ダノンシャンティの牡馬、誕生

ここでは、「ダノンシャンティの牡馬、誕生」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 日曜日の午前11時10分に、父ダノンシャンティの牡馬が誕生しました。

予定日を9日過ぎていた母馬。

乳ヤニは10日以上前に付き、毎晩、モニター監視を続けていました。

土曜の晩に少なからず動きがあったため、「出産か」と気を張り、ほとんど寝られなかった私は、くたくた。

「今晩は、もう無理!昼間に産んでくれないかな・・・」と、待ち望んでいた仔馬でした。

放牧地で破水したところを見つけたのは、スタッフ。

急いで馬房に入れると、3回ほど寝起きを繰り返し、ほとんど人の手を借りずに産んだそうです。

”そうです”というのは、私はあいにく不在だったため。

子どもの用事で家を空け、戻ってきたのは11時半頃。放牧地にいるはずの彼女が見当たりません。

「もしかして生まれた?」 急いで厩舎に駆けつけると、こんな姿で座っている2頭が。

4・シャン・直後
 

初めての出産にもかかわらず、仔馬をペロペロとなめている母馬。

4・シャン・なめる母
 

すでに、いいお母さんぶりを発揮していました。

4・シャン・なめる母2
 

「良かった・・・・」 それでも、小さな声で、新米ママに気を使います。

今年初めての栗毛の男の仔は、乳を探して、舌をペロペロ。

4・シャン・乳を探し
 

真っ黒な父馬に似ても似つかぬ姿に、ちょっぴり笑いがこぼれます。

4・シャン・母もペロリ
 

そこへ、またもやミケ登場。

撮影用に開けた扉の隙間から、じっと仔馬を観察していました。

4・シャン・馬房をのぞくミケ
 

すると、ザザザッという寝藁をかき分ける音と共に、仔馬が起立。

4・シャン・立ち上がる1
 

ゆらゆらと揺れる体をなんとか支えています。

4・シャン・立ち上がる2
 

上手にバランスをとりながら、

4・シャン・立ち上がる3
 

立つことも無事完了。

4・シャン・立ち上がる4
 

そして、早速、母乳探し。

4・シャン・乳さがし
 

誰が教えるわけではないのに、飲みやすいように、じっと立っている母馬を見ていると、連日のモニター監視の疲れなど吹っ飛びました。

4・シャン・顔
 

さて、この仔は、どんな性格の仔なのでしょうか・・・。


スポンサーサイト

関連タグ : ダノンシャンティ,

コメント
この記事へのコメント
エアグルーヴが出産後の内出血で死亡したと聞いて絶句しています…。
人間でも馬でも出産は命懸けなんだという事を改めて考えさせられました。

少しでもこういう悲しい事故が起こらない事を願います。
2013/04/24(水) 15:35 | URL | dream #-[ 編集]
無事に出産 本当に良かったです♪おめでとうございます。

dreamサンもおっしゃってますがエアグルーヴの事があり 改めて出産の恐ろしさを感じます。
過去にもyosshieさんのブログで難産で大変だったり 出産しても子供を我が子として
可愛がるかどうかまでが心配だったり 産後母が腹痛で大変で乳母の心配を一瞬したり・・・と言う事を
書いて下さってたので知識としてはわかってましたが
やはり命をつなぐと言う大変さを改めて思い知らされた気がします。

そしてそんな母と仔の大変な大切な時期に関わられているyosshieサンはじめスタッフも方々に
頭が下がる思いです。 これからも未来の競走馬誕生と成長の手助け頑張って下さい(≧▽≦)

でもこうした事があると ふと2年前に放牧中の昼間に気付くと産まれていたブラックタイド君の事が
思い出されました。 彼も元気で頑張ってるんだろうなぁ・・・

流星が際立つ顔をしたこの仔の母は新米ママと言う事で ファームでも新人サンですか?
シーザ君の母同様 この仔の母も誰なんだろう?とまた暫く探索する楽しみが増えました(*^-^)
2013/04/25(木) 09:26 | URL | 京都はんなり #-[ 編集]
20歳という年齢を聞き、納得しました。
当牧場でも、今から11年前に、メジロハイネという馬が22歳で同じように亡くなっています。
出産時に、動脈が切れてしまい、その出血で数時間後に命を落とすことになるのです。
高齢だとこういう事故の確率は高くなりますが、若くてもこうして亡くなる馬はいます。
仔馬が大きかったり、骨格がしっかりしている牡馬であったりすると、リスクが高くなります。
エアグルーヴも、お腹の仔が牝馬だったら、命を落とすことはなかったかもしれません。
命をかけて産んだ最後の牡馬。
優秀な母の血を継ぎ、立派な競走馬となってくれることを誰もが望んでいるでしょうね。v-22

2013/04/25(木) 21:48 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
ありがとうございます。
出産は、一大事。繁殖牝馬ともなれば、それが年に一度はやって来るのですから、大変なことですよね。
何が起こるか分かりません。失敗から経験し、次につながることもあります。
学ぶべきことはたくさんありますが、ただ緊張感と向かい合うだけではなく、彼らから幸せもたくさんもらっています。頑張っていきたいと思います。
2年前に外で生まれたブラックタイドくんは、元気でいると思います。一緒に育成牧場へ行っていたハーツクライ牝馬が、すでに美浦入りしてしまったので、訪ねる元気がなくなってしまいましたが、彼が本州へ出発する前には必ず会いに行ってきたいと思います。ちなみに彼は栗東所属予定です。
ダノンシャンティの仔を産んだ栗毛のお母さんは、昨年まで競馬をしていました。未勝利でしたが、馬主さんに血統をかわれ、繁殖になることが決まったそうです。私たちは、お預かりして見守っています。産駒には母のためにも頑張ってほしいと思います。v-22


2013/04/25(木) 22:17 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
日参させていただき、ほっこりする素敵なブログに
幸せをいただいております。
メジロハイネの名前に「えぇっ!!」と思わずパソコンに向かって
言葉が出ました。
ハイネの兄のメジロファントムが競馬の師匠であります私にとって
彼女のデビューから応援しておりました。牡馬相手にセントライト記念を
優勝するなど栗毛の綺麗な少女が、お母さんになり亡くなるその日まで
愛情深い牧場の方々のお世話になったこと、大変うれしく思いました。
年齢を重ねてどんなお馬さんになったのでしょうか…。
ハイネの文字に懐かしく思わずメールをしてしまいました。
これからも日参させていただきます。
2013/04/26(金) 13:28 | URL | ファントム #mX/kgJYk[ 編集]
ありがとうございます。
ハイネ、そしてファントムをご存じとは、長きにわたり競馬を楽しんでこられたようですね。
ハイネもファントムも、当牧場の先代の生産馬です。
私は、ハイネやその妹たちが繁殖牝馬として、うちにいた頃、こちらへやって来ました。
競走馬時代は知らないのですが、こうしてその頃のことを聞かせていただけると、とても新鮮な気持ちになります。
ハイネは、年をとっても、気丈な誇り高い馬でした。
最期まで、気高く生きていました。
今考えると、22歳という年齢までよく繁殖生活を続けていたなぁと思いますが、その頃はまったく年齢を感じさせない強さがありましたよ。
99年に、競馬学校の騎手課程の生徒さんたちが牧場見学に来られたことがあり、ハイネとマックイーンの牡馬をはさんで、写真撮影したことがあります。その時の写真は、いまだに額の中におさまっていますよ。いつか紹介できる機会があればいいですね。
こんなふうに、亡くなった馬のことをまだ覚えていてくださる方がいるというのは、感激です。
また、記憶に残る、強い馬を生産できるように、頑張っていきます。v-22
2013/04/26(金) 16:36 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://foal.blog46.fc2.com/tb.php/757-51478003
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。