北の小さな牧場から、競走馬を目指す仔馬の成長を、写真と共に綴ります。
■牧場の1年

誕生 雪・早春親仔 仔馬の顔
牧場のは、仔馬の誕生と共に始まります。

春・仔馬2頭 牧柵のぞき顔 夏の風
風の中、仲間と共に駆け回る

紅葉 秋・とんぼ 秋・朝もや
母と別れる、試練の

雪景色 1歳冬 白鳥
、真っ白い世界の中で、ひたすら春を待ち・・・。

1歳夏 牧草風景 出発
大きく成長した若駒は、二度目の秋に育成牧場へと巣立っていきます。

 ・07-17  ※函館の空の下
 ・06-09  ※水たまり発見
 ・06-02  ※私も入れて
 ・06-01  ※ベストパートナー
 ・05-31  ※2歳戦を前にして

 7月16日、函館2レースで、父キングズベストの3歳牝馬、トーホウレジーナが優勝しました。

待ちに待った、彼女の初勝利!

私は、室蘭で、その朗報を知ることとなります。

実は、前日の土曜日、函館にいました。

高2の長女の陸上競技会の応援で、早朝から片道5時間半の道のりを函館へ。

長女の優勝を見届けた後、後ろ髪をひかれる思いで、翌日小4の長男の出場する大会の会場、室蘭へ入りました。

函館の街を運転しながら、すぐ近くの競馬場にいるはずのレジーナに、「明日は頑張れ!」と念じまくったことだけは確かです。

7月に入り、彼女が16日の函館のレースに出走予定だということを聞いて、嬉しいやら、歯がゆいやら・・・。

「あー!15日だったら、函館で会えるのに!16日なら、無理だ・・・」

牧場は、1歳オルフェーヴル牝馬の上場するセレクションセールに向けて、気忙しい時期。

リーダーもスタッフも、誰も競馬場には行けず、「せっかく北海道で走ってくれるのに!」と、もどかしくてたまりませんでした。

函館から室蘭までは、3時間以上かかります。

長男の出場種目が午後からとはいえ、レジーナのレースを観てからでは、どう考えても、無理。

思案に暮れた末、「観戦はあきらめるしかない」と自分に言い聞かせ、この日を迎えました。

そして、どんよりとした曇り空から、細かい雨が降り出した頃、携帯に、彼女の勝利を伝えるメールが!

「えー?勝ったの?うわー!!」

私と長男は、室蘭の空の下で、興奮状態。

長女は、レジーナと同じ函館の空の下。

そして、中2の次女は、浦河の空の下、テレビの前で、涙したそうです。

セリの準備で忙しい父がいないので、1人でテレビをつけ、観戦していたということ。

「すごかったよ!キングちゃん、ポーンと飛び出して!それを岩田ジョッキーがうまくおさえてくれて!最後まで、スピードが落ちなかった!嬉しくて、涙出た!」

電話越しに、その気持ちが伝わってきました。

1頭の馬の勝利に、家族みんなが喜び合えるというのは、本当に素敵です。

誕生から1年半を見守って来た、生産馬。

特に、トーホウレジーナことキングちゃんは、生後2ヵ月で母を亡くし、人間が親代わりとなって、離乳までを過ごしました。

思い入れは、特別。

同じ函館で優勝した長女とレジーナ。かかと痛で不調だったにも関わらず、全道入賞出来た長男。

すべて、遠い空の上の、亡き母、トーホウアスカが、アスリートの先輩として、導いてくれたような気さえしながら、私は帰途につきました。

レジーナの母、アスカは、函館2歳ステークス2着。4歳時には、七重浜特別で2着の実績があります。

その頃のアスカを支えてくださった厩舎の皆さんが、娘のレジーナを函館の勝利に導いてくださったのも、特筆すべきこと。

やはり、私たちと同様、母娘2代にわたり、面倒をみるということは、特別な思いがわかないわけがない・・・と勝手に思っています。

人間ですから・・・。

お世話になった育成牧場の方々にも、やっとお礼が出来ました。

さて、このレースでは、一緒に1歳時を過ごした父Candy Rideのサンシャワーが、隣の枠で出走。

USBを探すと、その頃の画像が出て来ました。

7・祝・サンシャワーとレジーナ
 

左から3頭目がサンシャワーで、一番右がトーホウレジーナです。

この3歳世代の生産馬10頭中、これまで勝ち上がった2頭は、共にキングズベスト産駒。

レジーナが、母と過ごした頃の画像・・・

7・祝・レジーナ母と生後1ヵ月
 

とか、母アスカが小さい頃の写真・・・

7・祝・母トーホウアスカと祖母カガミアスカ
 

とか。色々引っ張り出しているうちに、祖母カガミアスカは、函館のUHB杯2着で、現役引退・・・

など、血統に関することも、次から次へと「なるほど」と思うことを再発見。

このところ、仕事より、小中高3人の子に関わる家事に追われ、日々を費やしていた私。

ブログまで手が回らず、先延ばしになっている記事の更新状況に対して、空の上のアスカが一喝してくれたような気がしてきました。

ということで、空白の6月の記事については、追い追い更新することを誓い、レジーナの今後の活躍と、仲間たちの勝利をさらに願います。

ブログを通じて、応援してくださっている皆さん、本当にありがとうございました。


スポンサーサイト

関連タグ : キングズベスト, オルフェーヴル,

 2歳戦が目前に迫って来ました。

デビューを前に、東西のトレセンで励んでいる馬がいる一方で、まだ育成牧場に残っている馬も、あまた。

そんな生産馬たちを、昨日、訪ねる機会がありました。

5月の爽やかな風の中、現れたのは、2歳のクロフネ牡馬。

5・育成・クロフネ
 

そして、ノヴェリスト牡馬。

5・育成・ノヴェリスト
 

オルフェーヴル牝馬。

5・育成・オルフェ
 

どの仔も、昨年の10月に移動したので、約7ヵ月ぶりの再会です。

幼い頃から育ててきた彼らが、人を背に、キリリとした顔で運動している姿は、とても新鮮でした。

5・育成・ダク
 

ダクからキャンターへ。

5・育成・クロフネ&ノヴェ
 

先に、クロフネ牡馬とノヴェリスト牡馬が併走していき、その後に、オルフェーヴル牝馬が続きます。

5・育成・オル
 

1周600mのダートコースを、颯爽と駆けていくクロフネくん。

5・育成・クロ
 

ノヴェくん。

5・育成・ノヴェ
 

オルフェちゃん。

5・育成・オルキャンター
 

背中が伸びたり、体高が高くなったり、厚みが増したり・・・。

それぞれのペースで成長していることが、わかりました。

調教メニューを終えて、コースの外へ。

5・育成・戻って来る
 

誕生してから、2年と2ヵ月。

5・育成・クロ来る
 

すっかり若駒らしくなった顔や体つきに、

5・育成・顔アップ
 

見入ってしまいます。

5・育成・ノヴェと
 

オルフェは、通りかかる際に、気付いてくれた気がしました。

5・育成・オルも
 

スタッフさんによると、とても人懐こく、愛されているとか。

5・育成・顔
 

新たな場所でも、笑顔で頑張っている彼女を、誇らしく思います。

3頭とも、すでに素敵な競走馬名が決定し、その新しい呼び名で、呼ばれていました。

5・育成・クー
 

生産馬サクセスシルエットの初仔となる、ノヴェリスト牡馬。

5・育成・ノヴェち
 

彼には、母の初仔として、どんな走りが見られるか、大注目。

5・育成・ノヴェっち
 

軽い外傷で、調教を休んでいたキングヘイロー牡馬も出て来ました。

5・育成・ヘイロー
 

この顔は、母を思い出します。

5・育成・ヘイ顔
 

早めのデビューを予定していたので、怪我で移動は回避となりましたが、一息入ったことで、プラスの面もあるでしょう。

5・育成・横
 

厩舎へと戻っていく馬たちを見ながら、デビューの日が待ち遠しくなりました。

5・育成・厩舎へ
 

まだ時間がかかる馬もいますが、それぞれの成長の度合いに合わせ、たくさんの方々が関わってくれています。

5・育成・厩舎へクロ
 

5・育成・厩舎へノヴェ
 

5・育成・厩舎へオル
 

今回訪ねた育成牧場とは別の牧場にいる馬たちの姿も、想像してみました。

皆が無事にデビューしてくれることを願い、今週から始まる新馬戦をチェックしていきたいと思います。


関連タグ : クロフネ, ノヴェリスト, オルフェーヴル, キングヘイロー,

 生後2週間のオルフェーヴル牡馬が、放牧地に出ました。

5・朝・栗
 

タンポポが綿毛となる季節。木々の新緑が美しく、朝日が輝くと、まるでおとぎ話の世界です。

草を食むお母さんの周りで甘える、栗オルくん。

奥に、キズナ牡馬がいるのを見つけました。

5・朝・キズナ
 

「なに?なに?」と、駆けていくと、

5・朝・おっ
 

じーっと、観察。

5・朝・じー
 

「うわっ!誰だか知らないけど、見つけちゃった!」

5・朝・たった
 

嬉しそうに跳ね回ります。

「もう一度、見て来ようっと!」

5・朝・もう一度
 

背伸びして、のぞいているキズナくんを、

5・朝・キーちゃん
 

再び観察。

5・朝・観察
 

興味津々でした。

キズナが行ってしまうと、草をはみはみ。

5・朝・草
 

見よう見まねで、新しいことに、どんどんチャレンジ!

5・朝・顔
 

鳥が飛んでいけば、それを見つめ、遠くからいななきが聞こえれば、顔を上げ・・・。

5・朝・横
 

五感をフルに活用している様子が伝わってきました。

「よっこら・・・」

5・朝・よいしょ
 

「しょっ!!」

5・朝・ころ
 

ここで寝ることにしたようです。

奥では、先にキズナくんが休んでいました。

5・朝・キズ
 

起こさないように、少しだけ近付き、戻って来ると・・・。

「あれー?」

5・朝・ささっ
 

さっきまで座っていた栗オルが、もう跳ねています。

放牧地を横切ろうとすると、「なあに?」

5・朝・振り返り
 

「何しに来たの?」

5・朝・振り返って
 

振り返る姿が、たまりませんでした。

そして、ひょいっ!

5・朝・身軽
 

ひょいっ。

5・朝・しゃっ
 

ひょい。

5・朝・ひょい
 

「ねえ!見たでしょ?」

5・朝・む?
 

「ぼく、

5・朝・動く
 

こーんなに、

5・朝・むき
 

ジャンプできるんだよー」

5・朝・えい
 

とばかり、楽しそうに、近付いてくると・・・。

5・朝・あら
 

かぶっていた帽子をかじかじ。

5・朝・いたずら中
 

人懐こく、しばらく離れません。

タタッと向こうへ行き、タンポポの綿毛をいたずら。

5・朝・綿毛
 

またタタッと走って来て、カメラのフードをかじかじ。

5・朝・おでこ
 

面白そうに、牧柵の下段にダンと肢をひっかけた時は、こちらがビックリしましたが、

やきもち焼きの母が、さっとやって来て、「行くわよ!」と、誘導。

5・朝・親子で
 

隣の親子を眺めていました。

5・朝・親子で観察
 

程よい気温で、吸血昆虫もいない今が、馬にとっては最高の季節といえるかもしれません。

一日中、ここにいたい気分でした。

関連タグ : オルフェーヴル, キズナ,

 土曜日、生後5日目のオルフェーヴル牡馬を見に行きました。

5・5日目・栗
 

寝ているかと思いきや、口がもぐもぐ。

5・5日目・ぺろ
 

頭も動き出し、

5・5日目・顔
 

ついに、むっくり起き上がりました。

5・5日目・あれ?
 

「あー、よく寝たなぁ」

5・5日目・よいしょ
 

スクッと立つと、しっぽを振って、態勢を直します。

5・5日目・ぶるる
 

おでこが出ているのは、オルフェ産駒によくある特徴だとか。

母乳をもらって、また口をもぐもぐ。

5・5日目・ぺろぺろ
 

味わい直しているのでしょうか。

5・5日目・ミルク
 

「あれ?何しているの?」

5・5日目・なあに
 

母から離れ、とことこ。

好奇心が強く、自分から遊びに来ます。

母と私との間を何度も行ったり来たりしながら、「ねえ、あそぼー」

5・5日目・わーい
 

この日も元気に跳ね回っていました。

5・5日目・駆ける
 

母と一緒にこちらへ来ると・・・。

5・5日目・ねえ
 

飼い桶のひもを、かじかじ。

5・5日目・何これ
 

「なんだー、これ!」

5・5日目・なんだ?
 

飽きもせず、徐々に上へと伸び上がっていきます。

5・5日目・夢中
 

「そこで、何しているの?」

5・5日目・だれ?
 

同じ目線の子どもに近付き、じーっと観察。

誰が触っても逃げようとしないので、みんなの人気者。

5・5日目・きょとん
 

これから、どんなふうに成長していくのか、ますます楽しみになりました。


関連タグ : オルフェーヴル,

 今年も、シーズン最後の誕生は、栗毛のオルフェーヴル牡馬でした。

5・栗・誕生
 

昨年生まれた栗オルくんの全弟。

母は、昨年と同様、予定日から9日遅れで、5月15日の午後7時頃、出産。

夕方、いきなり乳ヤニが付くと、小さかった乳房がどんどん大きくなり、スッと分娩が始まりました。

立つのも、乳を飲むのも、ひとりでサッとやってのける元気な男の仔。

5・栗・立つ
 

たった1頭の5月生まれですが、全く手がかからず、安心して見ていられました。

5・栗・しっかり
 

晴天に恵まれた2日目の朝、パドックへ。

5・栗・2日目
 

同じ両親でも、昨年の栗オルくんとは、似ているところもあれば、違うところもあります。

母は、あいかわらず、大事そうに寄り添っていました。

5・栗・母と
 

額には、美しいダイヤ。

5・栗・ぺロ
 

しばらくすると、上手に座り、うとうと。

5・栗・コロン
 

徐々に顔が倒れていき、

5・栗・すやすや
 

こんな態勢で、静止。

5・栗・ぺったん
 

胎内にいた時の格好でしょうか。

母が耳元で、カサカサやったので、「ん?」と起きると、

5・栗・ん?
 

今度は首を横に投げ出して、眠りにつきました。

5・栗・ぐっすり
 

さて、1時間半後に戻ってみると・・・。

5・栗・かみかみ
 

母をまねて、乾草をクチャクチャ。

辺りを散歩しているうちに、スイッチが入ったのか、いきなり跳ね出しました。

5・栗・跳ねる
 

ブブブブ・・・と、なだめる母に、少し反応したものの、

5・栗・どんなもんだい
 

ヤーッ!!

5・栗・えい
 

駆け出す我が仔に、心配性の母は、付きっ切り。

5・栗・待ちなさい
 

おとなしくなったと思ったら、

5・栗・ねえ
 

また走り、

5・栗・きゃっ
 

さとされて、

5・栗・おとなしくね
 

乳を飲んだ後、

5・栗・前から
 

また走り・・・・。

5・栗・また
 

太陽の光を浴びながら、ぐんぐん成長している様子がわかります。

「おとなしくしてね!」

5・栗・かわいくて
 

優しい母は、何度もスキンシップ。

キリリと大人っぽい表情を見せたり、

5・栗・きりり
 

手を出すと、寄ってきたり。

5・栗・物怖じしない
 

物怖じしないタイプで、頼もしい存在になりそうです。


関連タグ : オルフェーヴル,