初冬のシルエット

ここでは、「初冬のシルエット」 に関する記事を紹介しています。
先週、見頃となった牧場内のカエデの紅葉。

11・初冬・紅葉と馬
 

10月の高温の影響で、 今年は平年より遅めながら、色づきは見事でした。

そんな中、ひと月あまり休養で預かっていた、2歳のゴールドアリュール牡馬が出発。

11・初冬・2歳馬
 

とにかくおとなしい性格の馬。すでに阪神でデビュー済みだそうで、これからの走りを応援していこうと思います。

さて、この1週間で、景色はガラリと変わりました。

紅葉したカエデの葉は、すべて落ち、わずかにカラマツの黄葉が残るのみ。

12月中旬並みの寒気がやって来て、朝の気温が氷点下になることも。

日高山脈は再び雪化粧。冬の到来です。

久々のシルエット。

11・初冬・シルエット母仔
 

空胎馬の仲間と放れて、しばらくが経ちますが、ますます元気に過ごしています。

母と娘。

11・初冬・母と揃って
 

互いにわかっているのではないかと思うことが、しばしば。

先日、厩舎から放牧に出す朝のこと。

元気なシルエットが馬房を出て、廊下で立ち止まっていると、後ろを歩いていた母馬が、ブブブブ「早く行きなさい!」と、促すような声で鳴きました。

まるで、仔馬に声をかける母馬のような、優しい鳴き声でした。

「絶対、親子だとわかっているね・・・・」

そんな会話で盛り上がります。

放牧地では、ペアで歩いているところをよく見かけます。

ここは、5年前に母と放れていた放牧地でもあり、懐かしく思い出しているのでしょうか。

こちらの、今年ダノンシャンティの牡馬を産んだ繁殖牝馬は、気ままな性格からか、1頭でいることが好き。

11・初冬・シャンティ母
 

シルエットは、私を見つけ、駆けてきました。

11・初冬・駆けてくるシル
 

若くて生き生きとした5歳馬。

11・初冬・横顔
 

後からやってきた母と鼻を合わせ、

11・初冬・母
 

1頭だけ、どこかに跳んでいきそうな勢いでしたが、

11・初冬・元気のいいシル
 

物静かな母が歩き出すと、その後ろをしずしずと続きます。

11・初冬・向こうへ
 

寒さが身にしみてきて、戻ろうかと思った時、またこちらへ歩いてきたシルエット。

11・初冬・戻ってくる
 

今度は、甘えるように顔を出し、あちらこちらを突いてきました。

やはり、人間のことも覚えています。

牧場から出て行き、戻ってくるまでの3年半の間のことは、ところどころしか知りません。

それでも、昔と同じような顔をしてそこにいるシルエットは、きっとそれぞれの場所で大事にされてきたのでしょう。

感謝。

11・初冬・シルエット
 

また、シャンティ母さんが近寄ってくると、シルエットは思い出したように、自分の母のところへ駆けていきました。

11・初冬・近付く
 

11・初冬・母のもとへ
 

淡々とした母と、何かを語りかけたい娘。

11・初冬・挨拶
 

広い放牧地の中を、昔のように母と共に歩くシルエット。

11・初冬・夕暮れ
 

何気ない光景が、輝いて見えます。

シルエットの向こうで、冬支度のカラスがクルミを割ろうと頑張っていました。

11・初冬・クルミカラス
 

空に舞い、落としてみたり、くちばしで突いてみたり。

11・初冬・クルミカラス飛ぶ
 

静かな初冬の放牧地に、小さな音が響いていました。


スポンサーサイト

関連タグ : ダノンシャンティ,

コメント
この記事へのコメント
シルエットとお母さんの様子、いつも楽しく微笑ましく観させて頂いています。ワンコでも3年も離れてしまいますと親子の関係を忘れてしまいます。それなのにシルエットは覚えていたんですね!凄い!としか言いようがありませんね♪母親との縁が薄い私は、このシルエットの母娘をこれからもずーっと一緒に過ごせますように祈り続けたいと思います。ヨッシーさんのお写真、いつもながらカレンダーにしたいくらい腕も上げて素晴らしいです♪ありがとうございます。
2013/11/12(火) 15:53 | URL | 杏と陽菜のママ #-[ 編集]
お互い覚えていたのでしょうか。
それとも再会して思い出したのでしょうか?
どっちにしてもなんだか感動的です。

離乳してしまうとお母さんはすぐに自分の事を忘れてしまうのですか?
2013/11/12(火) 20:29 | URL | クマ #-[ 編集]
久々のシルエット、幸せそうで何よりです。みるたびに昔の、子供の頃のシルエットに戻ってるような、そんな感じさえしますね。
お母さんとの2ショット、ほんとに微笑ましいです。この母娘が賢いのか、馬の親子はそういうものなのか、わからないですけど、やっぱり親子の絆なのでしょうね。
それにしても、シルエットの性格の良さって特別のように思えるのですが、どうなのでしょう?妙に人間くさいというか…
馬というより、気立てのいいお嬢さんって、感じですよね。完璧な愛されキャラだと思います。お母さんにもなぜか親しみが湧いてしまいました。ブログをみていて、人にも馬にもあまりベタベタしないタイプという印象だったのですけど、今は里帰りした娘をいたわる母みたいな…
あと一年少しすれば三世代で放牧地を歩く姿が見られますね。
もう考えただけでジーンとしてしまいます。楽しみですね!
2013/11/12(火) 20:30 | URL | まりい #-[ 編集]
こんにちは。

「淡々とした母と何かを語りかけたい娘」
胸が温まる素敵な表現ですねv-352

仔馬は母と暮らした時期は幼すぎて大きくなれば覚えていない事があったとしても、母馬は自分の仔を覚えているはずですよね。直接彼らに聞くことはできないけど、きっと月日が経っても親子や友達をお互い忘れるワケはないと私は思っています。

シルエットとお母さんの穏やかな優しい時間がいつまでも続きますように。

最近ご無沙汰ばかりですみません。競馬場にも全然行けず元気が出ませんが、なんとかまたyosshieさんちのコ達を応援しに行きたいと思っています。

いつも励まされています。急に寒くなったのでお体気をつけてくださいねv-276
2013/11/13(水) 02:36 | URL | こうべっこ #zf1cwkq6[ 編集]
シルエットさん相変わらず

とても賢い風情で素敵ですねe-266


なんだか「人間的」に見えます



お父さんの「ディープ」に会いに

何度も社台の放牧場に行ってますが
ディープも「人間的」なところが

沢山有って楽しい時間を
過ごす事が出来ます



来年は・シルエットさんにも
会いに行きたいと思います



いよいよ「冬」に成りますが
どうぞ皆様・お馬さんも

元気でお過ごし下さいませ
2013/11/13(水) 16:44 | URL | faruko #-[ 編集]
おばんです!
今年は秋がなくすぐ冬の東京です。
吉田ファームの紅葉も見事ですね!
季節のおたよりすごくいやされます。
まるでそこに自分がいるような描写表現に感動してます。
シルエットちゃん親子も素敵な秋をすごして最高に幸せな時間を共にすごしてるをみてほんとうに感謝感謝です(馬主でもありませんがwwww) 府中の人気者ブロッケンさんは 先日ひとりジャンプを披露したり、大活躍してますよ。ついにひとりでパドック先頭誘導したり 本馬場入場も威風堂々 出走する馬たちをリードしていて 成長ぶりがすごいですよ!
来年のダービーの誘導できるように 府中でみんな見守ってます。
今年の冬はきびしいようです。
シルエット親子含めお馬さんたちが無事に 寒い冬を越えて      エマーズウイッシュのCMのようなシルエットの子供がみれることを夢みています。 
2013/11/13(水) 22:54 | URL | lovechan #-[ 編集]
ありがとうございます。
犬の場合は、親子でも3年経つと忘れてしまうんですね。
馬の場合も、そうです。たとえ覚えていても、馬社会では順位を決めなければならず、親子の間柄などまったく関係なくなってしまいます。
先日、あるテレビ番組で、インドサイの親子の再会シーンをやっていて、明らかに覚えているけれども、自然界では親子別々に生きていかなければならないため、最後は親が子を追い出す様子を映していました。
野生動物たちは、感情に関係なく、生きていかなければならないようです。
競走馬は、厳しい自然の中で生きているわけではありませんが、馬社会の掟というものがあり、この後、シルエットもどのように変わっていくかわかりません。
見守っていきたいと思います。v-22
2013/11/14(木) 13:26 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
なんともいえませんね。
馬文化の進んだ海外の話を聞くと、馬は相当賢い動物だということがわかります。
長年、馬に接していると、馬の気持ちが読み取れるようになりますが、まだまだ推し量れないこともいっぱいです。
離乳後、お母さんは、3日ほどで騒がなくなりますが、あきらめているのだと思います。
先日、SeaTheStars牡馬が、偶然隣の放牧地に放したお母さんの方をじっと見つめていました。
きっと頭のどこかに母の姿が焼き付いているのでしょうね・・・。v-22
2013/11/14(木) 13:40 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
ありがとうございます。
私も、いろんな馬を見てきましたが、シルエットは、小さい頃から特別に観察してきたため(ブログを始めた年でもあり)、どんな馬より、私に甘えてきます。性格もありますが、きっと、手をかければかけるほど、馬は人に心を開くのでしょう。育成牧場でも、担当する人になついて、甘えているところをよく見ました。やはり、競馬は、人と馬が一体となるスポーツ。その人懐こい性格が、仔馬にも伝わってほしいですね。
まだ先の話ですが、微笑ましい風景が牧場に広がる日を心待ちにしています。v-22
2013/11/14(木) 13:54 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
ありがとうございます。
こうべっこさんのように、ブログ開設当初からずっと見続けてくださっている方がいることが、一段と励みになっています。これから、寒い冬に向かい、外に出るのもおっくうになりそうですが、温かく見守ってくださる方々のためにも、自分のためにも、馬たちの観察を続けていきたいと思います。
いつか競馬場でお会いできる日を夢見て・・・。v-22
2013/11/14(木) 14:00 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
ありがとうございます。
父親のディープインパクトも、人間味あふれる馬なんですね。
なんだか嬉しくなります。
これから、シルエットのように、父ディープインパクトのお母さんが、どんどん増えてくることでしょう。
どんな仔馬たちが生まれてくるのか、ディープファンの方々のますますの楽しみでもありますね。
また是非色々なことを教えてください。v-22
2013/11/14(木) 14:04 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
ありがとうございます。
東京も、急に寒さがやって来たようですね。
こちらは、ついにストーブのスイッチを入れてしまいました。
毎年、地球のために、ギリギリまで我慢するのですが、暖房なしでは耐えられない寒さでした。
さすがの馬たちも、「寒いから早く入れてよ」と、午後早くから出入り口付近に集合していました。
当歳馬はそんなことはないのですが、経験の長い繁殖牝馬たちは、厩舎に入れば少しは暖かいことを知っていて、自然と厩舎に顔を向けています。人間と同じですね。母は家が好き。子は、外が好き。
ブロッケンの情報も、色々とありがとうございます。以前いただいた写真集(アルバム)は、大切に保管してあります。たまにめくりながら、「今はずいぶんと大人になったんだなぁ」と、感慨ひとしおです。
同じ時を歩んだエスポワールの長い活躍に、少し後ろ髪をひかれながらも、今の彼の活躍にも目を見張る毎日。
また、応援よろしくお願いします。v-22
2013/11/14(木) 14:16 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://foal.blog46.fc2.com/tb.php/849-f2362a04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック