離乳~静かなる別れ(仔馬編)

ここでは、「離乳~静かなる別れ(仔馬編)」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生後5ヵ月に近くなり、友達と遊ぶことが増えた遅生まれ組3頭。

10・離乳・3頭 

昨日、シンボリクリスエス牝馬を残し、離乳をしました。

正午前、いつもと違う時間に放牧地へやって来るスタッフに、「なあに?」という表情のダイワメジャー牝馬親仔。

10・離乳・メジャー親仔 

もう1組の牡馬親仔も、お母さんだけひかれ、出入り口へ向かいます。

10・離乳・母をひいて 

じゃれつくメジャーちゃん。

2頭の母馬だけ、外に出したところで、馬栓棒を閉めました。

「母さんは、どこへ行くの?」と、不思議な表情の仔馬2頭。

10・離乳・母さんは? 

奥の放牧地へひかれていく母は、我が仔が付いてきていないことを知り、一度だけ鳴きました。

「え?お母さんは、どこ?」

10・離乳・どこへ行ったの? 

戸惑いを隠しきれない、男の仔。

シンボリクリスエス牝馬の母さんも、「え?みんなは、どこへ行ったの?」と、しばらく騒いでいましたが、少しして、この考え込むような顔。

10・離乳・ビューティ 

離乳の現実を、分かったようでした。

肝っ玉が太かったのが、この女の仔。

10・離乳・メジャー 

ダイワメジャー牝馬。「状況が分かってない?」と、疑うほど、いつもと変わらず、この笑顔。

牡馬とは対照的に、のんびりモードで、草なんか食べていました。

そして、1頭だけ、お母さんがいて、”心配ご無用”のクリスちゃんは、元気いっぱい。

「やぁ!」

10・離乳・クリス1 

「とぅ!」の二刀流。

10・離乳・クリス2 

のんびりメジャーと活発クリスにはさまれて、牡馬くんも、鳴いてなんかいられません。

時折、思い出したように鳴くものの、本当に静かな、さりげないお別れでした。

これから、早生まれ組の仲間たちのように、もっと大きく成長していきます。

10・離乳・みんなで 

来週は、クリスちゃんの、離乳。全馬の離乳が、無事に終わるよう、最後まで見守りたいと思います。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
なんかホロッと来てしまう場面です。メジャーっ仔がケロッとしている事に少し救われますが、仔馬たちよりも母馬達がどんな気持ちなのかなぁ?って思ってしまいます。「そう言えば昔私もお母さんとああやって別れたっけ・・・」と思っているでしょうか。親と別れ、仲間と別れ、その分子供たちには新しい良い出会いが待っていて欲しいですね。

今までに離乳が無事でない場合などはありましたか?鳴いて暴れてケガしちゃうとか。
2009/10/06(火) 16:08 | URL | こうべっこ #-[ 編集]
クリスチャンの離乳が一番最後とは正直驚きました。
ベテランママであるクリスチャン母が「他の仔まで面倒をみる係」に抜擢されたのでしょうか?

離乳のショックからの立ち直りは男の子よりも女の子の方が早いと耳にしますが、流石、スカーレットブーケの血を引くメジャーちゃん、肝っ玉が据わっていますね。

厩舎に戻ってからの2頭の様子も気になります。
2009/10/06(火) 23:12 | URL | britney #.Fm3jDY.[ 編集]
母馬たちの様子は、私も気になり、この後、すぐに見てきました。
新しい仲間や久しぶりに会う仲間に囲まれ、気もそぞろ。
でも、やはり仔を探す仕草は、何度も見られました。
メジャー母にとっては、宝物をとられたような気分かもしれませんね。
でも、彼女たちは、時と共に、悲しみを乗り越えてくれます。
私たちも、それが救いで、翌日には、叫ばなくなりました。

離乳後の事故は、当牧場ではありません。
しかし、以前、知人の牧場の仔馬が、離乳後、別の牧場へ移動したところ、数日後に死んでしまったという話を聞きました。
放牧地で放している頭数が多く、駆け回っている際に、他馬とぶつかり、予後不良になったようです。
精神的に不安定な時期は、危険と隣り合わせだということを肝に銘じて、仕事にあたっています。v-22
2009/10/08(木) 14:24 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
そうなんです。
遅生まれの3頭は、ほとんど生まれが一緒のため、成長はほぼ一緒。
どの仔もパワーがあり、正直なところ、「早く離乳したい」と思わせる3頭でした。
そして、母親も、去年のダンス母さんのように、ものすごく仔馬に大らかな母は、無し。
どの母も、今年は、周りの仔に厳しかったので、あえて残すなら「クリス母さん」でした。
でも、今では、ほどほどに3頭の面倒を見てくれていますよ。
やはりベテランですね。

牡馬は、厩舎に入ってからも、母を呼んでいましたが、牝馬は、やはりケロッとして、飼い桶の飼料をぺろっと食べていました。
でも、二日目の後半には、まったく鳴かなくなり、別の母を残す作戦は、精神的に負担の少ない離乳の仕方だと思います。
牡馬は、少々体が小さめですが、パワーがものすごいんですよ!将来が楽しみです。v-22
2009/10/08(木) 14:42 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://foal.blog46.fc2.com/tb.php/311-bd38b48e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。