削蹄風景

ここでは、「削蹄風景」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 昨日は、午後2時半より、当歳馬の削蹄が行われました。

1歳馬用の厩舎へ移動してから、初めて、もしくは2度目の削蹄。

この秋移動していった1歳馬たちと比べると、一回りも二回りも小さく見えます。

それでも、装蹄師さんの合図のままに脚を上げ、じっとしている姿に、成長を感じずにはいられません。

コンデュイット牝馬。
11・削蹄・コンデュイット牝 

ここのところ雨が多かったため、地面がぬかるみ、蹄が伸びている馬が多いとのこと。

日々の天気を思い返すと、「なるほど」と納得がいきます。

シンボリクリスエス牝馬。
11・削蹄・クリス牝 

待っている馬たちは、皆、もぐもぐと飼い桶の飼料を口にしている真っ最中。

しかし、1頭だけ、びっくりした様子で窓の外をにらみ、騒ぎ出した馬がいたので、よく見ると、その向こうに、うろうろと遊んでいる子どもの姿がありました。

驚いていたのは、デュランダル牝馬。

11・削蹄・デュラン牝
 

のんびりやに見える彼女も、小さい子供にはなじみがないのか、敏感に反応していました。

キングカメハメハ牝馬。
11・削蹄・キンカメ牝 

黒鹿毛ゼンノロブロイ牝馬。
11・削蹄・ロブロイ 

キングカメハメハ牡馬。
11・削蹄・キンカメ牡 

ディープインパクト牡馬。
11・削蹄・ディープ牡 

うるさかった牡馬たちも、もうすっかり削蹄の手順を覚え、じっと立っていられるようになりました。

新しくやって来た2頭をのぞき、全頭の削蹄が終わる頃には、冷え込みもぐんと増す、1歳厩舎。

さて、今日の夕方、しっかりと手入れされた蹄で、気分よく放牧地を駆け回っていたのは、3月生まれグループの牝馬たちです。

ディープインパクト牝馬。

11・削蹄・ディープ牝走る
 

ハービンジャー牝馬とシンボリクリスエス牝馬は、そろって大柄。

11・削蹄・駆ける
 

普通サイズのディープとロブロイが、なんだか小さく見えてしまいました。

11・削蹄・3頭
 

この先は、雪や雨、低温による凍結等、放牧地の状態も刻一刻と変化するでしょう。

厳しい冬を馬たちが元気に乗り越えられるよう、管理にも気を配っていきます。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
みんな背丈がすっかり人間を越したんですねぇ~!!

それにしても耳をそばだてたり体を抑えられたりする事なく
しっかり立って脚を上げてる姿は『成長したんだなぁ~』と
読んでる私たちでも感じるんですから 間近でお世話されてると余計に
頼もしく感じられたんでしょうね!!

青いもくしの仔が増えましたね!綺麗な色です♪
クリスちゃんは血統的に大きいのは珍しくないですが ハービンちゃんもほんと大きいですね?!
みんなの成長は楽しみなのはもちろん 励みにもなっています(≧∇≦)
雪が降り厳しい寒さの到来ですが 人馬とも体調を崩されませんようにお気をつけ下さい☆

2012/11/23(金) 10:52 | URL | 京都はんなり #-[ 編集]
ありがとうございます。
皆、元気に成長を続けてくれています。
今年一番の大型馬は、ハービンジャー牝馬です。
今後どのように変わっていくでしょうか。
当歳用の皮もくしが小さくなってしまったので、一時的に、在庫のもくしに替えました。
この時期は、なかなかサイズが合わず、苦戦しています。
また変更するかもしれません。お楽しみに?v-22
2012/11/26(月) 15:57 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://foal.blog46.fc2.com/tb.php/692-a4a24216
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。