冬支度&当歳馬・削蹄風景

ここでは、「冬支度&当歳馬・削蹄風景」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今朝8時、富良野から、人参を積んだ、大きなトラックがやって来ました。

冬の間、馬たちに食べさせる人参、2トンです。

青草が食べられない冬季、乾草や飼料と共に混ぜて与えると、喜んで食べるくれるため。

午前中は、その人参の詰め替え作業に追われました。

11・人参到着 

馬用といえども、大きくて立派な人参。

あまりに上等なので、思わず、人間用に、数本失敬・・・。

来年の2月頃までは、冷蔵または冷凍の状態で、十分もつでしょう。

午後は、2時から、当歳馬15頭の”削蹄”が入ったので、1時半から集牧。

いつもより、かなり早い集牧に「あれ?」といった顔の馬たちでしたが、ディープインパクト牝馬たち遅生まれ組も、人間の気配を察し、出入り口まで、ちゃんと走って、集合してくれました。

今日の一番手は、Mr.Greeley牡馬。

11・削蹄・Mr.Greeley 

もうすぐ10ヵ月になる彼は、すっかり落ち着いて、おとなしく立っています。

その様子を、時折のぞいて見ていたディープインパクト牝馬。

今日は、いつもより、ちょっとご機嫌ななめで、動きたそうにしていました。

11・削蹄・ディープ 

まだ飼い桶の中の食事が終わってなかったためでしょうか。

「いやいや、こんなの、まだ全然動かない方ですよ!」と、装蹄師さんにフォローされ、ちょっと安心。

「早く、終わってね」と、のぞきこむディープちゃん。

11・削蹄・ディープ2 

装蹄師さんの一番のお気に入りで、「この仔は、いい顔してるなぁ」と、今日もまた、ほめられていました。

お次は、ダンスインザダーク牝馬。

11・削蹄・ダンス 

というところで現場を離れましたが、それから暗くなるまで、作業は続きました。

おかげさまで、明日からまた、あしもとすっきりで、駆け回る姿が見られることでしょう。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちわ♪

も、ものすごいニンジンの山ですね!?そう言えば、武豊騎手も昔家の人が厩舎からニンジンを持ってきてカレーに使ってたっていうエピソードを何かで読んだような・・・?馬が食べたって人が食べたって元は同じ「ニンジン」ですもんね(笑)?

削蹄にちなんで教えて下さい。蹄鉄って、いつからいつまで履くものなんですか?競走馬として現役の間だけ?だとすれば、そちらの牧場で暮らしてるお母さん馬やまだデビュー前の仔達はみんな履いてないんでしょうか?
2008/11/28(金) 13:53 | URL | こうべっこ #-[ 編集]
当牧場では、このニンジンのほかに、リンゴも山ほど購入しています。
こちらも北海道産のリンゴ。
リンゴも、もちろん、元々は人間用に作られたものなので、試食すると美味ですよ!
甘酸っぱくて、いい匂いに包まれています。

蹄鉄については、育成牧場へ行き、本格的な調教に入れば、履かせるところもあるようです。
生産牧場にいる仔馬、そして繁殖牝馬は、基本的には、履きません。
しかし、何らかの問題があり、それを矯正するために、つける場合もあります。v-22
2008/12/02(火) 01:35 | URL | yosshie2 #uvrEXygI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://foal.blog46.fc2.com/tb.php/152-3933d15d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。