秋色の当歳馬

ここでは、「秋色の当歳馬」 に関する記事を紹介しています。
 大型の台風が接近中とのことで、昨日は、馬の放牧を中止にしました。

まだまだ小雨の午前中、当歳馬たちは、馬房から外を眺めていました。

10・シャン・台風前
 

「外に出たいなぁ・・・」

そんな気分なのでしょう。

仲間が鳴くたびに反応し、互いの存在を確認し合っています。

こちら側の窓で、呼んでも顔を出さなかったのは、キングカメハメハ牝馬だけ。

わざわざ目の前まで呼びに行くと、食事中だったようで、気付くと顔を出してくれました。

10・シャン・キンカメ
 

当歳馬たちは、すべて1歳厩舎に移動し、新しい生活を始めています。

移動した時、一番落ち着かなかったのが、ダノンシャンティ牡馬でした。

いずれ牡馬グループに入るため、馬房の周りは牡馬ばかり。

すると、「なんで僕だけここ?」と、大声を上げ、幼馴染みの牝馬たちを呼んでいました。

10・シャン・顔
 

「君は、オトコなんだよ」 と話しかけますが、聞く耳持たず。

牝馬たちは、みんな近くだったため、落ち着いていて、外を眺める余裕までありました。

10・シャン・ハービン
 

シャンティくんは、手入れに廊下に出されても、「ここは、どこだよ!」と、きょろきょろ。

10・シャン・横
 

この場所に慣れるまでは、もう少し幼馴染みの仲間と一緒に放れます。

10・シャン・遅生まれ
 

遅生まれ4頭の中心は、やっぱり行動派のキングカメハメハ牝馬。

10・シャン・来る
 

それでも、集牧の合図で一番に駆けてくるのは、バゴ牝馬だし、

シャンティは、みんなが移動してもひとりで平気だし、

10・シャン・シャンティ
 

それぞれが個性を持った集団ということでしょうか。

2月・3月生まれの牝馬グループは、みんな仲良くなりました。

この日は、ステイゴールド産駒の2頭が一緒にいて、私に気付くとまっしぐら!

10・シャン・ステイ2頭
 

10・シャン・ステイまっしぐら
 

ファルブラヴ牝馬とハービンジャー牝馬。

10・シャン・ファルたち
 

そして、ディープインパクト牝馬とワークフォース牝馬。

10・シャン・ディープ&ワーク
 

牝馬グループは、とても賢く、集牧の頃には、必ず出口に集まってきます。

夕日にノブドウが照らされ、秋の深まりを感じる頃となりました。

10・シャン・秋の実
 




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/10/18(金) 00:03 | | #[ 編集]
はじめまして、フィジーといいます。
競馬ブログを運営しております。
もしよろしければ
相互リンクしていただけませんでしょうか。
よろしくお願いします。
2013/10/20(日) 22:17 | URL | フィジー #-[ 編集]
大変申し訳ありませんが、今のところ、相互リンクはお断りしています。
現在、同業の親しい牧場さんのみに限定させていただいています。
よろしくお願いします。v-22
2013/10/21(月) 14:07 | URL | team yosshie #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://foal.blog46.fc2.com/tb.php/841-799de8b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック