夕暮れ時のほっこり

ここでは、「夕暮れ時のほっこり」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
春分を過ぎ、日が長くなってきました。 

天気が良ければ、夕方の5時を過ぎても、まだ厩舎に夕日が当たっています。

「ねえねえ、あれ見て!かわいいよ」

と子どもに言われ、そちらに目をやると、ハーツクライ牝馬が、母と共にちょこんと顔を出していました。

3・夕・ハーツ母子
 

ハーツちゃんは、みんなの人気者。

厩舎に入ると、いつもこうして外を眺めているので、誰からも頭をなでられます。

なでられるだけでなく、かじるのも、大好き。

歯が生えてきたので、「痛い!」と声が出てしまうことも、しばしば。

そんなハーツちゃんにもまして人間好きな猫のミケが、どこからともなく現れました。

人にかまってほしくて近付いただけなのに、母馬から迷惑そうに見つめられるミケちゃん。

3・夕・ミケに
 

隣の3月生まれヴィクトワールピサ牝馬の母からも、警戒の目で見られてしまいました。

3・夕・星ピサ母警戒
 

我が仔を守るのは、母の仕事です。

その隣の馬房からは、ディープインパクト牝馬が顔を出しました。

3・夕・ディープ牝
 

生後1ヵ月半が過ぎ、すっかりお姉さんらしくなったディープちゃん。

気配を察し、母も一緒に。

3・夕・母も
 

並ぶとやはり顔の大きさが、全然違います。

先ほどから、一番小さなハーツクライ牝馬が、扉をかじって遊んでいるのがかわいらしく、注目していると、

3・夕・ハーちゃん
 

大あくび。

3・夕・ハーツあくび
 

どんな仕草も、まだあどけない女の仔。

ミケは、いつの間にか厩舎の2階を歩いていましたが、はしごを伝って下りてくると、離れの厩舎のシルエットのところへ。

3・夕・ミケ
 

のぞき込むシルエットを見て、記憶をたどると、彼女が当歳の12月に迷い込んできたのがミケだったことを思い出しました。

同い年の猫と馬。

3・夕・シルエット
 

厩舎でリラックス中のシルエットは、覚えていたのでしょうか。

3・夕・シルエット顔
 

そのうちに、3月生まれヴィクトワールピサ牝馬も、顔を出しました。

3・夕・星ピサ
 

星ピサちゃんとお母さん。

3・夕・星ピサ母と
 

ゆったりとして、いつまでも眺めていたくなる、厩舎の馬たちでした。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
夕方の厩舎の様子は何度見ても飽きないですね。写真でさえそうなのですから、実物はもっとなんでしょうね。羨ましいなぁ。

ミケの自由な感じもかわいいです。
2014/04/09(水) 23:12 | URL | かとう #-[ 編集]
ありがとうございます。
馬の産毛は、とても密に生えていて、ビロードのような感触です。
とにかく触り心地が抜群ですね。
そして、あどけない表情がなんともいえません。
ミケは、先日、ディープインパクト牡馬親仔の馬房の中、しかも飼い桶の横にちょこんと座っていて、馬も人もびっくりでした!
「ミケー!!」と、私につまみ出されました。
どうやら、飼い桶に入った燕麦を泥棒しに来る、スズメを狙っていたようで、集牧の時間も忘れて、潜んでいたようです。
時に、人を笑顔にさせてくれる、面白キャラクターですね。v-22
2014/04/10(木) 11:28 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://foal.blog46.fc2.com/tb.php/902-6f9f6356
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。