友の記憶

ここでは、「友の記憶」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日の午後、当歳の新しい仲間が2頭、到着しました。

パドックにいる、その男の仔たちを撮りに行く道すがら、顔を並べて草を食べる2頭の栗毛を発見。

11・新・栗毛2頭
 

デュランダル牝馬と栗毛のゼンノロブロイ牝馬です。

今年は鹿毛馬が多かったので、栗毛のツーショットは、なんだかとても新鮮。

新しく来た馬たちも、少しずつ生産馬たちと馴染んできています。

さて、パドックに近付くやいなや、大きなオジロワシの鳴き声が聞こえてきて、鳥好きな私は、思わずそちらに足を向けてしまいました。

葉を落とした河原の大木の枝に、確かに、冬の使者オジロワシのつがいがいます。

11・新・オジロワシペア
 

「このレンズでは、ちょっと遠い」と、牧柵に沿って、そっと歩を進めたつもりでしたが、非常に警戒心の強いオジロワシは、100m以上先にいる私をすぐに見つけると、さっと反対の方向へ飛び去ってしまいました。

野生動物の研ぎ澄まされた感覚には、手も足も出ません。

あきらめて、パドックへ。

どちらも、同じ牧場から来た、父エンパイアメーカーの牡馬ですが・・・・。

”超”がつくほどの人見知りくんたちでした。

こちらは、鹿毛のエンパイアくん。

11・新・エンパイア鹿毛
 

いつものように、青草をむしって、「おいで」と声をかけますが、来るどころか逃げる始末。

もう1頭は、黒鹿毛のエンパイアくん。

11・新・エンパイア黒鹿毛
 

こちらは、寄って来ていたので、草を差し出すと、ぷいっと横を向いてしまいました。

「うわーっ、久々に来たな!気難しい馬たち!」

そんな気分でした。これから、どこまで人を信頼させることが出来るか、スタッフ全員の腕の見せ所。

馬運車に載せてくる時もひと騒動だったらしく、ひいても我がまま。

とにかく、馴致に時間を要しそうな馬たちですが、皆で頑張ります。

そうこうしているうちに、すっかり太陽が陰ってしまいました。

放牧地に入ると、すぐにやって来たのが、キングカメハメハ牡馬。

11・新・キンカメ牡
 

青いもくしが少しまだ大きいのか、決まっていません。

バゴ牡馬。キンカメくんに、少しいじめられながらも、あいかわらず人懐こく、元気にやっています。

11・新・バゴ
 

こちらは、さすがのディープインパクト牡馬2頭。

11・新・ディープ2頭
 

そろそろ同じ父の匂いに気付いたのでしょうか。

向かいの放牧地から、顔を出しているのは、ゼンノロブロイ牝馬とシンボリクリスエス牝馬。

11・新・ロブ&クリス
 

ロブちゃんは、一段とみんなと仲良くなっている様子。

ディープインパクト牝馬が、「あれ?」という顔で、こちらを気にしているので、「なんだろう?」と思っていると・・・。

11・新・ディープ牝
 

突然、尻っ跳ねして、駆け出しました。

ついていくほかの牝馬たち。

11・新・突然駆ける
 

牡馬たちも、それに反応して駆け出し、ますます疑問に思っていると・・・・。

ようやくその意味がわかりました。

ハービンジャー牝馬とディープが、柵ごしに熱い視線を送っていたのは、

11・新・ハービン&ディープ
 

向かいのディープインパクト牡馬。

11・新・ディープ牡
 

彼も、小さな声でブブブブとつぶやき、「ああ!幼馴染みの顔をまだ覚えているんだ!」と、納得。

11・新・ディープ牝のぞく
 

車が通るほどの道路をはさんでいるので、距離にして、十数メートル離れているのに、相手の顔がきちんと識別できたのでした。

11・新・ディープ鹿毛
 

牡馬と牝馬を分けてから、はや二十日以上経過。彼らの記憶力を侮ってはいけないことを知ります。

さすがに、互いに泣き叫ぶほどの未練はないようでしたが、彼らの持つ研ぎ澄まされた精神に、小さな感動を覚えました。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
心身ともに最近忙しすぎる日々なんですが それぞれの馬たちの姿に癒されます(*´I`*)

新しく来た仔は仔なりに 母馬たちは母馬なりに・・・
そしてファームっ仔たちも 変わり行く環境や仲間の中で みんな頑張ってますね♪

威嚇されてたクリスちゃんと仲良く顔を並べるロブちゃんに嬉しくなりました!
ディープ君との仲間意識が確認できたディープちゃん達に 嬉しくなりました!!

ふと先日同じレースで走ったブレイン君とバローズちゃんとビクトル君の事が思い浮かび
きっとかつての仲間と解ってて競ってたんじゃないかなぁ・・・と思ってしまいました。

社交的なキンカメ君らに囲まれてるうちに そして優しいスタッフの方たちと触れ合って
移動してきた超人見知りの気難しい馬たちも きっと頼もしいファームの一員になってくれるでしょうね☆ 
2012/11/21(水) 23:05 | URL | 京都はんなり #-[ 編集]
お忙しい中での、コメント投稿、本当にありがとうございます。
こちらも日ごとに寒くなってきて、馬たちとゆっくり過ごす余裕がなくなってきましたが、マイペースに記録をつけていこうと思っています。
新しく来た仔たちは、芦毛の乗馬と共に、放牧されるようになりました。
体を触られることを極端に嫌がったりと、少し時間がかかりますが、徐々に慣れさせていきます。
生産馬たちにも、小さな別れと出会いがありました。最初は、ケンカしながらも、徐々に仲間になっていく様子をみていると、頼もしいなと思います。競走馬となってからも、意識し合えるライバルとなれるといいですね。v-22
2012/11/22(木) 16:15 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://foal.blog46.fc2.com/tb.php/691-e839be2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。