1歳牝馬、続々と移動

ここでは、「1歳牝馬、続々と移動」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 昨日、当歳馬3頭の離乳の前に、1頭の1歳馬が旅立ちました。

3月生まれのシンボリクリスエス牝馬。

9・牝・クリス
 

大柄で気が強く、ニンジンに目がない彼女。

9・牝・クリス横
 

目の前にニンジンを出されると、友達なんてなんのその。

蹴散らしたり、噛みついたり、怒りをあらわにして、独占しようとするクセがありました。

そんな個性の強いお姉さま。競走馬として、1年後にどんな姿を見せてくれるでしょうか。

9・牝・クリス馬運車へ
 

クリスを見送った後、残っている牝馬たちのところへ。

9・牝・3頭
 

2グループあった1歳牝馬は、移動と共に、ひとつのグループにまとめました。

生産馬のキングカメハメハ牝馬と、昨年10月から預かっているデュランダル牝馬、そして今年の8月から預かっているディープインパクト牝馬。

徐々に友達が減っていき、寂しいのか、ケンカをすることもなく、仲良く草を食んでいます。

こちらに気付いたデュランダル牝馬を先頭に、

9・牝・3頭こちらへ
 

キンカメちゃん。

9・牝・キンカメちゃん
 

新入りディープ。

9・牝・新入りディープ
 

みんなやって来ました。

育成牧場へ行くまで、あとわずか。今のうちに、仲間との触れ合いを、ゆったり楽しんでほしいと思います。

そして、程なく今日、生産牝馬では最後の1頭となったキングカメハメハ牝馬の移動。

9・牝・翌日キンカメ
 

手入れの少し前に彼女をたずね、思い切り遊んであげました。

コンデュイット牝馬と共に、遊びの天才だった、キンカメちゃん。

9・牝・キンカメ準備
 

暇な冬場に、放牧地の出入り口のカギを開けることを覚えたり、帽子や木の枝で際限なく遊んだり・・・。

9・牝・キンカメ横
 

最近は、私の手のひらをなめることを覚え、会えば首を伸ばしていました。

馬運車へ。

9・牝・馬運車へ
 

と、ここまでは非常に順調だったのですが、「入らない!」と決めたら、それはもう頑固でした。

草で誘ってもダメ。押してもダメ。鞭で追ってもダメ。後ずさりで入れようとしてもダメ。

次第にテンションが上がり、馬運車と馬積み場の間から転落するハプニング!

幸い怪我はなく、再びトライ。

キンカメの仔、恐るべし!

「うちでは、トーホウアラン(育成馬)以来の怪物だ!」と、こぼしながら、鼻ねじを出してきたリーダー。

根負けしたキンカメちゃんを、なんとか馬運車に入れることが出来ました。

おっかなびっくり、友達の一部始終を見守っていた、デュランの顔。

9・牝・デュラン
 

そして、超がつくほど頑固だったキンカメの、馬運車内の姿。

9・牝・馬運車内
 

「なんで私、こんなところに入らなきゃならないの?」

平然と、外の風景を見つめ、去っていきました。

きっと、また会いに行きます。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
どんどん1歳馬たちも移動し スタッフの方たちも淋しいでしょうね。
でも育成牧場でしっかりまた成長し 立派な競走馬となってくれる日が
楽しみでもありますね(≧ω≦)

キンカメちゃんはそう言えば 離乳後はじめての削蹄でも
ジッとさせるのに力があり大変だったような?
馬運車も何か感じとって乗りたくなかったんですかね?^^;
この意思の強さが良い方向に出て 強い競走馬になってくれるといいですね☆
2013/09/25(水) 15:39 | URL | 京都はんなり #-[ 編集]
ありがとうございます。
瞬く間に1歳馬が移動してしまい、感傷にふけっている暇もないほどです。
とにかく新しい場所で、頑張ってほしいですね。
移動先からは、色々情報が入ってきます。
「動きがいい」とか「賢い」とか、良い情報は、本当に嬉しいですね。
まだ始まったばかりで、競走馬になるまでは長い道のりですが、無事に大きくなってほしいですね。
キングカメハメハ産駒には、独特の我の強さを、時折感じます。
お茶目な面と頑固な面と・・・。うまくはまってくれるといいですね。v-22
2013/09/26(木) 12:37 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://foal.blog46.fc2.com/tb.php/825-6e042f10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。