母馬たちの朝

ここでは、「母馬たちの朝」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 先週金曜日の朝、温度計がマイナス18℃を示していたため、繁殖牝馬の放牧を遅らせました。

太陽が昇り、しばらく経った午前8時過ぎに放牧。

明るい陽光に、空気中の氷の結晶がきらきらと舞い、それは美しい光景が広がっていました。

寝藁上げを終えた9時過ぎ、急いでその光景をとらえに走ります。

1・母・樹氷
 

1時間前のような美しさは消えていましたが、樹木から、はらはらとこぼれる氷の結晶、霧氷。

久々に、北国の神聖なる自然現象に接し、心が洗われる思いでした。

1・母・白い息
 

道路脇に残された丸みのある足跡は、エゾタヌキのもの。

1・母・エゾタヌキ足跡
 

この二日前から、スタッフが厩舎に現れたタヌキを二日連続で確認していたので、「私も」と意気込んでいましたが、その日からぱったりと姿を見せなくなりました。

スタッフとリーダーが「めちゃくちゃかわいい!」と絶賛していた幻のタヌキ。いつかまた現れてくれるでしょうか。

こちらは、出産予定が早い繁殖牝馬たちのグループ。

1・母・早生まれ組
 

といっても、最初の馬の予定日は2月20日。初産なので、遅れる公算が高く、まだまだ緊迫した状態にはなっていません。

牧柵の間に残っているのは、夜間歩いたシカの足跡。

深い雪の中を、私も慎重に歩いていると、今年は出産を休むクロちゃんが顔を出してきました。

彼女は、軽いお腹の今冬は、絶好調。放牧直後は、いきなり走りだし、飛び回る元気の良さ。

妊娠していない馬を、この辺りでは「腹空き」と呼びますが、お腹が空いていると、こんなにもパワーが出るのかと、今さらながら感じました。

さて、先ほどの乾草置き場から歩いてきたのは、クロちゃんの娘。

私が、牧柵の根元の、雪がとけた部分から顔を出している草をあげると、喜んで食べ、そこを離れなくなりました。

1・母・母と娘
 

この2頭、親子だと気付いているでしょうか。

真っ白な日高山脈をバックに立っているこの2頭は、共に今年初めての出産を迎える者どうし。

1・母・若馬
 

競走馬を上がってから、ずっと放牧を共にしてきたため仲が良く、よく一緒にいます。

実は、この遅生まれグループの勢力争いで、若さを前面に出し、いつの間にかボス的存在に落ち着いてしまいました。

一番ベテランの栗毛のお母さん。彼女は、いつも遠慮がちで、みんなが食べ終わるのを待ち、いなくなってから、ひとり黙々と草を食む賢母。

1・母・アスカ
 

同じように、孤独を好み、皆がいなくなってから草を食すのが、早生まれグループのこのお母さん。

1・母・ビューティ
 

やはりベテランで一番年寄り。年を追うごとに、落ち着いてきました。

一通り、放牧後の食事が落ち着くと、一頭また一頭とひなたぼっこの出来る場所を探しに、歩いていきます。

川沿いに追いかけていくと、突然バサバサッという羽音と共に、マガモのメスが現れました。

1・母・マガモ♀
 

彼らは、冬の間、いつもきれいに川の掃除をしてくれる大切な存在です。

そして、馬たちは、青い空をバックに、お気に入りの場所で、まったりと。

1・母・まったりと
 

先ほどまで、あちらの放牧地で草を食べていた馬たちも、

1・母・乾草の周りに
 

やはり散歩の時間。

1・母・散歩
 

そんな静かな時間が流れた後、再び、乾草置き場へと戻る面々。

1・母・戻る馬雪浴びする馬
 

時には、雪浴びだってします。

真っ白い鼻息をたてながら、こちらへまっすぐ歩く彼女の目的は、青草。

1・母・鼻息
 

どんなに凍り付いていても、雪の下に眠る草は、彼女らのごちそう。

雪がとけ、この草がお腹いっぱい食べられる頃には、横に小さな仔馬が歩いているのかな・・・と思います。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
昼休みに馬をみて気持ちがホッコリ(〃д〃)


そういえば、この間高尾山に登ったときにタヌキ見ましたよ。
モフモフしてて丸いネコみたいな感じでした。
2013/01/23(水) 12:59 | URL | まさと #-[ 編集]
初めての繁殖生活の新米さんでもグループの中でボス的なんですかぁ!!
それにしても大雪の中ゴロをうって遊んでる馬もいて みんな元気いっぱい過ごしてるんですね(*^-^)

ここまで立派に育ってきた命 これから出産時・子育て時も大変ですが母馬たちには頑張って欲しいです♪

今までに産駒としてファームにいなかった父を持つ仔たちが
たくさん産まれてくるみたいですし どんな性格の仔たちなのか?またそれも楽しみの1つです☆
2013/01/24(木) 22:08 | URL | (*^・ェ・)ノ たのしみ #-[ 編集]
ありがとうございます。
高尾山・・・、懐かしい響きですね。タヌキをご覧になったとは!
私も、正月に母の実家でホンドダヌキを見ましたが、真ん丸に太っていて、モフモフでした。
そのくせピョンピョンと身軽に跳ねて逃げたので驚きでしたが・・・。
その後も、エゾタヌキとの遭遇には至っていません。
足跡はあるのに、不思議です・・・。v-22
2013/01/29(火) 18:49 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
ありがとうございます。
あれ?昨日、返信したはずなのに、反映されていませんでした。
申し訳ありません。改めて、返信させていただきます。
繁殖牝馬の順位は、それぞれの性格で決まってしまうようで、新米・ベテランは関係ないようですね。
気が強いものが、優位に立ちます。
新米の母は、出産後にどのように変わるかも注意深く見守っていきたいと思います。
「近くの牧場で仔馬の姿を見た!」と、スクールバスから下りてきた子供が話していました。
この辺りでも、早速、誕生の物語が始まっているようです。
楽しみです・・。v-22
2013/01/30(水) 21:37 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://foal.blog46.fc2.com/tb.php/708-10471457
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。