離乳翌日

ここでは、「離乳翌日」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 離乳翌日。朝一番は、仔馬たちの鳴き声が、時折響きました。

特に、当日は肢の痛みでそれどころでなかったSeaTheStars牡馬が、大声を張り上げます。

それでも、午後になると、声は少なくなりました。

3時頃の放牧地。

8・離乳2・メジャー
 

ダイワメジャー牡馬とワークフォース牝馬が、歩いてきました。

いつものように顔をなでても、平気。落ち着いてきたようです。

シーザもやって来ます。

8・離乳2・シーザ
 

どこか遠くを見つめ、母を捜していることがわかります。

8・離乳2・シーザの目
 

メジャーは、そのシーザのお尻に顔を近付け、乳を探していました。

8・離乳2・メジャ
 

今まで普通にもらっていた母乳が、恋しいのでしょう。

でも、元気はいっぱい。牧柵の間から顔を出し、いつものわんぱくメジャーくんに戻りつつあります。

8・離乳2・わんぱくメジャ
 

ワーちゃんは、エンパイアメーカー牡馬とグルーミング。

8・離乳2・ワークとエン
 

母が大好きだった彼女も、悲しみを乗り越え、仲間と生きていかなければなりません。

8・離乳2・ワーちゃん
 

水桶の水を飲み始めたメジャー。乳の代わりに、水でのどをうるおします。

8・離乳2・メジャ水
 

母を捜しているシーザは、放牧地の端まで行き、ある方向をじっと見つめていました。

8・離乳2・シーザの視線
 

視線の先にいるのは、サクセスシルエット。

8・離乳2・シルエット
 

実は、彼女も昨日、来春の種付けのために、育成馬の厩舎から繁殖厩舎へ移ってきました。

放牧地が変わったために、朝から落ち着かない様子で、歩き回っています。

シーザは、その姿を母かと思い、目で追っているようでした。

8・離乳2・のぞく3頭
 

近付いてきたシルエットは、体半分泥だらけ。

8・離乳2・シル顔
 

早速、ここでも水たまりを見つけて、ゴロを打ったようです。

覚えているでしょうか。ここは、彼女が誕生後に初めて放れた放牧地。(2008年4月2日)

あれから5年と5ヵ月が経ったシルエットは、じっと周りの景色を眺めていました。

8・離乳2・景色
 

前夜の雨で増水している川も、

8・離乳2・景色2
 

大きな木も、彼女の記憶にうっすらと残っているのかもしれません。

8・離乳2・景色3
 

向こうにいるのは母ではないと悟った仔馬たちは、静かに草を食べ始めていました。

8・離乳2・並んで
 

そして、本物の母馬たちは・・・・。

8・離乳2・シーザ母
 

すっかり騒ぎ疲れて、こちらもおとなしくなっていました。

乳房炎を防ぐため、前夜は放牧。

雨のシャワーを浴びたので、汗だくだった体は、すっきりきれいになっています。

8・離乳2・ワーク母
 

今は抜け殻のような3頭。

8・離乳2・メジャー母
 

仔と離された悲しみを早く乗り越えてくれるよう、願うばかりです。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://foal.blog46.fc2.com/tb.php/812-1430c68a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。