身も凍る夕暮れ

ここでは、「身も凍る夕暮れ」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このところ、外は、寒い日が続いています。

天気は良いものの、日中もプラスにならず、冷たい風が、ヒューヒュー。

積もった雪が、風に吹き飛ばされ、その下に隠れていた氷が、ところどころ露出しています。

当歳デュランダル牡馬くんは、元気に跳ねながら、そのつるつる氷にあしを滑らせ、トッテン・・・。

かわいそうな光景に、「早く暖かくならないかな」と、気をもむ毎日です。

午後4時前、太陽がかなり傾いてから集牧される1歳馬たちは、

厩舎に戻れる時間が近いことを察し、出入り口付近に待機していました。

こちらは、預託育成中の牝馬。アグネスタキオンゴールドアリュールアグネスタキオンマンハッタンカフェを父に持つ4頭。

2・夕方・育成牝馬 

パキッと音のする氷の水たまりで遊んでいましたが、「もう入れてくれるの?」と、揃ってトコトコ。

「もう少し待って」と牧柵を離れると、あきらめて、また氷遊びの場所へ、戻っていきました。

2・夕方・牝馬氷に 

その土手際の放牧地と違い、吹きさらしの放牧地では、

夕日を背に、牡馬たちが、食事中。

2・夕方・牡馬 

風の吹く方向にお尻を向けて・・・。まともに風と向き合っている私は、芯まで凍りつきそうな状態。

耐え切れず、動き出すと、「あれ?何だ?」と、今頃気が付いた馬たちが、静止。

2・夕方・牡馬4頭 

ディープインパクトハーツクライクロフネネオユニヴァースくんたち。

寒さに強い動物とはいえ、こんな北の冬を乗り切る彼らには、改めて脱帽。

この強い精神力が、競い合いの世界を生き抜く根性とつながっているのだろうか、と感じました。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ブロッケンやりましたね!!おめでとうございますっ♪

前にyosshieさんが本馬場入場の時に入れ込んでて・・・と書かれてたので、今日は「落ち着いて、ブロッケン、落ち着いてがんばれ・・・!」と祈ってました。直線ではブロッケンの名前を絶叫し・・・最後のひと伸びは根性ものでしたよね。

応援させてもらってる馬が勝つとすごく嬉しいけど、屈腱炎から復活したカネヒキリも、顔面神経痛から復活したフェラーリピサもみんな勝たせてあげたい。勝負の世界はほんと厳しいです。。

記事と関係ないコメント失礼しました。早く馬たちが暖かい日差しを浴びれますように^^。
2009/02/22(日) 16:17 | URL | こうべっこ #-[ 編集]
サクセス ブロッケン君の優勝、おめでとうございます。
今日、初めて競馬場に行きました。
初めての競馬は、ブロッケン君と決めてました。

券の買い方が分からず、入場券しか買えなかったので、ビギナーズラックとはいきませんでしたが、十分幸運でした。

一緒に行った人も、競馬のことが分からないので、誰にも質問できないのですが、教えていただけないでしょうか。

①パドックで、ブロッケン君は、3人の人に引かれていました。他の馬は、一人でした。これはどうしてなんでしょうか。

②返し馬の時、ブロッケン君の走る姿が見えませんでした。ブロッケン君は、3人に付き添われて、とぼとぼ歩いている後姿だけが、見えました。
「どうしたのかなあ?走りたくないの? 嫌なの? 緊張しちゃったの?」

こんな質問をしてお許しください。
初心者でわからないものですから。

私はゴール近くで見ました。
でも、11Rは、人がすごくて、走っている姿は一瞬しか見えませんでした。ターフビジョンさえ、良く見えませんでした。

内田~、とか、させ~とか、行け~と、みんな叫んでました。
私は、なんにも見えないので、勝ったと分かった時だけ、「やったー、ほらね、だから言ったでしょ!」と飛び上がって喜びました。

③どういう席で、見ると、競馬がみえるのですか。

ウィニングランの時は、観客席のほうに顔を向けたブロッケン君の表情が見えて、嬉しくって、拍手!

おめでとうございました。
また応援に行きたいです!
2009/02/22(日) 20:38 | URL | 草ちゃん #mQop/nM.[ 編集]
早速、フェブラリーステークスのコメントをいただき、ありがとうございました!
早く記事を更新しなければ・・・と思いながら、夜中になってしまったので、こちらの記事に書き込んでもらうことになり、申し訳ありませんでした。
コメントを開いた瞬間、とても嬉しかったです。本当にありがとうございました。
どの馬にも、それぞれ今までの道のり・ストーリーがあるんですよね。
GⅠで勝つことが、どんなに難しいか、分かっているだけに、今回の勝利は、私たちには格別でした。
これからも、応援よろしくお願いします。v-22
2009/02/23(月) 16:15 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
ついに競馬場へ行かれたんですね。
しかも、当牧場育成馬のサクセスブロッケンの応援に!
人気のない中、勝てた要因の一つは、”草ちゃん”様の応援があったからではないか・・・と、勝手に考えてしまいました。本当にありがとうございました。
馬券の買い方を、初心者にも分かりやすく教えてくれる人が、良く目立つ場所にいてくれるといいですね。
今回は、単勝でも魅力のある配当だったので、馬券好きの方には、たまらなかったのではないかと思います。
さて、質問①のお返事です。
ブロッケンは、レースに入る前の準備段階で、「これから競馬だ!」と察して、入れ込んでしまう性格のようで・・・。
「気合い十分」なのは良いのですが、それが過ぎると、発汗がひどく、レース前に力を使い果たしてしまうこともあるのです。
調教師の方が、ぎりぎりに仕上げれば仕上げるほど(筋肉の引き締まった馬体に)、精神的にはかりかりしてしまう馬もいて、走るか走らないかは、紙一重。
今回は、スポーツ新聞にも載っていましたが、厩舎スタッフの方が、レース前に入れ込まないように、かなり工夫をされてのぞんだそうです。
その一つが、パドックでの二人びき。
馬を両横でなだめながら、落ち着かせ、余分な力を使わせない。
もう一つが、ご質問②の、返し馬で、走らせずに歩かせたこと。
レースだと思い、めいっぱい走ってしまう彼を、「まだだよ。まだだよ」と、落ち着かせた。
代わりに、当日の朝、しっかりひき運動や乗り運動を行い、ウォーミングアップをしていた・・・ということで、厩舎スタッフの方々の細かい心配りが、あの馬の力を、レースで最大限に発揮させたのだと思います。
もちろん、ほかにも、オーナーのお人柄や、ジョッキーの腕、外枠、距離、馬場状態など、あらゆる要因が、彼を勝利に導いたことも忘れてはなりません。
それにしても、”草ちゃん”様は、鋭い観察眼をお持ちですね。
初めての競馬場で、そのことにお気づきになるとは、さすがです。
最後のご質問③は、私より競馬場へ通っていらっしゃる方々の方が、よくご存知だと思いますが・・・。
GⅠレースを生で、良い席で見るのは、大変ですよね。普段のレースより、人の数も多くて。
指定席をとるとか、色々方法はありますが、私は、人ごみに紛れても、ゴール前の最前列で見るのが、一番感動します。
馬の蹄音を間近で聴くと、ぞくぞくっとしてきますよ。
また是非、生で、ご覧になってください。
パドックで、馬たちの顔や仕草を観察するのも、面白いです。v-22
2009/02/23(月) 17:17 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://foal.blog46.fc2.com/tb.php/195-071d78c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。