仲良く合流

ここでは、「仲良く合流」 に関する記事を紹介しています。
生後1ヵ月を過ぎた2頭が、放牧地で共に生活を始めています。

様子をのぞきに行くと、まずは、ヴィクトワールピサ牝馬が、背伸びをして、迎えてくれました。

3・合流・ピサ顔
 

真っ黒くろすけのピサちゃん、性格は、あいかわらず友好的。

昨日から、共に放れている2組の親子。

ディープインパクト牝馬の母が発情期にあり、とても穏やかなので、良い関係が保たれている模様。

3・合流・2組
 

それぞれの仔馬たちは、母にぴったり寄り添って、相手の様子を伺っています。

ディープちゃんの後ろに回り、彼女の目線で、とらえてみました。

3・合流・ディープ目線
 

どちらの仔も、小さい者どうし、互いに興味があることは、間違いありません。

母たちは、さらに近寄り、匂いをかぎ合います。

3・合流・対面
 

「そんなに近寄って、大丈夫?」と心配になりますが、発情期は、魔法がかかっているかのように、相手に対して優しくなります。

グルーミングを始める母馬たち。

3・合流・グルーミング
 

そして、その横で、どうしたらよいのかわからないというふうに、たたずむ仔馬たち。

私が、少し離れたところから、ピサちゃんに声をかけると、歩いてきました。

少し遊んだ後、ぴょんぴょん跳ねていったピサ。

3・合流・ピサ
 

触発されて、ディープちゃんも、跳ね回ります。

3・合流・ディープ
 

本当は、こんなふうに2頭で遊びたいはず。

今はまだ勇気がなくて、母のそばから離れられませんが、そのうちすぐに交わるようになるでしょう。

3・合流・ディープ母仔
 

また、母親たちは近寄り、仲良く、食事。

3・合流・近付く
 

仔馬たちも、乳を飲んだり、雪山で遊び始めたり・・・。

3・合流・静かに
 

まずは、無事に合流できた2頭が、これから仲の良い友達になってくれることを願います。

3・合流・雪山
 

集牧後の厩舎では、初めての蹄のチェックが行われました。

3・合流・削蹄
 

装蹄師さんの視点で、色々なアドバイスをいただきます。

3・合流・削蹄2
 

兄弟と比べたり、母馬と比べたり。長年みていただいているからこそ聞ける話も。

早速、競走馬としての将来の姿が見えてきて、頼もしくなりました。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
発情が来ていると穏やか、というのは知りませんでした。
いったん仲良くなると、発情がすぎても大丈夫なのでしょうか。
それにしても、母馬の顔つきって本当に穏やかですね~。愛情たっぷりもらって育っていくんですね。
顔つきといえば、シルエットの顔がどんどん変わっていってるように感じるのですが、気のせいでしょうか。
最近お転婆になってきたとありましたが、雰囲気が現役の頃とまったく違うような気がしてます。きっと、今は幸せなのでしょうね。
2014/03/13(木) 17:55 | URL | まりい #-[ 編集]
こんな友好的な合流もあるんですね! 
もしかして記事として初めての事じゃないですか?

いつもは出産前にいっしょに放牧されてた母同士でも
やはり子供を連れてとなると最初は警戒して お互いに
近寄らないようにして 子供が寄っていきそうになると
慌てて間に割って入るようにして必死に子育てって風景が
普通なんだと思ってました。

発情期って不思議な魔法ですね(ノω`*) 
ほんとどうしていいのか?って感じで母に寄添ってる
ピサちゃんとディープちゃんがなんとも愛らしいです! 
早くいっしょに遊べるといいね♪
2014/03/13(木) 20:44 | URL | 京都はんなり #-[ 編集]
削蹄をしているのは黒ピサちゃんですか?
戸惑いのは表情でしょうか。かわいいですね。
2014/03/13(木) 23:58 | URL | かとう #-[ 編集]
背伸びして覗いている黒ピサちゃん(^^)
ホントに愛らしいですね
日々女の仔らしく成長している姿がうかがえます

超活発ディープちゃんと合流して、まだお互いにもじもじしているようですが、一方が跳ねるともう一方も!というのが、なんだかお転婆ガールズの誕生を予感させますね(^o^)

これからの彼女たちと星ピサちゃん、キンシャサくん、ディープくんの関係がどうなっていくのか楽しみな春到来ですね!
2014/03/14(金) 08:29 | URL | JUNKO #4jeLTJQM[ 編集]
馬の発情期は、とてもはっきりしていますね。
相手に心を許している様子がわかります。
種牡馬も、これで怪我をせずに済みます。
ただし、繁殖牝馬によってもさまざまで、色々なタイプがあるようです。
このディープ牝馬のお母さんは、当牧場の当て馬である道産子を馬鹿にしていて、彼に対しては絶対に発情を見せません。自分より小さいので「ふん!」という感じなのでしょう。
シルエットは、放牧地が緩んできてクッションが良いので、友達とわいわいはしゃいでいます。
それでも、「シル」と呼びながら通ると、きらっとした顔をして、こちらを見てくれるのでかわいいですね。
お腹の大きな妊娠馬とは対照的で、動きはとてもいいですよ。v-22
2014/03/15(土) 01:28 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
そうですね。このディープ牝馬の母は、一匹狼的な性格の馬で、普段、周囲の馬と仲良くしているところをあまり見ないので、余計意外でした。
仔馬を連れていると神経質になりがちですが、今回は、発情の状態も長く、とても良かったですね。実は、この翌日に、種付けに行っています。無事、受胎してほしいですね。
ピサちゃんは、人間好きだけど、母に従順で、いつもピッタリ。ディープちゃんは、好奇心旺盛だけど、最後の一歩を構えるタイプ。ということで、最初からお互いガンガン行く方ではありませんでしたが、すぐに慣れると思います。この日、ディープちゃんが、ピサ母のところへ自分から近付く場面を見ましたが、ちょこっと威嚇され、逃げていました。そんなふうにして、だんだんと学んでいきます。みんな無事に大きくなってくれるといいですね。v-22
2014/03/15(土) 01:40 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
削蹄の画像は、黒ピサちゃんの場面です。
最初、母と一緒に廊下を歩き、その後、母だけ馬房に戻されたので、困った様子でした。
でも、しっかりと立っていましたよ。v-22
2014/03/15(土) 01:49 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
黒ピサちゃんは、お茶目な性格で人気者なんです。
「ピーちゃん、ピーちゃん」と呼ばれ、みんなから愛されています。
ディープちゃんは、以前、パドック脱走事件を起こすなど、何かとやらかしてくれましたが、放牧地に出てからは、落ち着いていますね。狭いパドックが合わなかったのでしょうか。広い放牧地で、思い切り運動してほしいと思います。この先も、楽しいやりとりを期待してしまいます。v-22
2014/03/15(土) 01:57 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://foal.blog46.fc2.com/tb.php/891-7cc2135b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック