両雄、出発~アリュール

ここでは、「両雄、出発~アリュール」 に関する記事を紹介しています。
 水曜日、シンボリクリスエス牡馬を見送る、サウスヴィグラス牡馬とブラックタイド牡馬。

9・アリュール・クリス見送るヴィグとタイド
 

元気な4頭のグループは、この直後、3頭のグループとなって、外に放されました。

9・アリュール・3頭
 

あいかわらず活発な面々ではあるけれど、クリスがいなくなり、なんだか調子が狂う感じ。

いつもクリスと戦っていたアリュールは、ヴィグと対戦。

9・アリュール・ヴィグとアリュール
 

いつもヴィグと戦っていたタイドは、「あれあれ・・・」

翌朝の集牧時も、先頭切って駆けてきたクリスがいないおかげで、なんだか集まりの悪い3頭でした。

クリスがいた、数日前の夕刻。

9・アリュール・4頭駆ける
 

4頭は、たいてい、体が大きく賢いクリスを中心に動き回っています。

9・アリュール・4頭駆け足
 

そのそばにぴったりとくっついているのが、アリュール。

9・アリュール・アリュール
 

”ウマが合う”というのでしょうか。

9・アリュール・クリス
 

日頃から、この2頭はペアになり歩いていることが多かったように思います。

もうすぐ、別れが近いことを知っているのは、人間だけ。

9・アリュール・クリスとアリュール
 

感慨深く眺めていました。

そして、木曜日。

クリスが去った翌日、今度は、アリュールの出発です。

午前6時半頃集牧したため、まだ休んでいた午前9時。

9・アリュール・出発前
 

「おーい、行くぞ!」の声をかけられ、立ち上がるアリュール。

馬体重は、480㎏。

9・アリュール・横
 

誰が見ても「素晴らしい」とうなずく馬体。

そういえば、生まれた時から、色々な人に「いいこっこだ!」と評価を受けていたことを思い出します。

9・アリュール・顔
 

凛とした顔。

向かう先は、昨日旅立った幼馴染みがいる育成牧場。

幸運にも、1日遅れで、友達のあとを追いかけることが出来たアリュール。

ひょっこり出会ったら、どんな顔をするのだろうと、想像をふくらませます。

”両雄”と呼ぶにふさわしい競走馬になれるよう、ただただ頑張ってほしいと願います。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
アリュール君もとうとう出発しちゃったんですね(ノω・、) 
産まれた時の毛色で注目を浴び いつも馬体の素晴しさが目をひき(ムチムチのお尻画像可愛かったww)
アリュール君の将来を期待せずにはいられませんよね(≧▽≦)

yosseサンたちにとっても マックィーンと同じ日に産まれた事や
ココで産まれ育った馬が母となり産んだ初仔である事など 思い入れいっぱいなんじゃないですか?

クリス君と同じ場所に行くんですね!? もういっしょに相撲したりして遊べないけど
お互いの頑張る姿を横目に見ながら 2頭とも逞しく成長してくれる事を祈ってます☆
2012/09/11(火) 21:10 | URL | 京都はんなり #-[ 編集]
ありがとうございます。
次々と1歳馬が去っていき、急に寂しくなっている牧場です。
アリュールの一番の思い出は、祖母にあたる馬が我が仔を失ってしまった時に、なぜか彼女の方へ歩いていったことですね。今でも、昨日のことのように、覚えています。
あのこっこが生きていれば、どんな姿に成長していたのだろうとも思います。
とにかく馬体はピカイチです。順調にいくといいですね・・・。
さて、クリスはといえば、早速、厩舎長さんが乗っているとか。
うちで”お山の大将”だったため、結構わがままな振る舞いをすることもあるらしいのですが、すべて「面白いやつだなぁ」ととっていただき、笑顔の中で調教にのぞんでいるそうです。
幸せですね。そのうち、見に行きたいと思っています。v-22
2012/09/13(木) 13:39 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/09/14(金) 09:15 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://foal.blog46.fc2.com/tb.php/657-12d6f4cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック