ブラックタイド牡馬、出発

ここでは、「ブラックタイド牡馬、出発」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1歳のシンボリクリスエス牡馬、ゴールドアリュール牡馬が抜けた放牧地。

彼らの悪友であったサウスヴィグラス牡馬とブラックタイド牡馬は、共に昨日出発していきました。

夜間放牧を終え、厩舎に入る前の早朝、大急ぎで彼らのもとへ。

気にならない程度の小雨が降る中、歩いてきたヴィグとタイドは、2頭で帽子の取り合いを始めました。

9・タイド・ツーショット
 

とにかくいたずら好きなヴィグ。

やって来たのは昨年の12月で、ちょうど9ヵ月をこちらで過ごしたわけですが、今ではすっかり仲間入り。

特に、タイドくんが、良い相棒でした。

9・タイド・草を食む
 

仲の良い2頭。

やんちゃなヴィグくんが来てくれたおかげで、このグループは、本当に活気が出ました。

年々、馬たちにかじられながらも生きている大樹。

9・タイド・木に興味
 

こんな写真は、あと何年撮れるのだろうと、まじまじと見つめます。

9・タイド・タイド木
 

さて、そんな中、集牧の時間となり、やって来たスタッフに目をやるヴィグ。

9・タイド・集牧
 

いつもと同じように、厩舎に歩いていきます。

9・タイド・厩舎へ
 

「もう、これで最後だよ!」

後ろから声をかけてあげたい気分で、見送りました。

食事と休憩を終え、最初の出発となったのは、ブラックタイド牡馬。

9・タイド・手入れ
 

思えば彼は、放牧地で生まれた仔で、あの時の騒動が、昨日のことのようによみがえってきます。

しかしその後は、大将のクリスが、あまりにも強烈なキャラクターの持ち主だったため、いつも脇役の存在に。

さあ、実際の勝負の世界では、どちらに軍配が上がるのでしょう。

9・タイド・横
 

馬体重は、440㎏。

馬運車の乗車には、少し手間取りました。「行かない」と駄々をこねるため、時間をかけ、出発。

9・タイド・乗車
 

そして、その馬運車が戻ってくると、今度は、サウスヴィグラス牡馬の番。

9・タイド・ヴィグ手入れ
 

黒い瞳が印象的な、元気な男の仔は、クリスやアリュールたちと同じ牧場へ向かいます。

9・タイド・ヴィグ横
 

ところが、彼も寸前で、乗車拒否。

9・タイド・拒否
 

前進しようとしないので、後ろ向きにして、後退させながら乗車を成功させると、今度は到着先でも動こうとせず、やはり後ろ向きで降りたとか。

経験を積み重ね、大きく成長してくれることを願います。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ヴィグとタイドの帽子の取り合い 可愛いですね! 
大樹もすごい状態ですね!! いつまでも仔馬の側で見守って欲しいです(かじられますがww)

タイド君は昼間放牧中に産まれていた仔。
きっと自然の力に恵まれ 力強い競走馬になってくれるんじゃないでしょうか・・・

『行かない!』と踏ん張る顔の口元が 2頭ともなんとも可愛いです^^;
2012/09/21(金) 22:04 | URL | 京都はんなり #-[ 編集]
ありがとうございます。
この2頭は、本当に仲が良かったですね。
あまりこの木の放牧地に放れたことがなかったため、奇妙な形をした幹に、最初は少し戸惑っているようでした。
まだまだ太いので、倒壊の危険はありませんが、本当にいつまでもつのか不安です・・・。v-22
2012/09/25(火) 23:50 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://foal.blog46.fc2.com/tb.php/661-5e6c98fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。