早生まれ離乳

ここでは、「早生まれ離乳」 に関する記事を紹介しています。
 8月28日木曜日、2月生まれ3頭の”離乳”を行いました。

カラッと晴れたすがすがしい朝のこと。

1歳馬の削蹄など、他の予定も入っているため、「午前8時半に分ける」と言われて、大慌て。

朝ごはんを片付け、急ぎ、早生まれグループの放牧地に入ります。

何も知らない早生まれグループ。

最近、一匹狼だったキンシャサノキセキ牡馬の母が、ディープインパクト牝馬の母と行動を共にするようになりました。

8・離乳・仲間になった2頭
 

子育てをしていく中で、何らかの心の変化があったのでしょう。

風来坊のキンシャサくんは、いつものように3月生まれのヴィクトワールピサ牝馬のところ。

8・離乳・星ピーたち
 

もう少しで、母と会えなくなるというのに、友達のところへ遊びに行っています。

2月生まれのヴィクトワールピサ牝馬は、キンシャサくんのお母さんのところへ行き、「あれ?お母さんじゃなかった」

8・離乳・あれ?
 

「どこにいるの?」

8・離乳・どこ?
 

仔馬を含め、鹿毛馬がたくさんいるので、キョロキョロしながら、やっと母を捜しあてました。

8・離乳・見つけた
 

最後の授乳風景です。

8・離乳・最後の授乳
 

予定の8時半より前に、リーダーやスタッフが出てきたので、不思議に思っていると・・・。

ディープインパクト牝馬を管理する予定の調教師さんから、急に、来訪の連絡があったとか。

まずは、この親子2頭を放牧地の外へ出すことになりました。

8・離乳・ディープ牝母仔
 

何事かと、あとを追っていく仲間たち。

8・離乳・揃って
 

程なく車で現れた調教師さんに、道の上で、見せていると・・・・。

8・離乳・展示
 

「なーんだ。僕らには、関係ないや」と、戻っていく、キンシャサたち。

8・離乳・なーんだ
 

やっと、お母さんのところへ行き、

8・離乳・キンシャサ
 

乳を飲もうと顔を近付けた瞬間、無情にも、スタッフの手が伸びてきました。

8・離乳・飲もうとしたら
 

母に、手綱がつけられ、いよいよ、離乳。

8・離乳・いよいよ
 

出口で、母だけが出されてしまいました。

8・離乳・別れ
 

急に騒ぎ始める、3頭の仔馬たち。

今回は母が子守り役として残される、3月生まれのヴィクトワールピサ牝馬も、騒ぎを聞いて、駆けつけてきます。

8・離乳・星ピサ
 

母がいなくなった3頭と、母がいる1頭。

8・離乳・3頭と1頭
 

母という存在が、仔馬にとってどれだけ大きいのか、この後、嫌というほど知ることになります。

2産目にして、子守り役となったヴィクトワールピサ牝馬の母。

8・離乳・星ピー母
 

騒ぐ仔馬たちを見つめながら、どんな心境だったのでしょうか。

初仔を産んだ時は、育児拒否になりかけた彼女も、今では優しいお母さん。

「どうして、いなくなっちゃったの?」

8・離乳・どうして?
 

「え?戻って来ないじゃない!」

8・離乳・うそでしょ
 

徐々に、テンションが高くなる仔馬たち。

黒ピサちゃん。

8・離乳・ピサ
 

ディープちゃん。

8・離乳・ディープ
 

ついに、走り出しました。

星ピサちゃんの親子が、静かに草を食む中、放牧地の端から端まで、母を捜して、駆け回る仔馬たち。

8・離乳・星ピー親子
 

もうみんな生後半年を過ぎ、十分成長したはずなのに、心の中は、まだ子ども。

8・離乳・駆け出した3頭
 

顔は、必死。

8・離乳・必死
 

それでも、ただ1頭だけ、おとなの馬が残っているので、そこへ、なんとなく集まります。

8・離乳・星ピーのところへ
 

「危ない!」

星ピサとキンシャサがぶつかりました。幸い、何事もなく、無事。

8・離乳・ぶつかった
 

気が動転している馬たちには、注意が必要なのです。

「どこかに、お母さん、いない?」

8・離乳・どこかに
 

首を高く上げ、一生懸命捜す、仔馬たち。

8・離乳・いない?
 

「いないわね・・・」

8・離乳・いないわね
 

星ピサの母は、素晴らしい子守り役でした。

鳴いている仔馬たちを引き連れ、穏やかに、遠くへ導きます。

それでも、悲しいディープ。

8・離乳・鳴く
 


8・離乳・鳴く2
 

黒ピサに、キンシャサ。

8・離乳・鳴く3
 

偶然にも、離乳を見届けることになった調教師さんは、「もっとすごいのかと思ったけど、意外と静かで、拍子抜けした」と、言われていました。

星ピサ母のいるおかげ、ということでしょう。

まったく関係のない隣の放牧地で、ついでに騒いでいる仔馬たちがいました。

4月生まれグループのハービンジャー牡馬たち。

8・離乳・隣が気になる
 

2月生まれのお兄さん・お姉さんたちの騒ぎに興味津々で、のぞき込んでいます。

「何があったのか知らないけど、大変らしいぞー!!」

8・離乳・こっちまで
 

周りの仔馬たちと共に、ここでも、大騒ぎ。

それから、しばらくの間、離乳した3頭は、駆け回ったり、

8・離乳・必死な3頭
 

うろうろしたり、

8・離乳・捜して
 

ついて歩いたりの繰り返しでした。

8・離乳・並んで
 

悲しい鳴き声は、この後、夜も次の日も続きます。

母たちの嘆きも、相当なものでした。

ひときわ大声で鳴いていたのが、ディープインパクト牝馬の母。

8・離乳・ディープ牝母
 

1年空いての2産目。

まだまだ、”離乳”は、辛い体験です。

キンシャサノキセキ牡馬の母。

8・離乳・キンシャサ&ピサ母
 

最近は放任主義で、すっかり忘れていましたが、彼女ほど、子煩悩な親はいません。

ヴィクトワールピサ牝馬の母は、まだ事の重大さを理解していなかったらしく、この後、数時間経った頃、気が付いたように我が仔を捜していました。

母たちは、乳房炎を防ぐため、夜間も放牧。

寒いので閉めている窓の向こうからでも、夜じゅう響く、母馬たちのいななき。

私たちは、とにかく、時が経つのを待つしかありません。

こうして今年も、馬たちにとって、試練の時期が、始まりました。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
毎年わかっていることとは言え やはり辛いです(ノД`)

この早生まれとグループは 母馬もまだお産経験の少ない馬達ばかりなので
母の方も“離乳”と言う儀式を“仕方ないんだ”と割り切って断ち切るまでに
時間がかかるのかもですね(ノω・、)  
そんな中 子守り役に大抜擢された星ピサちゃん母には
頑張って見守って欲しいなぁと願うばかりです・・・

母と別れさせられてしまった仔馬3頭が
常に固まって走ったり柵越しに探したり ピサ母に連れられたりする様子が
なんとも切なく でも仲間の絆で乗り越えられる!と言う思いもあり・・・。

またこれからの経緯を是非お知らせ下さい<(_ _*)> 宜しくお願いします。
2014/09/03(水) 09:24 | URL | 京都はんなり #-[ 編集]
ついこの間産まれたばかりなのに、あっという間ですね。

仔馬達はこれを糧にして更に成長してほしいですね。

がんばれー
2014/09/03(水) 13:35 | URL | かとう #-[ 編集]
ついに離乳の時期が来てしまったんですね…。読んでるこちらも胸が締め付けられる思いです。けど強い競走馬になるための試練ですもんね…辛いけど乗り越えて欲しいです!!
2014/09/03(水) 14:29 | URL | みかん #-[ 編集]
ありがとうございます。
生まれが遅いという理由で、星ピサ母が子守り役になりましたが、ほかの仔を攻撃することもなく、とても穏やかに過ごしています。
ここまで良い子守りをしてくれるとは、こちらも意外でした。
この後、自分が仔と離れる時は、どうなってしまうでしょうか。
やはり、辛いでしょうね。
時が過ぎ、離乳した母も仔も、すっかり落ち着いています。
仔馬たちは、隣が見える馬房に入っているので、少しは安心できるようです。
ひとりで馬房で過ごすのは、不安でしょう。
また、その後の様子など載せていきたいと思います。v-22
2014/09/04(木) 14:44 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
本当に、あっという間ですね。
人間と違って成長が早いので、半年も経つと、みんな見違えるほど、大きくなります。
これから、精神的にも、大人になってくれることでしょう。v-22
2014/09/04(木) 14:46 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
ありがとうございます。
仔馬たちや母馬たちの必死な顔を見るのが、一番辛いですね。
でも、この時期を過ぎてしまう(離乳が遅れる)と、仔馬はわがままになりすぎるとも言います。
競走馬になるためには、今、離乳しなければならないと考え、辛い時を人も馬も乗り越えていきます。v-22
2014/09/04(木) 14:49 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
こんばんは。
ついに離乳が本格的に始まったのですね。
画像と文面があまりにも具体的な感じで、胸がギュッと締め付けられます。
仔馬ちゃんたちもお母さんたちも、早く平静を取り戻してくれると良いのですが・・・
team yossieさんたちも大変かと存じますが、馬たちと共に頑張って乗りきってくださいね。
2014/09/04(木) 21:34 | URL | よっこ #zfBORS1s[ 編集]
競走馬になるためには仕方がないとはいえ、離乳の時は胸が締付けられる思いです。

でもこの試練を乗り越えて仔馬達は精神的にも成長していくのですね。

今回、星ピサ母さんの仔馬達への注意深い眼差しには感動しました。とても良いお母さんになりましたね。

それにしても辛さを押し殺して離乳をさせる皆様方のお気持ち・・・察するに余りあります。

本当にありがとうございます。
2014/09/04(木) 22:30 | URL | aqua #hPjq5csI[ 編集]
ありがとうございます。
今年初めての離乳は、つい力が入り、長いドキュメントになってしまいました。
毎年のこととはいえ、悲しむ仔馬の姿を見るのは、辛いですね。
晴天が続き、牧草作業が終わる頃には、みんな落ち着いていました。
完全に忘れたわけではありませんが、強くたくましくなってほしいです。v-22
2014/09/06(土) 02:02 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
ありがとうございます。
星ピサ母さんの落ち着きには、私もびっくりしました。
普段から、ほかの仔馬にも優しかったので、いつの間にか「子ども好き」な母となったのでしょう。
見習いたい気分です。
この後、我が仔との別れが待っていると思うと、また切なくなりますが・・・。v-22
2014/09/06(土) 02:07 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://foal.blog46.fc2.com/tb.php/972-fd38eb98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック