育成牧場の2歳馬~後編

ここでは、「育成牧場の2歳馬~後編」 に関する記事を紹介しています。
2010年生まれの生産馬の中で、移動の時に、一番てこずったのが、リンカーン牡馬でした。

小さい頃から、好奇心旺盛なやんちゃ坊主。

それでも人間の指示はきちんと聞けるので、心配していなかったのですが、

昨年の秋、育成牧場へ移動する前に写真を撮ろうとすると、てこでも動かず。

なんとか馬運車に乗せて、移動していった経緯があります。

行った先でも、「降りない」「進まない」「入らない」の頑固ぶり。

一時は、「どうなることやら」と心配した問題児が、ついに現れました。

1・育成2・リン
 

「いやぁ、いいんですよね」

厩舎長さんからは、移動後しばらくして聞いた言葉と、同じ言葉が返ってきて、一安心。

当初、迷惑をかけたにもかかわらず、運動を始めると、なかなかの動きを見せ始めたようで、楽しみな存在になってきました。

思い返すと、初めての整歯の時も、暴れていた馬。初めて何かをする時に、どうしても、頑固になってしまう性格なのでしょう。

壁を乗り越えれば、後はポンと一直線。そうなってくれるよう、願います。

1本目の坂路を終えて、2本目の坂路へ。

1・育成2・リン2本目へ
 

小顔で、きりっと男らしい顔は、また少したくましくなっているように感じました。

今度は、併せ馬。

1・育成2・リン坂路
 

隣の2歳馬は、以前のような覇気が無くなったとかで、調教にも試行錯誤を重ねているようです。

デビューまで、早いものでもあと数ヵ月。

育成牧場では、そこに持っていくまでの長い時間をどのように費やすか、1頭1頭に合わせたメニューを考えています。

話を聞きながら、これまでの経験と知識を重ね、日々馬と対する牧場の方々の努力には、頭が下がりました。

さて、馬場に入り、ゲート通過。

1・育成2・リンゲート
 

問題なく、メニューをこなしたリンカーン牡馬が、戻ってきました。

1・育成2・リン馬場にて
 

みんなと同じように、手入れをしてもらいます。

1・育成2・リン手入れ
 

クリッとした大きな目。これからも、自分のペースで一歩ずつ歩んでくれるでしょう。

同じく生産馬である、プリサイスエンド牝馬は、別の厩舎で会うことができました。

1・育成2・プリサイス
 

中期育成をしたフジキセキ牝馬。

1・育成2・フジキセキ牝
 

ブラックタイド牡馬も、順調です。

1・育成2・タイド
 

今後の成長を楽しみにしつつ、まだ遠い春を待ちたいと思います。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちは(^-^)
2歳馬、みんな順調で良かったです。

ユニクロのCM で、競走馬育成調教員の方が、「1歳馬、まだ人を乗せた事もない、鞍を付けても怖くないとか教えたり、慣らしていく。調教が始まると走るようにしむける、走る気持ちにさせていく」
と言っていた事を思い出しました。
みんなもこうやって、それぞれに合った調教をされているんだなぁ~と感心しました。
このCM とJRA のCM は大好きで、流れると手を止めてみいっちゃいます(^-^)

みんなが無事、デビューできますように。
みんなが活躍できますように。
2012/01/27(金) 22:08 | URL | パカパカ #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/01/30(月) 13:23 | | #[ 編集]
ありがとうございます。
ここにいる2歳馬は、順調そうでしたね。
見ていると、中には、骨の状態が良くなく、休んでいる馬もいました。
育成牧場で、こつこつと調教が進むことは本当にありがたいと思います。
まだまだ先は長いので、無理せず、その馬なりにゆっくり進んでくれればいいですね。
CMに馬が出てくると、私も、つい釘付けになります。
どんなに寒い日も、運動を続ける育成牧場の方々の仕事ぶり。
地味ですが、馬たちにとっては、重要なステップであり、もっと注目されても良いのではないかと思います。
たくさんの方々のおかげで、1頭の馬がデビューしているということ、私もこうして生産馬を追ううちに分かってきました。
デビューしたら、是非、そんな思いで見守ってください。v-22
2012/01/31(火) 10:56 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://foal.blog46.fc2.com/tb.php/575-118d1666
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック