8月~夕刻の馬

ここでは、「8月~夕刻の馬」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道は、今が一番暑い季節!

とはいえ、太陽が落ちると、あっという間に、ひんやりした空気におおわれます。

ただいま、全馬、昼夜放牧中。

夕涼みは、気持ちが良さそうに見えます・・・・が。

実を言うと、蚊やブヨなどの虫がたくさんいて、馬も人もうんざりの時間なのです。

こちらは、5月生まれグループの親仔たち。

8・夕刻・遅生まれ 

少し見ない間に、大きく成長していました。

ダイワメジャー牝馬。

8・夕刻・メジャー 

顔の産毛がきれいに取れて、なんだかすべすべの肌触り。それと共に、顔つきも精悍になってきました。

シンボリクリスエス牝馬。

8・夕刻・クリス 

額の差し毛が、あいかわらず一番星のごとく、光っています。

じっとしていると蚊が寄ってくるので、絶えず歩いている馬たちは、忙しそう。

しっぽもパタンパタンとはたいて、夕焼け空に小さなシルエット。

8・夕刻・親仔で 

白い霧が出てきたので、ずっと奥の放牧地へ向かうと。

「あれ?あれは馬ではない!」

8・夕刻・牝馬と鹿 

1歳牝馬たちの放牧地に、エゾシカの姿がありました。

馬たちは、もう慣れっこになっていて、驚きもせず、隣で、草を食んでいます。

「何か、動いた!」と思ったら、キツネ。それを不思議そうに追いかけ、出てきたのは、小さなバンビ。

先ほどの大きな母ジカは、緊張して、周囲に気を配る仕草。

まるで馬の親仔を見ているようで、しばし、体を固め、ほほえましく見入ってしまいました。

「あ、しまった!」と、思った時には、すでに遅し。長靴のすき間から入った、ブヨの赤いキスマークが、膝の下にくっきり。

人懐こい牝馬たちにも、もみくちゃにされ・・・・・、霧と共に、消えるように退散してきたのでした。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://foal.blog46.fc2.com/tb.php/287-c3d19ed5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。