パドックで無邪気に

ここでは、「パドックで無邪気に」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、強い風が吹き、晴れたり雪が舞ったりの荒天。 

生まれてまだ日が浅い2頭の仔馬たちは、パドックから早々に、厩舎の中へ戻りました。

早く生まれてきた馬たちには、この寒さは試練です。

暖かい季節が待ち遠しいところ。

先週の金曜日、初めてパドックに出た、生後2日目のディープインパクト牝馬を撮りました。

2・2日目・ディープ顔
 

あどけない顔がなんともいえません。

馬房の監視カメラに写っている彼女は、いつも元気いっぱい。

初めての外の世界も、うきうき気分で楽しんでいる様子でした。

2・2日目・母の周りで
 

母が食べている乾草に、顔を突き出して、「それ、なあに?」

2・2日目・それなあに
 

そして、顔の周りで、いたずら開始。

2・2日目・いたずら
 

誕生30分で立ったのがうなずける、きびきびした女の仔。

母は、黙って見守っていますが、すたすたと自分のそばから離れそうになると、顔を上げ、ブブブブと呼んでいました。

2・2日目・観察
 

呼ばれたら、すぐに飛んで戻ってくる、かわいい牝馬です。

2・2日目・戻ってくる
 

顔の模様は、よく見ると、ハテナマークのよう。

2・2日目・顔
 

上唇も、うっすらと白く、丸っこい顔が特徴。

先に生まれたヴィクトワールピサの牝馬が、尻っぱねをよくするのに対し、この仔はどちらかというと、ピョンと立ち上がるのが得意。

2・2日目・ジャンプ
 

跳ねたくて、うずうずしているのがわかります。

眠たくなって、ボーっとしていると、お母さんがなでてくれました。

2・2日目・愛されて
 

そのまま寝藁の上で、もじもじし始め、ことんと座ります。

2・2日目・寝藁の上で
 

大きな母に守られて、パドックで初めての休憩。

2・2日目・すやすや
 

巣の中でうずくまる小鳥の雛のようで、それはかわいらしい姿でした。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://foal.blog46.fc2.com/tb.php/877-10cf7815
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。