ハービンジャーの牝馬、誕生

ここでは、「ハービンジャーの牝馬、誕生」 に関する記事を紹介しています。
 3月31日、早朝。出産予定日を翌日に控えた馬が、腹痛。

昨年、ゼンノロブロイ牝馬を産んだ母馬で、さく癖があり、腹痛を起こしやすいため、「お産ではないだろう」と言いながら、獣医さんを呼び、対処してもらいました。

きわめて軽い腹痛だったため、事なきを得た、その日の夕方。

今度は、予定日を1週間過ぎた馬が、馬房内をぐるぐると歩き始めます。

こちらは、本物。朝、乳ヤニがついたばかりで、お産の兆候に間違いありませんでした。

私は、夕飯の支度に取りかかるところだったため、急きょ簡単な”カレー”に切り替え、なんとか鍋を弱火にするところまで終わらせます。

厩舎へ駆けつけると、お産馬房には、まだ陣痛の弱い母馬が立ったり座ったり。

なかなか本腰を入れていきまず、時間ばかりが過ぎていくので心配しましたが、午後6時30分、ようやく父ハービンジャーの牝馬が誕生しました。

呼吸が少し弱かったため、鼻を刺激し、酸素を吸入。

母馬が立ち上がったと同時に、後産がするりと落ちたので、「危ないところだった!」と皆が顔を見合わせます。

仔馬の娩出がもう少し遅れれば、酸欠になっていた可能性もぬぐえません。

何が起こるかわからない出産現場。一瞬のタイミングが、明暗を分けることもあり、改めて気が引き締まりました。

とはいえ、その後は、元気な仔馬の姿に、ホッとさせられる私たち。

4・ハービン・誕生
 

2産目の母馬は、とても落ち着き、優しく仔馬に接していました。

4・ハービン・なめる母
 

夜間で照明が暗く、その立派な母ぶりを画像に残せないのが、残念なくらい。

立つと、ほどなく乳を飲み始め、

4・ハービン・乳を
 

そして、すやすやと眠ってしまいました。

4・ハービン・座る
 

一夜が明けた今日も、とても元気なハービンちゃん。

4・ハービン・前から
 

顔の模様は、昨年生まれたハービンジャー牝馬によく似ています。

4・ハービン・失礼
 

お母さんと比べると、まだまだちっちゃな赤ちゃん。

4・ハービン・母と仔
 

「かゆいなぁ」

4・ハービン・かゆい
 

「これ、なあに?」

4・ハービン・かじる
 

そして、お母さんの周りで、かけっこ。

4・ハービン・元気
 

ひとつひとつの行動が、微笑みを生む、かわいらしい女の仔。

母のように、クラシック戦線に名乗りをあげられるといいなと思います。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
好奇心旺盛キンカメ牡馬くんの妹ちゃんでしょうか?

お転婆さんだったサファイアが立派なママですね^^感慨深いです。

いつも更新ありがとうございます。
2013/04/06(土) 00:29 | URL | クルコ #-[ 編集]
キンカメくんの半妹になります。
お母さんに似て、この仔もお転婆になりそうですね。
まだあまり近付けていないので、これからどんどん観察していこうと思います。v-22
2013/04/07(日) 22:02 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://foal.blog46.fc2.com/tb.php/743-81e38636
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック