パドック登場

ここでは、「パドック登場」 に関する記事を紹介しています。
昨日は、大きなボタン雪が降り、午前中のみの放牧となってしまった仔馬たち。

今朝は、早春の柔らかい光を浴びて、一段と元気そうに見えます。

生後6日目のハービンジャー牝馬。

稚魚・ハービン顔 

ちょっと遠くから「なんだろう?」という顔をして、見つめていました。

まだ少し警戒心がありますが、たびたび母親から離れて、伸びのある体で元気に跳ねまわっています。

稚魚・ハービン前 

そしてこれが、昨日からパドックに登場した、生後4日のキングカメハメハ牡馬。

稚魚・キンカメ顔 

よく見ると、額に小さな差し毛があり、そんなところは父親似。

当初、母親の乳の出がよくなかったのか、元気が足りない気がして心配しましたが、母の乳房が張るにつれ、パワーが出てきました。

お母さんは、そんな我が仔が大好き。

稚魚・かわいがる 

キンカメくんも、お母さんが大好き。

稚魚・キンカメ母に 

母のぬくもりを感じつつ、なんとなく、こうしてまとわりついて、

稚魚・キンカメ母と 

眠たくなると、母親の目の前にちょこんと座ります。

稚魚・キンカメ座る 

キンカメくんが眠ってしまったので、ほかの仔馬たちを観察するために、移動する途中、小川に動くものを見つけました。

昨年の秋に、たくさん産み付けられたシロザケの卵。

そこから孵化した稚魚の姿でした。

稚魚・サケ稚魚 

たくさんの群れをつくって、上流を向いたまま、徐々に川を下っています。

稚魚・サケ稚魚の群れ 

大きな海原へと、仔馬たちより一足早く、出発を始めているサケの稚魚。

厳しい自然の中で生き残り、ここへまた戻ってくるのは、いったいどの子だろうかと、思わず体を乗り出して見入ってしまいました。

さて、再びパドックに戻ると、いつも産後はこうして体を伸ばす、ハービンジャー牝馬母さんの寝姿あり。

稚魚・ハービン母と熟睡 

キンカメくんは、もう起きて乳を飲み、舌をぺろりと出しているところ。

稚魚・ぺろり 

彼らはまだまだのんびり。これからたくさん母に甘え、友達をつくり、ここで大きくなっていきます。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://foal.blog46.fc2.com/tb.php/598-8a59a62d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック