北の小さな牧場から、競走馬を目指す仔馬の成長を、写真と共に綴ります。
■牧場の1年

誕生 雪・早春親仔 仔馬の顔
牧場のは、仔馬の誕生と共に始まります。

春・仔馬2頭 牧柵のぞき顔 夏の風
風の中、仲間と共に駆け回る

紅葉 秋・とんぼ 秋・朝もや
母と別れる、試練の

雪景色 1歳冬 白鳥
、真っ白い世界の中で、ひたすら春を待ち・・・。

1歳夏 牧草風景 出発
大きく成長した若駒は、二度目の秋に育成牧場へと巣立っていきます。

 ・06-09  ※水たまり発見
 ・06-02  ※私も入れて
 ・06-01  ※ベストパートナー
 ・05-31  ※2歳戦を前にして
 ・05-29  ※綿毛の朝

 1歳馬は、スクリーンヒーロー牡馬が合流してから1週間。

1・仲間・栗毛
 

栗毛のオルフェーヴル牡馬とすっかり仲良くなったようで、連れ立って歩いている姿をよく見るようになりました。

1・仲間・連れ立って
 

柵の間から、顔を出す栗オル。

1・仲間・栗オル
 

新雪にまみれた口で、ニンジンをもごもご。

1・仲間・栗アップ
 

ヒーローは、不思議そうに眺めていました。

1・仲間・ヒーロー
 

ニンジンは食べたことがない様子。

ゴールドアリュール牡馬も、やって来ましたが、なくなってしまったので、「切って来るから、待ってて!」と、手を振ります。

1・仲間・あとでね
 

左右のポケットいっぱいにニンジンを詰め込み、再度、放牧地へ。

「やっと、来た!」

1・仲間・ダダッ
 

猛スピードで駆けてくるのは、アリュール。

いつも本気で、まっしぐら。

奥の方で相撲をとっていたハービンジャー牡馬たちも、雪煙を上げて、やって来ました。

1・仲間・ハービンたち
 

オルフェーヴル牡馬の後ろからは、ダンカーク牡馬。

1・仲間・オルフェ
 

焦らず、ゆっくり、マイペース。

1・仲間・ダンくん
 

ジャジャーン!

1・仲間・いつものように
 

「さあ、ちょうだい!」と、期待の目。

その時上空から、懐かしい声が聞こえてきました。

1・仲間・マガンの群れ
 

マガンの群れです。

この時期に見るのは珍しく、暖冬で渡りが早いのか、越冬している一団なのか・・・。

渡り鳥好きな私は、うきうき。

そして、目の前の牡馬たちは・・・・。

1・仲間・ハービン
 

今日も、ハービンの勢いに、圧倒され気味。

悔しさをのぞかせるアリュール。

1・仲間・悔しい
 

手当たり次第、ガブリと噛みつくハービン。

1・仲間・ガブー
 

「ふん!」と、目を三角にしたその顔は、悪役そのもの。

1・仲間・ふん!
 

こんな騒ぎの中、栗毛の2頭は・・・。

1・仲間・カヤの外
 

仲良く、食事中。

深い雪の上、

1・仲間・ダン
 

早生まれ4頭の切磋琢磨を知らず、

1・仲間・オルとハー
 

のんびり食事をしている2頭の姿には、なんだか笑ってしまいました。

1・仲間・こい
 

友だちとの遊びがひと段落すると、

1・仲間・ペア
 

柵の上の雪を食べ始めたアリュールや

1・仲間・アリュ
 

ハービンたち。

1・仲間・仲良し
 

「ねえねえ、今のうちに、こそっとちょうだい!」

1・仲間・下から
 

ダンカークは、最近、柵の間から、みんなに見えないように、ニンジンをねだる技を身に付け、実践中。

すっかり落ち着いた頃、「何してるの?」

1・仲間・あれ?
 

フラッと現れた栗オル。

いつも楽しい仲間たち。見ていて飽きない牡馬グループでした。


関連タグ : スクリーンヒーロー, オルフェーヴル, ハービンジャー, ダンカーク, ゴールドアリュール, ,

 スクリーンヒーロー牡馬が合流して3日目、窓からこんな風景が見えました。

1・栗・いたずら
 

栗毛のオルフェーヴル牡馬が、ヒーローにいたずら。

1・栗・ちょっかい
 

まるで、小さい頃、オルフェーヴル牝馬にしていたように。

実は、4月生まれのヒーロー。栗オルにとっては、誕生日が一番近い相手なのです。

遊び相手として、最適だったのかもしれません。

栗オルが早生まれグループの牡馬たちと合流して約3ヵ月。

なんとなく小さくなっていた彼が、がぜん、生き生きしてきた気がします。

1・栗・激しく
 

最初は不安げだったヒーローも、

1・栗・まったり
 

栗オルが、嬉しそうに構うものだから、

1・栗・とやー
 

そのうち元気になり、

1・栗・走る
 

ワイワイ!調子に乗っていたら、

1・栗・近付く
 

ハービンジャー牡馬に、「うるさい!」と、怒られてしまいました。

1・栗・うるさい
 

すごすご。「まあまあ!」なんて、ハービンに栗オルが近付くと、

1・栗・やれやれ
 

「お前もうるさいんだよぉ!」

1・栗・お前もだ
 

ひゃー!二人そろって、駆け出しました。

1・栗・行こうぜ
 

「いこ!いこ!」

1・栗・走ろう
 

「おい!おい!競走なら、負けないぞ!」

1・栗・競走だ
 

「それっ!」

1・栗・負けない
 

「1ちゃーく!」

1・栗・勝った!
 

こんな会話が聞こえてきそうな、2頭のやりとりでした。

乾草を食べていた他のメンバーたちも、そのうち、あちこちに散らばります。

こちらは、ゴールドアリュール牡馬とオルフェーヴル牡馬。

1・栗・アリュたち
 

あっちは、ダンカーク牡馬とハービンジャー牡馬。

1・栗・あっちでも
 

ヒーローは、みんながいなくなった隙に、乾草を食べます。

1・栗・今のうちに
 

そこへやって来たのは、またしても栗オル。

1・栗・どいて
 

いったん場所をゆずり、仲良く食事。

1・栗・仲良く
 

今度は、お腹いっぱいのアリュールたちが、

1・栗・アリュオル
 

駆け回っていました。

1・栗・ダンはー
 

夕方、放牧地に行くと、やはり草を食べていたのは、この2頭。

1・栗・栗とヒーロー
 

4頭は、厩舎に入る時間を察して、出口に集まっていました。

1・栗・4頭
 

「ニンジンくれるのかなぁ?」と、すぐに向かって来るオルフェたち。

1・栗・来る
 

すると、栗毛の2頭も、揃って、こちらに歩き始めました。

1・栗・栗も
 

良い相棒のようです。

「ニンジン、持って来たぁ?」

1・栗・ニンジーン
 

スタッフの呼ぶ声に反応して、素直に戻っていく仲間たち。

1・栗・帰る時間だ
 

夕日は、1歳馬の厩舎を、とても優しく照らしていました。

1・栗・夕焼け
 



関連タグ : スクリーンヒーロー, オルフェーヴル, ハービンジャー, ダンカーク, ゴールドアリュール, ,

 (前編から続く)

いっぱいのニンジンをポケットに詰めて、放牧地に向かいました。

1・近・放牧地
 

遊んでいた馬たちの中から、真っ先に気付いたオルフェーヴル牡馬が、駆け付けます。

1・近・オル来る
 

続いて、ゴールドアリュール牡馬。

1・近・アリュ
 

ハービンジャー牡馬と、ダンカーク牡馬。

1・近・ハービンダン
 

栗毛のオルフェーヴル牡馬と、キョロキョロしているスクリーンヒーロー牡馬も、こちらへ。

1・近・栗
 

先にニンジンを食べていたアリュールやオルフェを押しのけて、威張るハービン。

1・近・ニンジン
 

氷点下の寒さにも関わらず、みんな元気でした。

朝日にキラキラと輝く霧氷が、なんとも言えません。

1・近・霧氷
 

これが、新入りのスクリーンヒーロー牡馬。

1・近・ヒーロー
 

栗毛で、冬毛はもこもこ。

流星は、栗オルに似ています。

顔中、雪だらけにして、私の前から離れないハービン。

1・近・氷
 

ダンカークやオルフェも、「もっとちょうだい!」と、アピール。

1・近・うわ
 

すっきりと晴れた青空の下、みんな、のんびりしていました。

1・近・アリュール
 

ヒーローも、少し離れたところで、「ふわわー」と、

1・近・あくび1
 

2回も、大あくび。

1・近・あくび2
 

でも、しばらくすると、誰かが、彼を突きに行きます。

1・近・追われる
 

「行ってきたよ!」

1・近・行ってきた
 

戻ってきたのは、ダンカーク

今度は、誰でしょう?

1・近・匂う
 

ハービンでした。

1・近・行ってきたよ
 

やっぱり新しい顔が気になるようで、入れ代わり立ち代わり、様子を伺いに行きます。

遠くを見つめるヒーローくん。

1・近・遠い目
 

以前の仲間がいると思ったのか、いななくと、ひとりで走って行ってしまいました。

1・近・行ってしまう
 

いきなり離れて、寂しいのでしょう。

私の前で遊び始めた栗オルとハービンは、

1・近・栗&ハービン
 

そのまま、遠くへ走って行きました。

1・近・走っていく
 

オルフェとダンカーク、アリュールも。

1・近・3頭
 

美しい樹氷の前で、立ち上がるオルフェと、アリュール。

1・近・オル
 

2頭は走って、奥の方へ。

1・近・待て
 

そして、ヒーローと合流し、またこちらへ戻って来ました。

1・近・みんなで
 

「ねえねえ、私たちにもニンジンちょうだいよ!」と、ロードカナロア牝馬とオルフェーヴル牝馬。

1・近・カナ&オル
 

ディープインパクト牝馬も顔を出します。

1・近・ディープ
 

「おーい!」と、道の反対側からのぞく栗オル。

1・近・栗オル
 

ふと、小さな鳥の鳴き声に、柵沿いに生えたマツの木を観察すると、”雪の妖精”と呼ばれる、シマエナガの群れがいました。

1・近・シマエナガ
 

寒さ厳しい北の大地は、時折、神秘的な感動を与えてくれます。

1・近・仲間たち
 

少しずつ馴染んできたのか、みんなのところへやって来たヒーローくん。

1・近・オルフェ
 

特にこの2頭は、仲良くなれそうな予感がしました。

1・近・栗毛
 



関連タグ : スクリーンヒーロー, オルフェーヴル, ハービンジャー, ダンカーク, ゴールドアリュール, ロードカナロア, ディープインパクト,

 牡馬グループに、栗毛のスクリーンヒーロー牡馬が、仲間入りしました。

朝、明るくなった頃、以前の仲間を捜して、うろうろするヒーローくん。

それに目を付けたのは、栗毛のオルフェーヴル牡馬でした。

「なんだー?君は」

1・スク・出会い
 

後ろから接近すると、ちょっかいをかけ、

1・スク・栗
 

相手が逃げると、勢いよく追いかけ始めます。

1・スク・待て
 

”借りてきた猫”が、嘘のよう。

今まで新参者だった自分が、大きい顔を出来るチャンスとばかり、走り回っていました。

ついつい笑ってしまいます。

1・スク・みんな
 

知らん顔で、乾草を食べていたメンバーたちの中から、

1・スク・オルとハービン
 

ハービンジャー牡馬が興味を示し、追いかけ始めます。

1・スク・追う
 

その後ろに、ぴったりと寄り添う栗オル。

1・スク・ハービン
 

ハービンが相手にしなくなると、目を光らせ、

1・スク・じろ
 

「それじゃあ!」と、また、攻撃。

1・スク・また栗
 

執拗に追いかけ回す様子は、幼い頃の栗オルそのままで、なんだか妙に安心してしまいました。

1・スク・追いかける
 

やがて、太陽の光が遠くの山から順に照らし始めます。

1・スク・朝焼け
 

今朝は、美しい樹氷で覆われました。

さらに、太陽が放牧地を照らし始めると、「ここは、どこなんだぁ?」と、駆け始めるヒーロー。

1・スク・駆けるスク
 

目がテンのメンバーたちも、次第に刺激を受けて、一緒に駆け回ります。

1・スク・あらら
 

「競走なら、負けないぞー!」

1・スク・捜す
 

そんなこんなで、スクリーンヒーロー牡馬が、仲間入り。

1・スク・うろうろ
 

徐々に落ち着き、みんなと挨拶を交わしていました。

1・スク・徐々に
 

一部始終を窓から撮影していた私。

1・スク・ごちゃごちゃ
 

今度は、外に出て、近付いてみることにします。(後編に続く)

関連タグ : スクリーンヒーロー, オルフェーヴル, ハービンジャー,

久々に暖かい朝となった今日、静内地区の種牡馬展示会が行われました。

JBBA(日本軽種馬協会)スタリオン。

マイネルキッツやビービーガルダンの父、チーフベアハート

2・展示・チーフベアハート 

牧場にも、彼を父に持つ繁殖牝馬がいるのですが、顔や体型がよく似ていて、ついつい見入ってしまいました。

先日生まれた仔馬の父、アルデバラン

2・展示・アルデバラン 

似ているでしょうか。

そして、新種牡馬は、イギリス・アイルランド・フランス・アメリカのGⅠを勝った、ヨハネスブルグ

2・展示・ヨハネスブルグ顔 

海外で、種牡馬として、すでに成績を残しており、期待されての導入。注目です。

2・展示・ヨハネスブルグ 

アロースタッドでは、新種牡馬、アジュディミツオーの展示から。

2・展示・アジュディミツオー 

オーナーの方が、「ミツオーは・・・、ミツオーは・・・」と、我が子のように、熱心に説明されていたのが、印象的でした。

2・展示・アジュディミツオー顔 

ダート馬ながら、「少しでも多くの配合相手に恵まれますように」と、心から応援したい気持ちになります。

そして、ラブミーチャンらの活躍で、俄然人気の出てきた、サウスヴィグラス

2・展示・サウスヴィグラス 

近くで見ると、むちむちの体型で驚きましたが、これが強さの秘密なのかもしれません。

最後に出てきた、ロイヤルタッチ

2・展示・ロイヤルタッチ 

17歳になる懐かしい馬。種付け頭数は少なくとも、末永く頑張ってほしいと思います。

レックススタッドには、ついこの間まで、競馬場を沸かせていたヒーローたちが勢ぞろい。

2008年の宝塚記念を勝った、エイシンデピュティ

2・展示・エイシンデピュティ 

2009年の菊花賞馬、スリーロールス

2・展示・スリーロールス 

2008年のジャパンカップ勝ち馬、スクリーンヒーロー

2・展示・スクリーンヒーロー 

2007年の有馬記念を制したマツリダゴッホ

2・展示・マツリダゴッホ 

いずれも、TVの画面や雑誌の紙面を通してしか見たことのなかった馬たち。

目の前で見ると、「こんな馬だったのか」とよく分かり、急に身近に感じました。

終始、元気が良かった、マツリダゴッホ

2・展示・ゴッホ立ち上がる 

この後は、これから産駒がデビューする馬や、活躍し始めている種牡馬たちの展示が続き、終了。

”リーズナブル”がキーワードの3会場の展示会は、派手さはないものの、馬を愛し、その血を残そうと頑張る関係者の方々の気持ちが通じる、心温まる会でした。

関連タグ : チーフベアハート, アルデバラン, ヨハネスブルグ, アジュディミツオー, サウスヴィグラス, ロイヤルタッチ, エイシンデピュティ, スリーロールス, スクリーンヒーロー, マツリダゴッホ,