本州へ、早朝出発

ここでは、「本州へ、早朝出発」 に関する記事を紹介しています。
 初期馴致のため、1ヵ月少々預かったメイショウサムソン牝馬が、10月2日に出発していきました。

業者の馬運車が、午前6時ごろ到着予定ということで、午前5時過ぎに、当歳馬を放牧した後、撮影。

10・移動・サムソン横
 

馬体重420㎏台。

目の前の放牧地の当歳牡馬3頭が、嬉しそうに走り回っていて、思わずそちらに目が行ってしまいます。

10・移動・牡馬3頭
 

「うわっ、転んだ!」

10・移動・転んだ
 

おっちょこちょいなキンシャサノキセキ牡馬が、勢い余って転倒。

気を取り直して、再びみんなと。

10・移動・気を取り直して
 

隣の放牧地の1歳牝馬グループも、刺激されて、併走していました。

10・移動・併走
 

気温が低くなると、馬たちは、元気いっぱいです。

サムソンが、ロンギ場での運動を終え、帰ってくると、

10・移動・運動を終え
 

今度は、同時に出発するディープインパクト牡馬が出て来ました。

10・移動・ディープ牡
 

彼は、4月から約7ヵ月をここで過ごし、初期馴致までをすでに終えています。

10・移動・騎乗
 

馬体重は、460㎏台。

管理予定の調教師さんの指示で、千葉の育成牧場へ。

その大きな馬運車がやって来て、興味津々のディープインパクト牝馬。

10・移動・馬運車到着に
 

斜面に上がっているのは、星のあるヴィクトワールピサ牝馬。

星ピサちゃんは、いたずら好き。

10・移動・いたずら星ピサ
 

上がった斜面を一気に駆け下りたり・・・、やることが、周りのみんなと一風変わっています。

10・移動・駆け下り
 

その当歳牝馬たちの前を通り、まず、ディープインパクト牡馬が、馬運車へ。

10・移動・ディープ牡馬運車へ
 

フェリーに乗るため、輸送用の麻のもくし(頭絡)をつけ、いざという時のために備えるスタイル。

10・移動・縄もくし
 

大きな馬運車に少し躊躇しながら、入っていきました。

10・移動・内部へ
 

その様子を鶴首で見つめるのは、やっぱりディープちゃん。

10・移動・見守るディープ
 

サムソン牝馬も、馬房で、輸送用もくしをつけます。

10・移動・サムソン準備中
 

最初のうちは、猫をかぶっていたけれど、結構お転婆な女の仔でした。

10・移動・サムソン顔
 

冬は、暖かい本州の地で、育成。

10・移動・馬運車へ
 

山のふちから、やっと太陽が顔を出し始めた頃、馬運車は動き出しました。

10・移動・出発
 

いつかきっと会える日が来るように、この2頭にも、活躍を期待しています。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://foal.blog46.fc2.com/tb.php/992-c8fa55c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック