バゴの牝馬、誕生

ここでは、「バゴの牝馬、誕生」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月5日の午後7時過ぎ、バゴの牝馬が誕生しました。 

5・バゴ・3時間後
 

「端午の節句といえば、男の仔でしょう!」と、またもや苦笑い。

母馬は、予定日を4日過ぎての出産でした。

気性の激しいタイプで、初産。

「ちゃんと子育て出来るかな」と、今年一番の悩みの種だったのですが、思いのほか落ち着いていました。

30分で立ち上がった元気な女の仔。

乳を探して歩くようになると、新米ママのイライラが始まります。

仔馬が自分の体をなめると、「ヒーッ」という悲鳴をあげ、回し蹴りのしぐさ。

それでも、3月にダイワメジャー牡馬を産んだ母馬よりは、まだ良い方で、なんとか我慢して立っていました。

「どうやら徹夜しなくても、済みそうだ・・・」

頼もしかったのが、生まれたばかりの仔馬の姿。

蹴られそうになっても、まったくひるみません。

さっと顔をよけ、再び乳に食らいつく、肝の据わった女の仔。

生まれたばかりの仔に、こんなに感心したのも珍しく、「なかなかやるねぇ!」と、笑顔で見守ることが出来ました。

そして、これが、今朝のバゴちゃん。

5・バゴ・2日目
 

生後2日目でも、かなりてきぱきとしていて、飼い桶をのせる台の匂いを無心にかいでいました。

手を伸ばして触っても、まったく逃げず、警戒心ゼロ。

こうなると、こちらも楽しくて仕方がありません。

さらには、乳が飲みたいのにじっとしてくれない母に向かって、尻っ跳ね。

5・バゴ・母を蹴る
 

「あたしは飲みたいのよ!じっとしててよ、お母さん!」と、母の上をいく気の強さ。

カメラを向けても、絶えず動き回っているので、なかなかピントが合わせづらく、”記録係泣かせ”でした。

5・バゴ・元気のいい仔
 

厩舎内は暗いので、ボケないで撮れるのは、乳を飲んでいる時か、寝ている時くらい。

5・バゴ・慣れてきた母
 

外に出る明日からに期待します。

さて、こちらは、生後16日目のダノンシャンティ牡馬。

5・バゴ・シャンティくん
 

この顔の示す通りの性格で、とにかくおっとりした男の仔です。

放牧地には、生後23日目のキングカメハメハ牝馬。

5・バゴ・駆け寄るキンカメちゃん
 

元気で明るい女の仔。

私の姿を見ると、「ヒヒーン」と高い声で鳴き、走ってきました。

「あっそぼうよぉ!」

5・バゴ・遊ぼう
 

そろそろ友達がほしい頃でしょうか。近々、シャンティくんと合流する予定。

5・バゴ・キンカメアップ
 

どんなコンビになるでしょうか。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://foal.blog46.fc2.com/tb.php/767-96544c95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。