ハーツ出発

ここでは、「ハーツ出発」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日は、大安。3頭の1歳馬 が出発していきました。

まずは、栗毛のフジキセキ牡馬。

9・ハーツ・キセキ牡馬
 

4月から5ヵ月預かった育成馬です。

そして、栗毛のキングカメハメハ牡馬。

9・ハーツ・キンカメ牡馬
 

こちらも5ヵ月育成。どちらも同じ町内の育成牧場へ運びましたが、同じように運ばれてきた馬たちで、にぎわっていたそうです。

午後の一番で、隣町の育成牧場へ移っていったのが、ハーツクライ牝馬。

いよいよ、1年半もの間育ててきた愛馬の出発。最後の手入れにも力が入りました。

9・ハーツ・手入れ
 

厩舎に仲間たちが入っているので、おとなしく、いつものように静かにしているハーちゃん。

馬体重は、450㎏。

少し日に焼けて、毛色が明るくなりましたが、父親に似た体型だとつくづく思います。

9・ハーツ・横
 

さて、馬運車へ向かう友達を見守るのは、幼馴染みのディープインパクト牝馬。

9・ハーツ・ディープ横顔
 

「肢に変なものをつけて、何してるのかしら」と思っていたのでしょうか。

厩舎の裏手につけてある馬運車へ歩いていく様子を、

9・ハーツ・馬運車へ
 

カンパニー牝馬を始め、ほかのグループの馬たちも皆、少し驚いた顔をして見送っていました。

9・ハーツ・見送るカンパニーほか
 

「さて、乗るかな?」

9・ハーツ・一瞬立ち止まる
 

心配していた馬運車乗り込み。一度立ち止まったものの、二人がかりでお尻を押すと、すんなりいきました。

馬運車におさまったハーちゃん。

9・ハーツ・馬運車の中
 

後ろの扉がガタンとしまり、いよいよ車のエンジンがかけられた時、大きな声で、ゴールドアリュール牝馬がいななきます。

9・ハーツ・叫ぶアリュール
 

一部始終を見ていたアリュールの哀しい叫び。

きっと「どこへ行くんだろう?」と思ったに違いありません。

ハッとしたのか、馬運車の中からもいななきが聞こえ、背が高いハーツの鼻先が、後部扉のわずかな隙間から、のぞいていました。

9・ハーツ・鼻
 

母と離乳したあの日に続き、2度目の別れです。

同行できなかったので、無事に育成牧場に送り届けて帰ってきたリーダーに、その後の様子を聞くと、車内ではとてもおとなしく、到着してからも落ち着いていたそうです。

育成先は、偶然にも、なじみの牧場で、この先も訪問する機会があるのが幸い。

1年後のデビューを目指し、ハーツの挑戦が始まります。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
読んいてジーンとしてしまいました。
すっと側で関わってこられたyossieサンはもっと感慨深いモノなんでしょうね・・・

ハーちゃんの姿をみんなが馬房から顔を出して見送る姿に(ノω・、)
アリュール牝馬が哀しく叫んだとありまたまた。(゚うェ´。)゚
そう言えば最後の離乳となったハーちゃんが 母を捜し慌ててる時に
何度もグルーミングしに行ってくれてたのがアリュールちゃんでしたね(。uωu)

最後に鼻先を必死に覗かせ挨拶してくれたハーちゃんの
育成牧場で頑張る姿にyosseサンが会いに行かれた時は またブログ掲載お願いします。
きっとまたカメラ目線で立派に頑張る姿を見せてくれる事でしょうね^^
2012/09/06(木) 22:08 | URL | 京都はんなり #-[ 編集]
私も、ジーンとしてしまいました。
1年半もの間、愛情いっぱい注いでこられた愛馬の旅立ちは、嬉しくもあり、寂しさもありますよね。
みんなで仲良く過ごしてきたのを思い返すと、切なくなってしまいます。
仲間たちみんなでハーちゃんの様子を見守ってるかのような様子も、きゅんと心に染みますよね。
最後に鼻を覗かせたハーちゃん。
きっと「いってきます!」と言ってたんだと思います(*^^*)
がんばれ!ハーちゃん♪( ´▽`)

今日は、阪神競馬場でリボルバーくんの応援して来ます♪( ´θ`)ノ


2012/09/09(日) 10:20 | URL | なつみかん #-[ 編集]
リボルバーくん!
優勝おめでとうございます\(^o^)/

目の前で、リボルバーくんの勝利を見届けられて興奮しました!!
パドックでも、颯爽と歩いていて凛々しかったです!
額にかかった前髪(たてがみ?)も、めっちゃかっこよかったです(#^.^#)
熱い視線を送っていたら、こっちを見てくれて目が合いました!笑

今後の活躍も楽しみですね♪( ´▽`)
2012/09/10(月) 06:54 | URL | なつみかん #-[ 編集]
彼女が数日後に出発すると聞いた瞬間から、なんとも寂しい気持ちでした。
人間臭くじっと考えたり、いたずらする様子が、ひとつの魅力でした。
馬運車に乗る瞬間は、それほど騒ぐこともなくスムーズで、ホッとしました。
やはりこの先も、小さなことに動じず、堂々とした馬になってほしいからです。
でも、閉められた扉のわずかな隙間からのぞいていた瞬間、「やっぱりハーちゃんだ!」と思いました。
そういう人間臭さが彼女らしさ。これからどんな姿を見せてくれるのか、ますます楽しみです。
また是非会いにいきたいと思います。v-22
2012/09/10(月) 21:30 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
ありがとうございます。
生まれたのは昨年。
ついこの間のことのように思えるのに、いつの間にか、もう巣立ちの時です。
サラブレッドの成長は、早いですね。
4頭の仲間は、1年半の間、一緒でした。
彼女たちの間に、どんな関係が出来上がっているのか、私にもわかりません。
だから、別れの瞬間をとても注目していました。
それぞれの顔の表情が真剣で、心を打たれましたね・・・。
競走馬になれば、自分との闘い。
相手のことなど意識してはいられないので、いつの間にか、この幼馴染みとの思い出は消えてしまうかもしれませんが、共に歩んだ仲間として、私は記憶しておきたいと思います。v-22
2012/09/10(月) 21:45 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
最終レースなのに、しっかり応援してくださったようで、本当にありがとうございました。
私は、出先から帰り、開けておいた窓から吹き込んだ雨の始末に追われていて、時計を見ると16時9分。
大慌てで、テレビを入れると、なんとかスタート時間に間に合いました。
今回ほど、1800mが長く感じたことはありませんでしたね。
最後の直線はハラハラしましたが、底力を見せてくれ、一同拍手喝采でした。
なかなかない勝利の瞬間に立ち会ってもらえて、光栄です。
今回は、一度勝ったことのある、500万条件ですが、1000万でも通用していたので、これからがもっと楽しみですね。
覚えてなかったとしても、私も競馬場で会ってみたいです・・・。v-22
2012/09/10(月) 22:00 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://foal.blog46.fc2.com/tb.php/655-443248ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。