両雄、出発~クリス

ここでは、「両雄、出発~クリス」 に関する記事を紹介しています。
 ハーツクライ牝馬に続き、存在感のある1歳馬2頭が、出発の日を迎えました。

シンボリクリスエス牡馬とゴールドアリュール牡馬です。

どちらも、昨年の4月に生まれた幼馴染み。

迫力のあるクリスと均整のとれたアリュールは、いつも共に行動する仲間で、”両雄”と呼びたくなるような存在でした。

一日早く、水曜日に出発したのが、クリス。

偶然、装蹄師さんの削蹄が入ったため、午後からの出発となりました。

最後の削蹄風景をおさめるために、午前8時に厩舎へ向かうと、いつものように顔を出すクリス。

額をなでながら、「あー、明日からもう君に会えないのかぁ」と、寂しい気持ちがわいてきます。

さて、始まった1歳馬16頭の削蹄。

ゴールドアリュール牡馬が出てくると、思わずうなる装蹄師さん。

9・クリス・アリュール削蹄
 

やはりバランスのとれた美しい体は、際立っているよう。

しかし、シンボリクリスエス牡馬が出され、廊下を闊歩すると、これまた彼の迫力に思わず笑顔がこぼれます。

「こっちもすごいっすね!」

「いやぁ、何やるのも、アクションが大きくてね!向こうはちょっと動いたつもりなんだろうけど、力があるから大変なんですよ」

と、リーダーが話している先から、ひいている綱で遊び始め、バランスを崩して、「おっとっと」

9・クリス・削蹄
 

とにかく巨体なので、扱う方も大仕事。

どんな競走馬になるのでしょうか。

調馬策をかけた時の様子としては、素直で、見た目より軽い動きだったようです。

馬房に戻され、窓から顔を出すクリスを、そっとのぞきました。

毎日、こんな景色を眺めながら、

9・クリス・今まで見てきた眺め
 

何を思っていたことでしょう。

9・クリス・穏やかな横顔
 

実は、前日の火曜日に、3歳の全姉が戻ってきました。

9・クリス・姉
 

札幌でのラストランは、どう見ても「走りたくない」と、完全に気持ちがどこかへ行っていて、是非その心境を馬に聞いてみたいと思った私ですが・・・。

イライラ、カリカリしていた到着時と違い、穏やかな顔を見せてくれました。

9・クリス・姉翌日
 

この後、全弟が、競走馬になるために育成牧場へ旅立つとも知らず・・・。

彼女も、母や兄のおかげで、「繁殖に」との声がかかり、準備が整い次第、第二の道を歩きにいきます。

続いていく削蹄。

ディープインパクト牝馬。たてがみをかいてくれるスタッフに、器用にお返しをする、お茶目な一面もあり。

9・クリス・ディープ削蹄中
 

カンパニー牝馬。

9・クリス・カンパニ削蹄
 

3月生まれディープインパクト牝馬。彼女は、クリスやアリュールの唯一の牝馬の幼馴染み。

9・クリス・ディープ3削蹄
 

今年は、蹄が傷んでいる馬がほとんどおらず、皆良い状態で夏を越せました。

午後2時。

いよいよ、クリスの出発。

9・クリス・横写真
 

馬体重は、500㎏ちょうど。

9・クリス・馬運車へ
 

皆の見送りを受けながら、馬運車へドドーンと乗っていきました。

9・クリス・馬運車
 

到着先の育成牧場での第一声が、「でっかいですね!」

そして、くりっとして気の良さそうな目に注目が集まり、「顔でっかいけど、かわいい」と笑われたとか。

それらをl聞いて、とても安心しました。

人から愛され、頑張るクリスの姿が目に浮かんできます。

次に会える日が、楽しみです。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
いつもブログ楽しく読んでいます

ベルーナちゃん無事に生まれ故郷に戻られたのですね
先日の札幌でのレース、現地で見ていたのですが、故障だったらどうしようと心配していたので安心しましたe-268

皆それぞれ新たなスタートですね
応援していますe-265
2012/09/10(月) 16:08 | URL | よーたん #-[ 編集]
ジャンボクリス君とシルバーグレーの毛色が印象的だったアリュール君
とうとう旅立ちなんですね('◇')ゞ

先が本当に楽しみであると同時に ブログで色んなしぐさの写真がもう見れなくなると思うと残念ですし
厳しい世界に飛び込んでいくんだ・・・と思うと切ない気持ちになりました(。-´ェ`-)

ベルーナはこちらのファームで繁殖生活を送れるんですね?!幸せな事です☆ 
クィーンの時のようにだんだんとファームの事を思い出してくれるんじゃないでしょうか?(*´I`*)
走る事は嫌い?だったかもですが(苦笑)しばらくのんびりして良い母になってネ☆
2012/09/10(月) 22:20 | URL | 京都はんなり #-[ 編集]
上記の書き込み、絵文字の選択ミスで感じ悪くなっちゃっててゴメンナサイ・・・
2012/09/11(火) 12:31 | URL | よーたん #-[ 編集]
ありがとうございます。
ベルーナは、とても元気ですよ。
到着した直後は、落ち着きなくカリカリしていましたが、翌日から、パドックでゆっくり食事をしています。
でも、隣に放していた乗馬用の馬を遠くへ移すと、「どうして行っちゃうの?」と走ったり跳ねたり、大騒ぎ。
感情の起伏の激しい馬なんですね・・・。
そういう面が、競走馬として良い結果を残せなかったことにつながっているのかもしれません。
しばらくうちで過ごすことになりますが、繋養先が決まり次第、出発していきます。
今度は、繁殖牝馬として結果を残せるよう、応援していきたいと思います。v-22
2012/09/11(火) 12:54 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
今年は、早いうちに、インパクトのある馬たちが旅立っていきます。
私も、育成牧場での様子を、張り付いて見ていたい気分ですが、距離も遠く、なかなか訪問できません。
チャンスがあれば会いに行き、またその成長の度合いをおっていきます。
ベルーナは、今しばらくここで過ごしますが、「繁殖牝馬にしたい」という声をいただいているようで、決まり次第、そちらの牧場へ移ることになります。
引退後の行き先は、私も心配していたので、本当に良かったです。(本当は、みんな牧場に戻ってきてほしい思いですが、馬房数など現実はなかなか厳しいので・・・。)
新たな出発をきれるベルーナは、幸せですね。
繁殖牝馬としての結果を残すことが出来れば、また注目を集めることもできます。
どこに行っても、応援し続けたいと思います。v-22
2012/09/11(火) 13:25 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
わざわざありがとうございました。
気になさらないでくださいね。v-22
2012/09/11(火) 13:26 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/09/11(火) 22:29 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://foal.blog46.fc2.com/tb.php/656-d8c341fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック