シャンティ、大変身

ここでは、「シャンティ、大変身」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 1歳のディープインパクト牡馬が、育成牧場へ出発しました。

10・牡・ディープ牡
 

セリの関係で7月末に移動してきたので、預かったのは約3ヵ月という短い間でした。

先に調教を始めている仲間と共に、立派な競走馬に成長してほしいと思います。

さて、彼を送り出した後、当歳牡馬グループの放牧地を訪ねました。

実は、先日から、ダノンシャンティ牡馬が、ほかのわんぱく牡馬たちと交わっているようなのです。

家の窓からは、こんな風景が・・・。

10・牡・遠景1
 

10・牡・遠景2
 

10・牡・遠景3
 

10・牡・遠景4
 

10・牡・遠景5
 

「うん。なかなか頑張っているね!」

仲間と交流し始めたシャンティの姿に、なんだか元気をもらいます。

「近くへ行ってみよう」と、放牧地へ。

場所替えで、一番奥の放牧地に放されたばかり。

初めて放れる場所なので、色々探検中と見え、出入り口から遠い、隅の方に、みんながいました。

「シャンティくん!」

10・牡・3頭
 

あの時の姿はどこへやら。笑ってしまうほど、群れにとけ込んでいます。

「偉い・・・」 逃げることをやめ、本気でぶつかっていったからこそ、真の仲間になることが出来たのでしょう。

秋の色に染まった木々のそばで、列になって草を食む、当歳牡馬たち。

10・牡・5頭並んで
 

静かな時が流れます。

木の葉散る牧柵沿いの場所へ移動した面々。

SeaTheStars牡馬2頭。

10・牡・シーザ
 

体格と肢の白斑が違えど、不思議なほどよく似ていて、互いに意識し合うライバル同士。

ちょっと大きいのが新入りシーザで、白斑があるのが生産馬のシーザ。

慣れてくると、新入りシーザの方が周りにちょっかいをかけるタイプということがわかってきました。

10・牡・シーザ2頭
 

どちらも負けません。

10・牡・シーザシーザ
 

今度は、ダイワメジャー牡馬とシャンティが接近。

10・牡・今度は
 

先日からよくこの組み合わせを見ます。馬が合うのか、手頃な相手なのか・・・。

10・牡・メジャ&シャン
 

また、みんなで移動。

10・牡・移動
 

こういうことをするのは、やっぱりメジャー。

10・牡・いたずらメジャ
 

ふと気が付くと、隣の放牧地から、シーザの母馬がのぞいていました。

10・牡・母と仔
 

我が仔だとわかっているのでしょうか。

忘れてしまったのか、わかっていてももう未練がないのか、ただじっと若駒たちを見つめているだけでした。

もうとにかく遊び好きな牡馬たち。

5頭でおしくらまんじゅう状態。

10・牡・しっぽ
 

よく見ると、シャンティは、シーザのしっぽをくわえています。

10・牡・しっぽをかんで
 

案外、ひょうきん者でした。

だから、メジャーと気が合うのでしょうか。

10・牡・メジャーとシャン
 

今日は、雪虫がいっぱい飛翔。

とまったところを撮ろうとすると、新入りシーザのつむじの横に発見!

10・牡・雪虫
 

10・牡・雪虫拡大
 

そうこうしている間も、ひとりみんなの間を駆け回っているシャンティ。

10・牡・シーザ対シャンティ
 

生き生きとして、本当に楽しそうで、このグループにいられる幸せを噛みしめているようにも見えます。

10・牡・シャンティ&シーザ
 

「楽しい仲間たちと出会えて良かったね!」

10・牡・競走
 

はしゃぎまわるシャンティを、いつまでも見続けていたい気分でした。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
やっぱり男の仔同士!ぶつかり合って仲良くなるんですね!

今まで元気な女の仔たちから少し離れて、我が道を行っていたのが嘘のように、溌剌としている様子に安心しました(^^)


メジャーくんという気の合う友だちが出来たのもラッキー!(^o^)v

まだまだこれから、ダブルシーザ、メジャーくん、エンパイアくんにもまれて強く逞しく育ってほしいです。


新しい命の誕生、仔どもたちの成長、母との別れ。やがて競走馬になり、それぞれの道を進んでいく…

目まぐるしい1年のなかで、喜びや哀しみ、たまらなく辛い想いをされることもあると思います。
私も現場を知らないので月並みな言葉しか浮かびませんが、皆様が馬たちに注がれた愛情が無駄になることは決してないと思います。
これからも遠くから皆様方と馬たちの幸せを心からお祈りしています。
2013/10/25(金) 15:50 | URL | JUNKO #4jeLTJQM[ 編集]
微笑ましい光景ですね!!合流直後にひとりぼっちだった時は 心配しましたがやはり時間とともに牡馬同士で仲良くやってるんですね(≧ω≦) 
栗毛のシャンティ君は遠くからでもひとめで解ります♪

小枝をくわえるメジャー君に 友達のしっぽをくわえるシャンティ君の画像に
思わず笑ってしまい 癒して貰いました(*゚ー゚*)
2013/10/25(金) 19:00 | URL | 京都はんなり #-[ 編集]
ありがとうございます。
シャンティくんは、性格が謎めいた”不思議くん”でしたが、こうやって楽しそうに遊んでいるところをみると、「良かった」と思います。
今日は、ある調教師さんが放牧地に来られ、シーザたちを見ているうちに、いつの間にかみんながいなくなって、ひとりで草を食んでいたそうです。「この馬、どうしたの?(どうしてひとりでいるの?)」と聞かれ、「いや、こういうところのある馬なんです」と話していたところ、突然みんながいなくなったことに気付き、駆け出して行ったとか。やっぱり不思議な馬には変わりありません。周りが見えてないというか、目の前の草に夢中になるというか、我が道を行くところがあって・・・。面白いですね。
これからも、みんなとのやり取りを見守っていきます。
温かいお言葉、いつもありがとうございます。共に生きる馬たちに、感謝の心を忘れず、頑張っていきます。v-22
2013/10/29(火) 17:40 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
ありがとうございます。
シャンティのたくましい姿を見て、私も心が安らぎました。
それにしても、かじるのが大好きなメジャーとしっぽ遊びを始めたシャンティ。
気が合いそうですね。
これからどんな仲間となっていくのか、楽しみに見守っていきます。v-22
2013/10/29(火) 17:42 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://foal.blog46.fc2.com/tb.php/845-5c87114a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。