ハービンジャーの牡馬、誕生

ここでは、「ハービンジャーの牡馬、誕生」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 4月30日午後10時30分に、父ハービンジャーの牡馬が誕生しました。

5・誕生・生まれて
 

その日は、夕方からひと騒動。

キングズベスト牝馬を産んで11日目になる母が、いわゆる”ガスっ腹”(腸にガスがたまって痛がる状態)で、獣医さんのお世話になり、おさまった頃に、今度は、近所の牧場の1歳馬が逃走中との連絡。

車のライトで照らしながら、うちに迷い込んでいたその馬を確保し、迎えの馬運車に無事乗車させ、一件落着。

そんなこんなで、やっと家族が寝静まった頃、モニター画面に、陣痛が始まった母馬の姿が映ったのでした。

予定日から、半月遅れ。

これは、いつもの彼女の出産のパターンで、何の心配もありませんでしたが、さすがに無事に出産し終えるまでは、緊張が走ります。

お湯の用意、酸素吸入の準備などなど、一通りの備えをしている間、母馬は、バタンと寝て、いきみ始めました。

このところ、とても辛そうに、放牧地でも寝ていた母馬。

牡馬に違いないと思っていたのに、少しずつ娩出される前肢は細く、「あれ?牝馬かな」と考え直します。

最後は一気にいきむのが、彼女のパターン。

するすると出てきた鹿毛の仔馬に、胸をなで下ろし、とにかく産後の処置をこなしてから、しっぽをめくりました。

「オトコだった!」

今年、最後の仔馬は、細身の男の仔でした。ギリギリの4月生まれ。

5・誕生・横顔
 

顔には、目立つ白斑があります。

この時、私はある馬のことを思い出していました。

2年前に、目の負傷で亡くなったハービンジャー牡馬。

この仔は、彼の全弟となります。

「また、生まれてきてくれた・・・」

牡馬だとわかった瞬間、彼こそ”生まれ変わり”だと、こみ上げてくるものがありましたが・・・・。

やはり、弟は、弟。

5・誕生・翌朝
 

夜が明けて、改めて見つめていると、顔も体つきも兄とは違います。

5・誕生・授乳
 

ゴムまりのように柔らかく、人懐こい性格だった兄。

せめて、性格だけでも同じだったら、と手を出してみますが、まだよくわかりません。

5・誕生・馬房の中を
 

生まれた瞬間から、ぺろぺろと我が仔をなめていた母馬は、今年もベテランらしい子育てをしてくれることでしょう。

5・誕生・大事そうに
 

新しい命の誕生。

5・誕生・ころん
 

その重みをますます感じた春でした。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
おめでとうございます。
ひとまず安心ですね。
これから元気に育ってくれるといいですね。
2014/05/10(土) 06:29 | URL | かとう #-[ 編集]
ありがとうございます。
まだ油断は出来ません。事故や病気で悲しい思いをしないよう、スタッフ一同、毎日の点検を欠かさず行っています。1年半後に、無事に送り出せるよう、見守ってください。v-22
2014/05/11(日) 04:09 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://foal.blog46.fc2.com/tb.php/924-2b8b49a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。