クロフネ牡馬の初期馴致

ここでは、「クロフネ牡馬の初期馴致」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親友がみんな行ってしまった、クロフネ1歳牡馬。

彼は、当牧場で、初期馴致を行うことになっており、ただ今、進行中。

素直で、物覚えがよく、トントンと進んでいます。

10・馴致・立ち姿 

ロンギ場のわずかなすき間からのぞくと、

10・馴致・砂の上 

懸命に指示をきくクロくんの姿がありました。

10・馴致・芝の上で 

芝の上も、アスファルトの上も、問題なく歩行。

馬具を装着することに、少しずつ慣れ、人間の指示通り、きちんと動いています。

今日は、初めて、人を乗せることも経験。

スタッフが飛び乗りした瞬間、ビクッと逃げ腰になりましたが、声をかけつつ、落ち着かせます。

まずは、狭いところで、軽く、乗り慣らし。

10・馴致・乗せる 

「よくやった!」と、ほめてあげることも肝心。

予定のメニューをこなし、馬具を外されたクロは、サンシャインパドックに放されました。

汗をかき、くたくた。体力的にではなく、精神的に疲れた感じで、声をかけても落ち着かない様子・・・。

10・馴致・パドック 

すると、そこへ、ガラガラガラと音を立て、乗り物を引っ張る、小さな子供が登場。

「あれれ?何、してるの?」とでもいうように、赤い車の後を、一緒についてまわるクロフネ

10・馴致・あれれ? 

そして、ピタッと止まって、何かをし始めた子供に、そうっと、顔を近づけ、見守るクロ。

10・馴致・何してるの? 

いつもの彼に戻りました。

ガラガラという音に、向かいの放牧地の牝馬たちも、駆けてきて。

10・馴致・牝馬 

1年前まで、一緒に放れていた、ディープインパクト牝馬。

10・馴致・ディープ 

そして、一番の幼なじみ、ダンスインザダーク牝馬。

10・馴致・ダンス 

みんな見違えるほど成長して・・・・、この後また、それぞれの道を歩んでいきます。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
車を引いたおこちゃま、メルヘンです。かわい過ぎ!抱きしめたくなりますね。けな気なクロくんも撫で撫でしたいです。選ばれし優秀な父母の血を極め続けるサラブレッドたちこそ地上で一番美しい生き物だと言われるのが解る気がします。クロフネお父さんはとても気のいい、人間好きな馬だそうですね。ネオのお兄さん(父クロフネ)は父にちなみ船の名前がつきましたね。センスのいい名前でよかった。クロくんもネオもいい名前をもらえますように!
2009/10/06(火) 00:03 | URL | sakura仔 #mQop/nM.[ 編集]
ありがとうございます。
ネオの半兄は、「シキナミ」と名付けられたようですね。
オフィス・コパに所属する、3人組のアーティスト「Shikinami」と関係していると聞きました。
「Shikinami」は、「重浪」(重なり合い、絶えず波を立てている)に由来した名前。
きっと、父親のクロフネから連想され、馬にもその名を重ねられたのでしょう。
戦艦にも「しきなみ」という船があるようですが、私が聞いたところは、上のような話でした。
いろいろな解釈が出来るのが、カタカナ表記の面白さでもありますよね。
たくさんの人の胸に残る、活躍をしてくれたら、と思います。v-22
2009/10/08(木) 14:14 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://foal.blog46.fc2.com/tb.php/310-120e51f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。