色鮮やかな放牧地へ

ここでは、「色鮮やかな放牧地へ」 に関する記事を紹介しています。
 生後10日となった、5月生まれハービンジャー牝馬が放牧地へ出ました。

5・タンポポ・母仔
 

「大きい!」

予定日こそ4月。頑丈そうなハービンちゃんの性格は・・・。

5・タンポポ・5月生まれハービン
 

ちょっぴり恥ずかしがり屋でした。

興味があって、少し近付きますが、「キャッ!」と逃げるタイプ。

半姉とも違うし、先に生まれたハービンちゃんとも違うし、誰に似たのか、一口には言えません。

兄弟姉妹でも、色々な性格の馬がいるのが、この仕事をしていて面白いところ。

同じ母から生まれても、体型から性格から、すべて同じ馬など絶対にいません。

恥ずかしがり屋のハービンちゃん。

5・タンポポ・興味はあるけど
 

まだ生まれて10日ほど。

きっと慎重な面があるのでしょう。

5・タンポポ・気になる
 

気になっていることだけは、確か。

どこにいても、こちらをじっと見つめていて、気持ちだけは伝わってきます。

5・タンポポ・横
 

横から見ると、3月生まれのハービンちゃんによく似ています。

間違いなく、体型は父親ゆずり。

楽しみに見守っていきます。

そして、こちらは、端午の節句に生まれたバゴ牝馬。

5・タンポポ・バゴ
 

数日前から、ダノンシャンティ牡馬と一緒に放れていますが、互いに遠く離れて暮らしていて、接触はほとんどありません。

あんなに仲が良かった母馬も、仔馬を連れていると話は別。

互いに距離をとり、自然に安全な生活をしています。

バゴちゃんは、とにかく積極的で、かわいい性格。

5・タンポポ・まっすぐ
 

人間の姿を見ると、何の躊躇もなく、まっすぐ歩いてきて、首を伸ばします。

額を触り、たてがみをこすり、お尻を掻いてあげると、もうご満悦。

5・タンポポ・気持ちいい
 

「あー、気持ちいい!そこそこ」

5・タンポポ・気持ちいい2
 

と、言っている様子がわかるので、やめられなくなります。

しばらく掻いた後、隣の放牧地に移動しようと歩き出すと、バゴちゃんもついてきました。

その様子を見て、制止に入ったのが、お母さん。

近くで、草を食んでいた母は、どこかに行ってしまいそうになる娘をブブブブと呼び、娘もその声に応え、きちんと母のもとへ戻っていました。

まだ生まれてひと月も経たないのに、母と仔のルールはしっかり出来ています。

強い絆で結ばれた、母と仔。

新米ママたちも、頑張って子育てをしています。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
人も馬も恥ずかしがり屋の女の子が1番かわいい(ノ ̄▽ ̄)ノ笑
2013/05/27(月) 14:12 | URL | まさと #-[ 編集]
(笑)今後、どういう風に成長するか、楽しみですね。v-22
2013/05/29(水) 12:26 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://foal.blog46.fc2.com/tb.php/776-094e23b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック