・ちら
 

「なあに?また、来たの?」

4・シャンティ・じろ
 

バケツの中に口を入れたり、

4・シャンティ・バケツ
 

シートをいじってみたり、好奇心が強そう。

4・シャンティ・いたずら
 

母と一緒に、

4・シャンティ・さっと
 

散歩を楽しんでいるように見えました。

4・シャンティ・なあに
 

今はおっとりしたシャンティくんと、

4・シャンティ・授乳中
 

いずれは、駆け回る日が来ることでしょう。

4・シャンティ・ぺロ
 



関連タグ : ダノンバラード, ダノンシャンティ,