小倉で再会

ここでは、「小倉で再会」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(ただいま、yosshie2は夏休み中472にて、牧場を留守にしています。)

昨日、生産馬を応援するため、小さなカメラを片手に、小倉競馬場へ行ってきました。

小倉1 

牧場では、”食いしん坊”とあだ名が付くほど、青草が大好きだった牡馬。

放牧地の中でさえ、草をむしってくれる人間の後をついて回る、かわいいヤツで。

牧場を出て、1年と10ヵ月。

3歳未勝利で、人気もなさそうでしたが、どうしても会いたくなり、暑いパドックの前に立っていました。

半姉は、小倉で2歳新馬を勝ち、2歳ステークスで4着という成績を残した、ちょっとばかり”優等生”。

一つ下の弟も続いてくれると期待していただけに、未勝利という内容には納得がいかず・・・。

思えば、離乳後、よその牧場からやって来た仔馬(現・サクセスブロッケン)を同じウッドチップパドック内でいじめていたのは、この馬でした。

当歳のブロッケンに草をやろうとすると、噛みにいき、絶対に自分が食べようと割り込んでくる姿が、ついこの間のことのように思い出されます。

いまや、6戦5勝、涼しい北海道で休養しているブロッケンとは、立場が逆転。

暑い小倉で、ひとつ勝つために走り続ける”食いしん坊”くんが、けなげに思えてならなかったのですが・・・。

パドックで見る彼の顔は、元気そのもの!

重なったメンコの下から、いたずらっぽい目をキョロっと出して、瞳は昔と何も変わっていませんでした。

なんだか妙に安心して、返し馬の馬場へ。

小倉2 

「これで、彼に直接会えるのは最後になるかも・・・」と思いながらも、元気に走っている姿を目に焼き付けられたことは、収穫。

結果は、15番人気でありながら、6着。

「いつかは一等賞になれる!」と信じ、でも、残された時間は確実に減っていっていることも感じ、私は暑い小倉を後にしました。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
あのサクセスブロッケンをいじめていたなんて、ある意味大物ですね(笑)
頑張って未勝利脱出!!を祈り、応援してますv-19

追伸:
1年10ヵ月ぶりの再会とのことですが、
食いしん坊君はyosshie2様のことを覚えていましたか?
お馬の記憶力ってどんななんだろう??ってふと思いまして・・・。
2008/08/05(火) 06:47 | URL | エリ #-[ 編集]
久しぶりに会った食いしん坊くん
すっかりたくましくなっていたでしょうねv-67

結果はちょっと残念だったけど、今度こそはきっと!!
頑張れーーv-20

お馬さんは自分のレースの勝ち負けが解るものなんでしょうか?
(シンボリルドルフは、負けた時に目にいっぱい涙をためていたと聞いたことがありますので)
なんだか切ないです。。。






2008/08/05(火) 20:29 | URL | マスカット #-[ 編集]
はじめまして!
ココの存在を知ってからというもの、
ブログの更新をとても心待ちにしながら
訪問するのが毎日の日課となっています♪

競馬で走るお馬さんを観るのが大好きで、
その想いの延長からついには乗馬も始めた私ですが、
どんな性格の仔でもそれぞれにとても愛おしく可愛い!…と、
お馬さんに近く触れ合うほどにその想いをさらに強くする今日この頃…。

競馬で勝ちあがって、さらにその上の大舞台で活躍していけるお馬さんたちは、
競走馬としてデビューする中のほんのわずか一握りでしかないことは百も承知ですが、
それでも、一頭ずつのそれぞれの生まれ育った故郷があり、
大切に育まれた環境があり、それぞれに関わるたくさんの人の想いもあり、
そして、それぞれのお馬さんの個性もあり…

競走馬として生まれてきて、この厳しい勝負の世界では
もちろん勝つことだけが求められるのでしょうが
その一勝の為に、この食いしん坊くんも
そしてまた他の仔たちもみんな
それぞれにただひたすら一生懸命に走っているのだなぁ…と思うと…
何とも言えない気持ちになりました。


みんな頑張って!!

そんな感じです。うまく言えませんが。(笑)



2008/08/05(火) 22:07 | URL | hiro #A30xgDgE[ 編集]
コメントをいただき、ありがとうございました。
皆様の馬への温かいお気持ち、本当に嬉しく思いました。
エリ様、”食いしん坊”君は、私のことを覚えていたかどうかですが、これは多分100パーセント無理だと思います。
もし、牧場へ戻ってきて会ったとすれば、まだ可能性はあるかもしれませんが、若い頃の記憶は、忘れやすいようなので・・・。
パドックでカメラを向けている私と何度も目が合いましたが、きっと「何してるんだろ?」と不思議がっていたのでしょう。
ちょっぴり寂しいですね。v-22
マスカット様、馬が勝ち負けをわかっているかどうかですが、きっと、賢い馬は、わかっていると思います。
馬は、人の感情や雰囲気を敏感に感じ取るので、勝って周囲が喜んでいる等の状況を学習すると、自分の置かれている立場がわかるだろうと思います。
でも、未勝利馬(一度も勝ったことのない馬)は、どうなのでしょうね?
中には、「みんな走ってるから、走ってる!」なんて馬も、いるでしょうね。v-22
hiro様、お気持ちがひしひしと伝わってきました。
私も、競馬も乗馬もする”馬好き”です。
競走馬の世界は、名も知られず、この世を去っていく馬たちがほとんど。
馬の命のことを考えると、自分がこの世界にいることに疑問を感じたこともあります。
でも、「走るために、生まれてきた馬」だもの。
強い馬になれるよう、最大限に努力することが、まずは私達の使命。
仔馬時代に、たくさん触れ合い、人間を信頼する馬に育てれば、どこへ行ってもかわいがってもらえるはず。
と、今、自分が出来ることは何かを考えるようになりました。
そして、このブログを通じて、たくさんの方々に、馬の魅力を知っていただくことも、一つの力になるのではないかと、おぼろげに期待しています。
まだまだ、未熟者ですが、これからも応援よろしくお願いします。v-22
2008/08/07(木) 16:55 | URL | yosshie2 #uvrEXygI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://foal.blog46.fc2.com/tb.php/89-6fe6ad8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。