あきらめきれない離乳2日目

ここでは、「あきらめきれない離乳2日目」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
火曜日に離乳した、3月末生まれグループ。

2日目の水曜日も騒いでいたのが、ハービンジャー牝馬でした。

9・2日目・遠くにハービン
 

子守り役の馬からも離れて、ひとり遠くに母を捜しにいきます。

「いないかなぁ・・・」

9・2日目・ハービン1
 

「あそこに見えるのは、母さんでは?」

9・2日目・ハービン2
 

「やっぱり違うかぁ・・・」

9・2日目・ハービン3
 

歩いて、鳴いて、走って。

昨日まで、そこにいた母の姿を追い求め、放牧地の隅から、隅まで。

そんなハービンを気にすることなく、ひとり淡々と草を食べているのが、黒鹿毛のステイゴールド牝馬でした。

9・2日目・黒ステイ
 

彼女は、マイペース。

いつも、周りに左右されることなく、自分の世界を貫いています。

ハービンジャー牝馬と同じく離乳した、鹿毛のステイゴールド牝馬とファルブラヴ牝馬。

9・2日目・ステイ&ファル
 

朝方は、ハービンと一緒に歩いていましたが、時間と共に落ち着いてきて、ふたりで草を食べ始めました。

どうしてもあきらめきれないのは、ハービンだけ。

9・2日目・走るハービン
 

「どこからそんなパワーがわいてくるの?」と思うほど、タフに一日中動き回っていました。

そして、こちらはお母さんたち。

夜間放牧の疲れも見せず、まだ仔馬たちを捜しています。

9・2日目・母3頭
 

前々日に出来た大きな水たまりを掻き出したのは、ステイゴールド牝馬の母。

9・2日目・水をかく母
 

なんだか、自分のおさえきれない思いをぶちまけているように見えます。

それほど力のこもった、前掻き。

また歩き出す3頭の母。

9・2日目・捜し歩く
 

彼女たちのあきらめきれない思いとは対照的に、明るい秋空が広がっていました。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ライオン丸ハービンちゃんが諦めきれずに1頭離れて
探し回ってる様子・・・本当に切ないですね(ノД`)
お母さんたちも切ない行動です・・・
なんとか頑張って少しでも早く 乗り越えて欲しいです♪

シルエットちゃんは2組の離乳した仔たちのグループから
見える位置にいるようですが 1頭だけでまだ放牧されてるんですよね?
そして離乳された仔たちから見えない場所で 母達は放牧されてるんですか?

1つのグループの放牧地もすごく広い感じがいつも見てて伝わってきますが 
いったいいくつの放牧場所があるんですか? 広大ですねぇ~(≧ω≦)

2013/09/28(土) 14:25 | URL | 京都はんなり #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/09/29(日) 19:55 | | #[ 編集]
ありがとうございます。
ハービンちゃんは、もうすっかり元気になりました。
離乳2日目は、本当に寂しそうで、見ているのが辛いほどでしたが、無事乗り越えてくれました。
シルエットは、まだ1頭で放牧されています。
仔馬の群れを見たり、草を食んだり。お客さんが来ると、必ず自分から寄っていきますね。
寂しいのでしょうね。近いうちに、離乳後の空胎馬と共に放れることになるでしょう。
いつも離乳した母馬たちは、仔馬から見えない放牧地に放されます。
ただ、風向きによっては、声が聞こえてしまうことがあり、そうすると、敏感に反応してしまいます。
人間には同じような声に聞こえても、親仔はしっかり聞き分けられるようです。
先日も、育成牧場の方から、うちから移動した3頭の牝馬たちが、互いに鳴き合って反応していたという話を聞きました。
また、放牧地は、全部で10面あります。広さはさまざまで、頭数や状態を見て、分けるようにしています。v-22
2013/10/01(火) 11:58 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://foal.blog46.fc2.com/tb.php/827-5db08148
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。