思い出の放牧地

ここでは、「思い出の放牧地」 に関する記事を紹介しています。
4日の朝、サクセスシルエットが放牧地に放れました。

5・放・シルエット来る
 

装蹄師さんの助言をもとに、蹄鉄は装着したまま。

レースをして間もないため、今外してしまうと、痛くて歩けなくなるとか。

蹄が伸びるまで、しばらくこのままで過ごします。

ここは、当歳の12月に、1歳厩舎へやって来て、初めて放れた放牧地。

幼馴染みのダンスインザダーク牝馬(トーホウビューティ)と、早生まれのジャングルポケット牝馬(マルキーズ)、Orientate牝馬(マウントフジ)の4頭で、しばらく過ごしたところです。

低い気温の影響で、草はまだ十分伸びていませんが、首を垂らすシルエット。

5・放・草を食み
 

かつての仲間はいなくても、1頭で堂々と過ごす彼女の姿に、時の流れを感じます。

足踏みし始めたと思ったら、体を落として、ゴロを打つよう。

5・放・ゴロ
 

馬服の汚れ方を見ると、1回目ではないことがわかります。

ゴロンゴロン。

5・放・ゴロ1
 

ブルブルブルッ。

5・放・ゴロ2
 

「大きくなったなぁ・・・・」

この放牧地のシルエットの記憶は、私の中では1歳で止まっているため、改めて成長を感じます。

澄んだ空気に、思わず目をつぶるシルエット。

5・放・空気
 

土手の方からは、ウグイスのさえずりが聞こえてきました。

私も今年初めて聞く、ウグイスの初鳴き。

木々も鳥たちも、まるで帰ってきたシルエットを歓迎しているかのよう。

美しい小鳥たちの合唱をバックに、再び歩き出したシルエット。

5・放・歩き出す
 

今度は、大木のあった放牧地を見渡せる場所に来て、立ち止まりました。

5・放・大木のあった
 

「あー、覚えているかな・・・。あの木は倒れてしまったんだけど・・・」

向かいの放牧地のシンボルであった、今はなき大樹。

しばらくして、また前進したシルエットは、地面の匂いをかぎ、

5・放・匂いをかぎ
 

じっと隣の放牧地をのぞいていました。

5・放・後ろ姿
 

「そこには、ネオくんがいたんだよね・・・」

彼女が、どこまで覚えているのかはわかりません。

ただ、その風景を懐かしそうに眺めていることだけは確かで、私の頭の中では、次々とあの頃の仲間たちがよみがえりました。

これから始まる新しい生活。

去っていった馬たちの分まで、元気に生きてくれることを願います。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
シルエット元気だぁ~。
少~しずつ思い出すんでしょうか?
生まれた牧場に戻れたシルエットは幸せですね。
またこうして、シルエットに会えるんですから、チロルも大変嬉しいです。
5月だというのに、寒かったり暖かかったり、連休に帯広では雪が降ったそうで・・・
こんな陽気ですから、体調崩さないように皆様お体気をつけてくださいね。
2013/05/08(水) 18:00 | URL | チロル #-[ 編集]
シルエットちゃんがゆっくりと昔を思い出しつつ
ゆっくりと新しい馬生を味わっている感じがイイですね~(≧ω≦)

馬着を着てる様子を見るのは当歳馬たちが多いので こんな大きな体で馬着姿でゴロをうってる姿が
なんとも言えないまったりした雰囲気が伝わってくるようです♪

そんなゆっくりモードのシルエットちゃんとうってかわってブログ更新が続々と早くあり(笑)
いつも楽しく見てる私たちとしては嬉しい限りですが yosshieサン大忙しですね!

私事ですがまだ静養中の為 なかなか以前のように
頻繁にコメントが出来ず追いついてませんが いつも楽しく癒されながら読ませて頂いてます。
そっくりペアやハッスルペアの仔達をはじめその他の仔・これから産まれてくる仔・そして
シルエットちゃんら繁殖にあがった牝馬たちの様子など これからも楽しみにしています(≧ω≦)
2013/05/08(水) 19:41 | URL | 京都はんなり #-[ 編集]
目をつぶって佇むシルエット。
彼女は今、生まれ育った場所に立ち、何を感じ、何を思ってるのでしょう。
この写真をみた瞬間、もう胸がいっぱいで涙が止まりませんでした。
yosshieさんの「大きくなったなぁ」という言葉。きっと我が子と同じなんですよね。
動物は言葉が話せないからこそよけいに愛しく感じませんか?
子供は結構、生意気言ったり、言うこと聞かなかったりするから、私は動物の健気さに胸打たれてしまんです。
シルエットはきっと少しずつ思い出してますね、自分がいた場所を。仲間達のことも。
広い放牧地に一人きりで寂しい思いをしてませんか?まだ引退して間もないから他の馬と一緒にはできないのでしょうか。
私はどんなに有名な馬より、今はサクセスシルエットに会いたいです。
2013/05/08(水) 21:29 | URL | まりい #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/05/08(水) 22:15 | | #[ 編集]
ディープちゃんお帰りなさい(^-^)
隣の放牧地を見てネオくんの事思い出したかなぁ?きっとネオくんも天国からディープちゃんの事見てるよね。
本当に綺麗なお顔ですね(^-^)
母となる為に暫くはゆっくり休んで愛情たっぷりもらってね(^-^)
2013/05/08(水) 23:38 | URL | きょん #-[ 編集]
ありがとうございます。
連休中は寒かったですね。
青空にもあまり恵まれず、北海道に行楽に来られた方は大変だったでしょう。
昨日ぐらいから徐々に気温が上がってきています。
シルエットも、馬服を脱ぎました。
この後も、安定した天気になってほしいですね。
お気遣い、ありがとうございました。v-22
2013/05/09(木) 14:50 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
ありがとうございます。
シルエットの見せる様々な表情に、こちらも驚いたり感心したりの日々です。
今は、馬服を脱ぎ、思い切りゴロを打てるようになりました。
変わらず元気に過ごしてくれています。
仔馬の数が増えてきて、なかなかどの仔も撮れないのが悩みの種ですが、出来るだけ更新しようと頑張っています。
京都はんなりさんは、ご静養中とのことで、そんな中でもたびたびのぞきに来ていただき、本当にありがとうございます。応援していただいていることを心の支えに、頑張っていきますので、どうぞコメント数はお気になさらないでください。元気になっていただけるよう、現役の馬たちにも頑張ってほしいですね。v-22
2013/05/09(木) 15:03 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
ありがとうございます。
とてもゆったりと過ごしています。
放牧地を歩く時の様子は、こちらが見ていてもハッとさせられる感じでした。
競走馬としての長い旅を終え、ここに戻ってきました。
あの頃よりもたくさんの風景が、彼女の頭の中にしまわれていることでしょう。
どんな風景が彼女の目に映っていたのかな・・・と、想像します。
小さい頃の思い出など、とっくに忘れているかもしれませんが、彼女の立ち居振る舞いを見ていると、覚えているのではないかという気になりますね。
動物は不思議な能力を持っています。そして、おっしゃる通り、健気ですね。
私たち人間は、責任を持って接しなければいけないとつくづく思います。
今は、1頭で放れているシルエット。移動してきた馬を繁殖牝馬と接触させると、流産の危険性が高まるため、合流することができません。
今後、空胎馬や上がり馬と合流することになりますが、それがわかるのは秋ごろなので、しばらくは1頭ですね。それでも、隣の馬房のミニチュアポニーが大好きのようで、いつも嬉しそうに見下ろしています。常に近くには小さなお友達がいるので、寂しくはないようですよ。顔を見ればわかります。
引退後も応援していただき、本当にありがとうございます。v-22
2013/05/09(木) 15:30 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
ありがとうございます。
ネオくんとは、とても仲の良いコンビでしたね。
どちらも、末永く活躍してくれることを祈っていたので残念でしたが、これからも記憶の中でいつまでも輝いてくれると思います。
仔馬とも遊びたいし、シルエットも気になるしで、気忙しい毎日ですが、愛情込めて頑張ります。v-22
2013/05/09(木) 15:33 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://foal.blog46.fc2.com/tb.php/766-6a8799cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック