ハービンジャーの牡馬、誕生

ここでは、「ハービンジャーの牡馬、誕生」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日、午前2時55分、父ハービンジャーの牡馬が誕生しました。


4・ハー・誕生後まもなく 


コンデュイットの牝馬誕生から、わずか10分後の出来事。

母は予定日から11日遅れの出産でしたが、正常分娩だったので、ひとりで力強く産んでくれました。

もう13歳になるベテラン母。

近頃、放牧地や馬房でぐったりと寝ている姿をよく見かけ、心配したにも関わらず、大安産。

一足先に出産したクロちゃんに手がかかったため、とても助かりました。

どこからか帰ってきたミケがじっと見つめる中、元気な仔馬は、立とうと動きます。

体を起こした姿が、ひと月前に生まれたハービンジャー牝馬にそっくり。


4・ハー・体を起こして 


後ろ肢2本に少し長いソックス(白)をはいていて、そんなところは父親にそっくりだと思いながら、見つめました。


4・ハー・ソックス 


隣の馬房からは、キングカメハメハ牡馬が精一杯背伸びをして、母馬と一緒にこちらをのぞいています。

生まれたばかりのハービンくんの、きっと良い遊び相手になってくれることでしょう。

後陣痛の痛みに耐えかね、ゴロを打ち出した母。

仔馬を踏んでしまわないかとハラハラする場面もありましたが、これがまた上手に我が仔を避け、前肢を出して立つのです。

あちらとこちらと、2つの馬房を交互に見守っているうちに、いつの間にか窓の外が明るくなり始めているのに気付きました。

時計を見ると、朝の4時15分。

ハービンジャー牡馬誕生から、もう1時間以上が経過していますが、まだ立ちません。


4・ハー・立とうと 


動いたり、寝たりを繰り返していた仔馬は、それから15分後、いきなりすくっと立ち上がりました。


4・ハー・立ってペロリ 


時間がかかっただけあって、しっかりと寝藁を踏みしめて。

急に張ってきた乳を飲まそうと、仔馬の周りをぐるぐる回る母馬。

「相変わらず忙しい性格だなぁ」と、苦笑いしながら、その場を離れましたが、さすがベテランさん、辺りがすっかり明るくなる頃には、上手に乳を飲ませていました。

これは、誕生から6時間後のハービンくんの寝姿。


4・ハー・6時間後 


「もう、そろそろ起きないの?」と顔を近づける母に、ソックス付きの肢で、寝たまま一蹴する瞬間を見てしまいました。

「うわっ!やるぅ!」

これは、今後のかなりのわんぱくぶりが期待されます。

隣の馬房の同じ誕生日の仔馬、コンデュイットちゃんも、まだ夢の中でしたが、元気そう。

4・コン・6時間後 

母馬に、好物のミントキャンディをあげているうちに、「あ、起きた!」

4・コン・起きた 

ハービンくんは、なかなか起きてくれなかったので、その後、また1時間後に出直しすると、

4・ハー・ハービンくん 

鹿毛馬目白押しの生産馬の中で、ひとまず見分けやすそうな顔を見せてくれました。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://foal.blog46.fc2.com/tb.php/612-dab881f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。