北の小さな牧場から、競走馬を目指す仔馬の成長を、写真と共に綴ります。
■牧場の1年

誕生 雪・早春親仔 仔馬の顔
牧場のは、仔馬の誕生と共に始まります。

春・仔馬2頭 牧柵のぞき顔 夏の風
風の中、仲間と共に駆け回る

紅葉 秋・とんぼ 秋・朝もや
母と別れる、試練の

雪景色 1歳冬 白鳥
、真っ白い世界の中で、ひたすら春を待ち・・・。

1歳夏 牧草風景 出発
大きく成長した若駒は、二度目の秋に育成牧場へと巣立っていきます。

 ・08-30  ※札幌競馬場にて
 ・07-18  ※セレクションセール
 ・07-17  ※函館の空の下
 ・06-09  ※水たまり発見
 ・06-02  ※私も入れて

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 8月26日、土曜日。生産馬・育成馬の応援に、札幌競馬場へ。

どちらも、3歳未勝利戦。「ここで(未勝利脱出を)決めてほしい!」という思いしかありませんでした。

まずは、4レース。

1歳の4月に、1ヵ月間だけ預かった父Frankelの3歳牝馬ファヴォーラ。

短い付き合いでしたが、その時の強気な性格が印象深く、陰ながら応援を続けてきました。

あの頃の迫力をもって、どんな競走馬に成長するのかと期待したものの、これまで5戦して、2着1回。

なかなか思い描いたような姿は見られません。

2年数ヵ月ぶりにみる彼女は、発汗していたせいか、少し疲れた顔にも見えました。

8・札幌・ファヴォーラ
 

人間に制御される競走馬なので、当然かもしれません。

8・札幌・ファ返し馬
 

自由に生き生きと振る舞える、牧場の草原の上とは、表情が違います。

レースは、先行して、直線では一瞬前に出かけたものの、

8・札幌・直線
 

後ろから来た馬たちに次々と抜かれ、結果的に6着。

8・札幌・ゴール
 

なんだか寂しい気持ちで、見つめてしまいました。

8・札幌・戻る
 

昼休みをはさんで、6レース。

気持ち新たにパドックで待ち続けた私の前に、父ディープインパクトの3歳牡馬オーシャンセブン登場。

16頭が、数珠つなぎになって通過していく中、黙々と歩く彼の姿は、とても立派でした。

8・札幌・セブン
 

社台スタリオンの展示会で見る父にも似て、牧場にいる母にも似て・・・。

「走らないはずがない」と信じている1頭。

距離は、芝の2000m。ライバルたちも必死のメンバーで、電光掲示板の数字は、どんどん変わっていました。

8・札幌・掲示板
 

華やかに飾られた、ワールドオールスタージョッキーの国旗の前を通り、

8・札幌・馬場へ
 

馬場に出た彼は、一瞬、ものすごい闘志を見せ、返し馬へ。

8・札幌・やる気
 

しかし、かかることもなく、待機所へスムーズに移動。

8・札幌・返し馬
 

「いける!」そう信じて、私は、ゴール前で待つことにしました。

スタートを切ると、一度ゴール前を通過していきます。

8・札幌・スタートして
 

前の方につけ、どこからでもスパート出来る、良い位置取り。

8・札幌・良い位置に
 

向こう正面に入ると、ターフビジョンを凝視して、彼の位置を確認しました。

4コーナー手前で、先頭!

「え?まだ、早い!そこじゃない!」

ゴール前にいる私からは、はるかかなたで先頭に立ったオーシャン。

どう考えても、スパートをかけるのが早過ぎます。

「うわー!!」

8・札幌・案の定
 

気をもむ私の目に、案の定、後ろから猛然と追い込んでくる馬の姿が映りました。

「変わらないでー!!」

8・札幌・最後の
 

の願いむなしく、アナウンスから聞こえてくる勝ち馬の名前は、別の馬。

ため息しか出ませんでした。

ゴールを過ぎても、先頭に立って走っている彼。

8・札幌・残念
 

「君は、悪くない」

8・札幌・戻って
 

「本当に、よく頑張った」

8・札幌・来る
 

「一生懸命、走った」

8・札幌・2着
 

「全力出した」

8・札幌・隣の馬
 

「君は、まったく悪くない」

8・札幌・外して
 

レースを終え、戻って来た彼に、心の声で、つぶやき続けました。

全身、汗びっしょり。

8・札幌・汗びっしょり
 

「こんなに頑張っているのになぁ・・・」

8・札幌・後ろ姿に
 

あっという間に、厩舎へ下がっていく彼を、ただ見送るしかありませんでした。

8・札幌・去っていく
 

生産・育成馬しか眼中にない私は、その後、さっさと帰宅。

途中、高速道路上で、ゲリラ豪雨に遭遇し、パーキングで休憩を余儀なくされましたが、夕方には、戻れました。

そして、オーシャンセブンの母の放牧地へ。

8・札幌・母
 

「本当は、祝勝報告といきたかったね」

8・札幌・待つ
 

賢い母は、何もかもわかっているような顔をして、見つめます。

8・札幌・にゃ?
 

真面目に頑張っている馬たちが、報われる日が来てほしいものだと思いました。


スポンサーサイト

関連タグ : Frankel, ディープインパクト,

 ゴールデンウィークに入った晴天の夕方、1歳の放牧地を訪ねました。

北への渡りの途中に、立ち寄ったツグミ。

5・1歳・ツグミ
 

この春は、もう見納めでしょう。無事に海を渡ってほしいと思います。

昼夜放牧中の1歳馬たちは、思い思いに過ごしていました。

まずやって来るのは、ゴールドアリュール牡馬。

5・1歳・アリュ
 

そして、オルフェーヴル牡馬。

5・1歳・オル
 

牝馬のグループからは、ディープインパクト牝馬。

5・1歳・ディープ
 

どの仔も、ニンジン大好きメンバー。

オルフェーヴル牝馬とロードカナロア牝馬は、夢中で草を食べていました。

5・1歳・オル&カナ
 

これは、ダンカーク牡馬。

5・1歳・ダン
 

遠くの方には、栗毛のオルフェーヴル牡馬とスクリーンヒーロー牡馬。

5・1歳・栗2頭
 

気が付いていません。

アリュールとオルフェは、相撲を始めました。

5・1歳・アリュ&オル
 

格闘技が大好きな2頭。

いつの間にか、ダンカークの方へ移動し、3頭でごちゃごちゃ。

5・1歳・ごちゃごちゃ
 

そしてオルフェは、ダンカークに狙いを定め、追いかけ始めます。

5・1歳・オル&ダン
 

疾走し、

5・1歳・オル&ダンに栗
 

絡み合う2頭を、傍観していた栗オルでしたが・・・・。

5・1歳・走る
 

今度は、自分たちのもとへ。

「うわー」とそっぽを向く栗オルと、オルフェに対抗するヒーロー。

5・1歳・オルとヒーロー
 

みんなのやり取りを見ていると、グループ内の力関係がよくわかります。

ハービンジャー牡馬は、ニンジンを食べたくて、行ったり来たり。

5・1歳・ハービン
 

栗オルも、やっと、こちらに気付きました。

5・1歳・栗
 

静かな夕暮れ時、キタキツネも、のんびり餌さがし。

5・1歳・キタキツネ
 

やって来てひと月のエイシンフラッシュ牡馬とハーツクライ牡馬。

5・1歳・2頭
 

この2頭も、元気に駆け回っています。

5・1歳・夕日
 

細く切ったニンジンの味を覚え、人懐こく、やって来るようになりました。

5・1歳・ハーツ&フラッシュ
 

夕日をバックに、たてがみをなびかせて駆ける姿は、「美しい」の一言。

5・1歳・駆ける
 

戻る途中、再び栗毛の2頭が並んでいるのを見つけました。

5・1歳・栗毛の2頭
 

いつ見ても、この2頭は一緒。

仲が良く、まるで兄弟のよう。

心が和みました。

関連タグ : ゴールドアリュール, ロードカナロア, スクリーンヒーロー, ダンカーク, ハービンジャー, オルフェーヴル, ディープインパクト, ハーツクライ, エイシンフラッシュ,

 2日間、雪がちらつく寒い日が続きましたが、今日から、また春らしい気温になるようです。

朝方冷えていたので、馬服を着た当歳馬たちも、のんびり。

4・1歳・当歳
 

1歳牝馬3頭は、寝ていました。

4・1歳・3頭
 

雨のおかげで、急に草が青々してきた気がします。

気持ち良さそうに目をつぶっているのは、ロードカナロア牝馬。

4・1歳・ん?
 

ぐるっと回ってみても、起きる気配はありません。

4・1歳・すやすや
 

ビロードのような深い光沢の毛皮に、ついつい手を伸ばしたくなります。

隣の放牧地では、ニンジンに目がないゴールドアリュール牡馬が、早速動き出しました。

4・1歳・アリュ
 

栗毛のオルフェーヴル牡馬も。

4・1歳・栗
 

2頭なら、争うことなく、仲良く食べることが出来ます。

4・1歳・アリュ&栗
 

そこへ、スクリーンヒーロー牡馬。

4・1歳・ヒーロー
 

3頭でも、なんとか。

4・1歳・みんなで
 

後ろで、牝馬たちが起き上がったので、みんなにあげようとすると、こちらはオルフェーヴル牝馬が強気。

4・1歳・牝馬たち
 

逃げるディープインパクト牝馬に、急いで渡しました。

4・1歳・ディープ
 

ここで後ろを振り返ると、食いしん坊のハービンジャー牡馬がとうとう気付いて、こちらへ。

4・1歳・ハービン
 

母親のシルエットにも、父親のハービンジャーにも似ています。

4・1歳・ハービン顔
 

彼が来ると、周りの馬たちは、戦々恐々。

4・1歳・ねえ
 

ギロッとにらまれて、いつもヒーローの陰に隠れる栗オル。

4・1歳・ヒーローの陰に
 

そして、やっと、ダンカーク牡馬。

4・1歳・ダン
 

「なんだぁ、みんな来てたの?」と、急いでニンジンをかじります。

4・1歳・ちょうだい
 

最後に、オルフェーヴル牡馬。

4・1歳・やっとオル
 

これで、共に冬を越した5頭が揃いました。

4月から、この5頭に加えて、新たなメンバーを迎えています。

青毛のエイシンフラッシュ牡馬と、栗毛のハーツクライ牡馬。

4・1歳・フラとハーツ
 

それぞれ別の牧場から移って来ましたが、2頭で放牧しているため、2週間で、すっかり仲良くなりました。

4・1歳・顔
 

ニンジンを少しかじってみたり、匂いをかいだりと、人や環境にも慣れて来ています。

4・1歳・フラッシュ
 

1歳メンバーたちは、これから秋まで、のびのびと過ごしてくれることでしょう。

4・1歳・すっかり仲良し


関連タグ : オルフェーヴル, ロードカナロア, ディープインパクト, ハービンジャー, ゴールドアリュール, ダンカーク, スクリーンヒーロー, エイシンフラッシュ, ハーツクライ,

 昨日は、早春らしい穏やかな日でした。

生後6日目のオルフェーヴル牝馬。

3・元・栗オル
 

ひとりで遊んでいると思ったら、眠くなったのか、いきなりパッタン。

3・元・ころん
 

でも、お母さんが、こちらに来てしまったので、慌てて起きると、

3・元・よいしょ
 

「うわっ!待ってよ」

3・元・しゃしゃっ
 

と、側に来ました。「ん?もしかして、額につむじが二つ?」

3・元・来たよ
 

生後9日目のキズナ牡馬は、母と共に、うとうと。

3・元・キズナ
 

動きそうにないので、帰ろうとしていると、隣の放牧地の空胎馬たちが元気でした。

ゴロを打っているのは、9歳ディープインパクト牝馬のサクセスシルエット。

3・元・シルエット
 

周りの馬たちも、活発です。

3・元・ロリー
 

ぶるぶるっと身震いしたシルエットは、

3・元・ぶるぶる
 

その後も、空中に舞い、

3・元・ぶるん
 

仲間たちと弾けます。

3・元・わいわい
 

「私の方が、大きいでしょ!」

3・元・立つ
 

「ほうら!」

3・元・シルエット得意げ
 

機嫌よく、何度も立ち上がる姿が、新鮮でした。

3・元・再び
 

繁殖に上がってから、2年続けて牡馬を産み、子育てにまい進した日々。

今年は、久々に、ゆっくり出来そうです。

いつも群れの中心にいるシルエット。今、絶好調!

3・元・中心
 

仔馬たちは、朝の運動が一通り終わったので、すやすや。

3・元・のんびり
 

キズナも、ヘニーも、アリュールも、

3・元・ヘニー
 

栗オルに、

3・元・オル
 

ジョーダン。みんなが寝ていましたが、

3・元・ジョーダン
 

そのうち、最初から寝ていたキズナくんが、立ち上がりました。

3・元・キズ
 

お母さんと、

3・元・さあ
 

こちらへ。

3・元・にょき
 

今のところ、唯一の男の仔。

4月には、良き相棒が生まれてきてくれることを願います。


関連タグ : ディープインパクト, オルフェーヴル, キズナ,

 先日中京で勝ったレッドアフレイムと同世代・5歳ディープインパクト牝馬のシードパールが、牧場に帰ってきました。

3月24日の朝7時、馬運車到着。

3・帰郷・馬運車より
 

懐かしい顔が、現れました。

牧場を去ったのは、3年半前。

あの頃から比べると大きくなりましたが、面影はそのまま。

到着当初は、不安げに辺りを見回していたパールでしたが、日が経つにつれ、この場所を思い出したようです。

3・帰郷・シード
 

大好きなニンジンをもぐもぐ。

「もっとちょうだい!」と寄って来て、離れません。

3・帰郷・パール
 

ただ一つ残念なことに、どこかで”さく癖”を覚えてきてしまったようでした。

長い競走馬生活の中で、ストレスを感じることもあったのでしょう。

繁殖牝馬として良いスタートが切れるよう、放牧やバンドで、忘れてくれることを祈っています。


関連タグ : ディープインパクト,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。