懐かしい1歳馬たち

ここでは、「懐かしい1歳馬たち」 に関する記事を紹介しています。
こちらは、日曜の未明に降った雪で、ますます白くなった放牧地。

12・育・当歳馬雪中にて
 

土曜の朝は、この冬一番のマイナス15℃を記録するなど、厳寒の日が続いています。

今日も、最高気温がプラスにならない真冬日でした。

冬毛がびっしりと生えた当歳馬たちは、ふかふかの雪であし抜きの良くなった大地を、元気に駆け抜けています。

さて、同じ北海道・日高地方といえど、場所によっては、雪の降り具合がまったく違うらしく・・・。

車で1時間半少々走った、この育成牧場辺りは、ほとんど雪が積もっていません。

12・育・ディープ出動
 

これは先週火曜の画像ですが、今週も雪はほとんどないとか。

そんな中調教に励んでいるのは、昨年生まれた1歳馬、ディープインパクト牡馬です。

10月にこちらへ移動してから、順調に運動が進んでいます。

「あれ、うちから行った馬ですよね」と厩舎長さんに確認して、急いで追いかけましたが、

よく見ると、こちらでは、5月生まれのアグネスタキオン牡馬が出てきていて、

12・育・タキオン牡
 

「うわっ!どうしよう!」

とりあえず、グッドタイミングで調教の始まったディープに専念することを決め、静かに見守りました。

12・育・ディープ馬場にて
 

角馬場で体を動かした後、ほかの2頭と共に、コースへ入るディープ。

互いに距離を空け、単走でキャンター。極力邪魔にならない位置から見ていると、あっという間に終わってしまいました。

12・育・ディープコースを出る
 

反抗もせず、ひたすら真面目に走っている印象。

角馬場では、常歩でじっくり乗られ、最後はゲートもすんなりと。

12・育・ゲート練習
 

きっと最初は緊張しただろうな・・・と想像しながら、ここまでの努力をたたえたい気持ちでいっぱいになります。

12・育・調教終了
 

洗い場で馬具を解かれると、なんだかホッとした表情のディープ。

12・育・洗い場
 

「君も、ここでしっかりとメンバーの一員になってるね・・・・」

12・育・ディープ顔
 

厩舎に戻ると、やはりこの育成牧場で育成中の1歳ネオユニヴァース牡馬やリンカーン牡馬は、外に出された後で、すでに馬房内に入れられており、残念でしたが、

違う厩舎へ移動すると、ついこの間までうちにいた懐かしい面々に再び会うことが出来ました。

生産馬、プリサイスエンド牝馬。

12・育・プリサイス牝
 

預かっていたブラックタイド牡馬。

12・育・タイド牡
 

フジキセキ牝馬。

12・育・キセキ牝
 

ゼンノエルシド牡馬。

12・育・エルシド牡
 

ダイワメジャー牡馬。

12・育・メジャー牡
 

みんな1ヵ月から2ヵ月の間に、また立派に成長している様子。

進度の差こそあれ、それぞれに頑張っていることがよく分かりました。

もう一度、先ほどの厩舎に戻り、写真を撮れなかった2頭の生産馬のもとへ。

皆、運動や手入れが終わり、昼前の飼い葉をもらったばかり。

ネオくんは、びっくりして顔をあげた後、近付いてきてくれ、どうやら覚えている表情。

12・育・ネオ牡
 

調教の動きも良く、現時点では、タキオン牡馬と共に、目をひく1頭のようです。

出発前に困らせてくれたリンカーン牡馬。

12・育・リンカーン牡
 

この仔は、学習してしまえばなかなか良いそうで、今ではすっかりここに慣れ、真面目に走っている様子。

生まれてから1年半。初めて違う場所へ移動し、今までとはまったく違う生活が始まった彼ら。

私たちのもとを去り、少し遠い存在に感じながらも、”うちの仔”として見守る愛情は変わりません。

「来年もまた会いに来よう・・・」そう思いました。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/12/21(水) 14:34 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://foal.blog46.fc2.com/tb.php/566-54675153
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック