心のこもったニンジン

ここでは、「心のこもったニンジン」 に関する記事を紹介しています。
 箱にぎっしり詰まったニンジンが届きました。

6・クロ・ニンジン
 

栃木にお住まいの競馬ファンの女性から、クロちゃんへ。

群馬においしいニンジンがあるとかで、その新ものが出たからと、メールで知らせてくださいました。

早速、箱をかかえて、クロちゃんの放牧地へ。

今年、出産を休んだ彼女は、同じ境遇の仲間たちと共に放れています。

段ボール箱を手に、小さな土手を下る私を、キタキツネがじっと見つめていました。

6・クロ・キツネ
 

キツネにも性格がいろいろあるようで、彼は好奇心が強いタイプ。

人間に見つかっても少し逃げるだけで、まるで牧場の一員のような顔をして、すましていることさえあります。

雄大な自然に囲まれた、北海道の良さ。

さて、クロちゃんはといえば、放牧地の真ん中で、草を食べている最中でした。

「クロちゃん!」

名前を呼べば、必ず振り向きます。

6・クロ・クロちゃん
 

もちろん本当の名前ではありません。

真っ黒いので、いつの間にか皆が呼び出した名前が定着して、彼女は自分が「クロ」だと思っているのです。

先月、今回のニンジンの送り主である女性が、栃木からはるばるやって来られた時も、そうでした。

少し離れたところにいたクロに、女性が「クロちゃん!」と声をかけると、このように振り向きました。

「わっ!こっち見てくれた!」

喜んで写真を撮り、近付いてきたクロに草をやり、嬉しそうに彼女を見つめてくださった女性。

最近は20代のお孫さんと一緒にみえる、パワフルおばあちゃま。

最近といっても、前回訪ねて来られたのは、3年ほど前になるでしょうか。

競馬ファンの方の紹介で、初めて来られたのは、7年も8年も前。

それから何年かおきに計5回。

その時に、思慮深い顔のクロちゃんを気に入られ、来るたびに彼女だけには必ず会っていかれるようになりました。

「もう今年限りで、日高に来ることもないでしょう・・・」

そんな寂しい言葉を聞いたのは、先月の訪問時。

なんでも、ずっと応援し見守ってきた別の牧場の馬が、今年限りで出されてしまうとか。

「生まれてくるこっこが、みんな小さくてね。なかなか結果が出ないんですよ・・・」

彼女の姿を見られないのなら、もう北海道に来ることもない、ということ。

なんだか急に切なくなりました。

そういう理由で、北海道や日高が嫌いになる人もいるんだなぁ・・・。

寂しいことだなぁ・・・。

「また来てくださいよ!楽しみに待っていますから。今度はクロちゃんに会いに」

そう言うのがやっとでした。

第二の馬生を歩み始めた繁殖牝馬たちも、結果が出なければ淘汰されてしまいます。

それをどうすることも出来ない悔しさを、私も知っています。

誰も、手放したくて手放すわけではありません。

共に生きている馬たちには、出来る限り最期までここで暮らしてほしい・・・。

「クロちゃん!」

送られてきたニンジンの段ボールを牧柵の脇に置き、ポケットに数本詰め込んで、私はクロのそばに歩いていきました。

「お?ニンジンくれるの?」という顔をして、喜んでボリボリ。

6・クロ・もぐもぐ
 

追いかけてきて、ボリボリ。

彼女の顔を見ていると、色々なことが思い出されます。

アメリカからやって来た時、紅白の派手なミントキャンディをたずさえていたこと。

娘が勝った新馬戦。

失った二つの命。

そして、このままでは安穏とはしていられない、彼女の繁殖成績・・・。

ふと思いつき、珍しくポケットに入れていた携帯電話で、静止画を撮りました。

せめてものお礼、と、その画像を添付したメールを、ニンジンをくださった女性に送ります。

すぐに返事が返ってきました。

「来年必ずお邪魔させていただきます。ゆっくりとお邪魔させていただきます。楽しみに頑張ります」

少しだけ気持ちが明るくなりました。

私もなんとか頑張らなくてはいけない。

6・クロ・仲間と
 

心のこもったニンジンを手に、「みんなにどうぞ」の言葉通り、ほかの放牧地も回ります。

駆け寄ってくる馬たち、遊びに来る仔馬たち。

無邪気で賢い彼らのために、出来る限りのことをしていこう、そう思いました。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
yosshieさん、こんにちは。風の牧場便りは私にとってとても大切な場所です。すくすく成長していく仔馬たちの可愛いこと!そしてもう一方で目をそらすことのできない現実もあるということ…。私も来月馬たちに会いに北海道に行きます。競馬ファンになってまだ10年足らず。以前北海道に行ったときは、馬はただ風景の一部でした。今度の目的は馬のみです。その大切な宝物の馬たちを育ててくださっている皆様。私などは微々たる気持ちのお手伝いだけですが、感謝と応援をずっと続けたいです。
2013/06/29(土) 08:03 | URL | ごんすけ #-[ 編集]
ありがとうございます。
ごんすけさんのように思ってくださる方がいらっしゃることが、とても嬉しいです。
馬に対しては、人それぞれ。いろんな考え方があると思います。
私は、馬と共に暮らす者として、彼らの素晴らしさを日々綴っていきます。
厳しい競争の世界に生きる彼らですが、心は優しくその魅力は無限大。
彼らが少しでも暮らしやすくなるように、努力したいと思います。v-22

2013/07/01(月) 14:09 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
yossieさんこんばんは。
私もクロちゃんが大好きです。堂々としていて、素敵な女性です☆
辛いことがあってもクロちゃんに励まされています。
いつか、会いたいです。
2013/07/02(火) 19:46 | URL | 涙色 #-[ 編集]
ありがとうございます。
いつも黙って、すべてを飲み込んでいる、そんなクロちゃんです。
応援していただき、感謝しています。
会いにいらしてください。v-22
2013/07/03(水) 13:20 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://foal.blog46.fc2.com/tb.php/788-439b3567
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック