心の友

ここでは、「心の友」 に関する記事を紹介しています。
10月に入り、1歳馬の移動がさらに続きます。

昨日、昨年の10月からほぼ1年預かった、デュランダル牝馬が育成牧場へ出発しました。

10・1歳・デュラン廊下

来た当初、牡馬だと勘違いしていたことや、あくびをしていたのんびり顔を思い出します。

10・1歳・デュラン手入れ

長い付き合いでした。

10・1歳・デュラン横

彼女が、馬房から出された瞬間から、鳴き叫んでいる馬が1頭。

10・1歳・鳴くディープ

8月から2ヵ月預かった、青鹿毛のディープインパクト牝馬。

デュランの後ろ姿を見て、ますます叫びは続きます。

10・1歳・後ろ姿

彼女たちが一緒にいた期間は、実質半月くらいですが、最後は2頭となり、とても親密になりました。

これは、数日前の2頭。

10・1歳・数日前の2頭

友達がどんどん移動していき、心細くなったのでしょうか。

馬運車へ歩むデュラン。

10・1歳・馬運車へ

そして、鳴き続ける青鹿毛ディープ。

10・1歳・叫び

牝馬は群れるのを好むといいます。自分が1頭になってしまうのを知っていて、最後まで訴え続けていたのでしょう。

でも、ご心配なく。

今日、その青鹿毛ディープは、デュランダル牝馬と同じ育成牧場へ、運ばれていきました。

10・1歳・ディープ横

同じ建物だったため、早速互いの存在に気付き、鳴き合っていたといいます。

10・1歳・ディープ顔

声でちゃんと聞き分け、わかるのだとか。

10・1歳・ディープ馬運車へ

これからは、放牧地で共に触れ合えなくとも、心の友として支え合い、頑張ってくれることでしょう。

そして、今日は、青鹿毛ディープの出発の前に、エンパイアメーカー牡馬の移動もありました。

10・1歳・エンパイア顔

昨年の11月から預かった育成馬です。

10・1歳・エンパイア手入れ

彼の記念撮影を、後方から見つめているのは、当歳新入りディープインパクト牝馬。

10・1歳・エンパイア横

健康診断のために、1頭だけ厩舎に残っていました。

寂しくて鳴いているディープちゃんの横を通り、エンパイアが馬運車に向かうと・・・。

10・1歳・エン馬運車へ

放牧地には、ワークフォース牝馬。

前日友達になったディープがいないので、こちらも彼女を捜しています。

エンパイアメーカー牡馬は、とても神経質な性格。

それでも最近は慣れ、「もう大丈夫」と思っていたのに、

10・1歳・エン乗車前

来る時も嫌がったという馬運車を再び嫌がり、立ち上がるやら走り出そうとするやら、大暴れ。

そんな騒ぎを聞きつけ、3月末生まれの4頭牝馬たちが駆けてきました。

10・1歳・4頭牝馬たち

頑固なエンパイアくん、なんとか乗車。

すると、放牧地では、ワーちゃんと黒鹿毛ステイがあいさつを交わしていました。

10・1歳・ワークと黒ステイ

ステイゴールド牝馬も。

10・1歳・ステイも

そして、ハービンジャー牝馬に、鼻を近付けるワーク。

10・1歳・ハービンに近付く

体格差はかなりあるものの、友達になりつつある姿に、安心しました。

来年の今頃は、育成牧場で元気に鳴き合っていることでしょう・・・。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://foal.blog46.fc2.com/tb.php/836-18369617
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック