北の小さな牧場から、競走馬を目指す仔馬の成長を、写真と共に綴ります。
■牧場の1年

誕生 雪・早春親仔 仔馬の顔
牧場のは、仔馬の誕生と共に始まります。

春・仔馬2頭 牧柵のぞき顔 夏の風
風の中、仲間と共に駆け回る

紅葉 秋・とんぼ 秋・朝もや
母と別れる、試練の

雪景色 1歳冬 白鳥
、真っ白い世界の中で、ひたすら春を待ち・・・。

1歳夏 牧草風景 出発
大きく成長した若駒は、二度目の秋に育成牧場へと巣立っていきます。

 ・04-21  ※春のハプニング
 ・04-20  ※新たに外へ
 ・04-19  ※雨上がりの朝
 ・04-14  ※久々に1歳馬
 ・04-13  ※4年半の時を経て

 2日間、雪がちらつく寒い日が続きましたが、今日から、また春らしい気温になるようです。

朝方冷えていたので、馬服を着た当歳馬たちも、のんびり。

4・1歳・当歳
 

1歳牝馬3頭は、寝ていました。

4・1歳・3頭
 

雨のおかげで、急に草が青々してきた気がします。

気持ち良さそうに目をつぶっているのは、ロードカナロア牝馬。

4・1歳・ん?
 

ぐるっと回ってみても、起きる気配はありません。

4・1歳・すやすや
 

ビロードのような深い光沢の毛皮に、ついつい手を伸ばしたくなります。

隣の放牧地では、ニンジンに目がないゴールドアリュール牡馬が、早速動き出しました。

4・1歳・アリュ
 

栗毛のオルフェーヴル牡馬も。

4・1歳・栗
 

2頭なら、争うことなく、仲良く食べることが出来ます。

4・1歳・アリュ&栗
 

そこへ、スクリーンヒーロー牡馬。

4・1歳・ヒーロー
 

3頭でも、なんとか。

4・1歳・みんなで
 

後ろで、牝馬たちが起き上がったので、みんなにあげようとすると、こちらはオルフェーヴル牝馬が強気。

4・1歳・牝馬たち
 

逃げるディープインパクト牝馬に、急いで渡しました。

4・1歳・ディープ
 

ここで後ろを振り返ると、食いしん坊のハービンジャー牡馬がとうとう気付いて、こちらへ。

4・1歳・ハービン
 

母親のシルエットにも、父親のハービンジャーにも似ています。

4・1歳・ハービン顔
 

彼が来ると、周りの馬たちは、戦々恐々。

4・1歳・ねえ
 

ギロッとにらまれて、いつもヒーローの陰に隠れる栗オル。

4・1歳・ヒーローの陰に
 

そして、やっと、ダンカーク牡馬。

4・1歳・ダン
 

「なんだぁ、みんな来てたの?」と、急いでニンジンをかじります。

4・1歳・ちょうだい
 

最後に、オルフェーヴル牡馬。

4・1歳・やっとオル
 

これで、共に冬を越した5頭が揃いました。

4月から、この5頭に加えて、新たなメンバーを迎えています。

青毛のエイシンフラッシュ牡馬と、栗毛のハーツクライ牡馬。

4・1歳・フラとハーツ
 

それぞれ別の牧場から移って来ましたが、2頭で放牧しているため、2週間で、すっかり仲良くなりました。

4・1歳・顔
 

ニンジンを少しかじってみたり、匂いをかいだりと、人や環境にも慣れて来ています。

4・1歳・フラッシュ
 

1歳メンバーたちは、これから秋まで、のびのびと過ごしてくれることでしょう。

4・1歳・すっかり仲良し


スポンサーサイト

関連タグ : オルフェーヴル, ロードカナロア, ディープインパクト, ハービンジャー, ゴールドアリュール, ダンカーク, スクリーンヒーロー, エイシンフラッシュ, ハーツクライ,

 今朝、パソコンを開くと、このブログのメールフォームから送信された新着メールが。

「訪問の問い合わせかな?」と開封してみると、それは意外な連絡でした。

2011年産馬、今年で6歳になるハーツクライ牝馬が、その方のご主人経営の三重の乗馬クラブにいるとのこと。

クラブのブログに、1歳時の画像を転載した旨の知らせだったのです。

競走馬名は、ドリスバローズ。

一気に懐かしさが込み上げてきました。

メールに記されていたアドレスから、そのページへ行ってみると、今は、マーチという名で登録されていることがわかりました。

偶然、ドリスバローズで検索していたら、このブログを発見されたとのこと。

クラブの記事からは、彼女が昔と変わらず、とても人懐こく、皆さんから愛されて過ごしている様子がわかり、思わずジーンときました。

牧場を巣立ってから4年半になります。

育成牧場にいた頃、期待され、早々と2歳の6月デビューを迎えたものの、9着。

その後もパッとしない成績のまま、いつの間にか引退。

ファンの方から、乗馬になったことを聞いた覚えはありますが、よくあることなので、もうすっかり忘れていました。

「元気でいてくれたらいいな・・・」

そこまでしか、私たちには願えません。

毎年生まれ、毎年デビューし、毎年引退していく生産馬たち。

その1頭1頭がどこでどのように暮らしているか、知りたくもあり、知りたくなくもあり。

それは、この世界の現実を知る人間なら、誰しもが思うことでしょう。

競馬場を去ったすべての馬たちが幸せな余生を送れるのなら、こんなに素晴らしいことはありません。

少しでも、その可能性が残されるよう、生産馬たちには、とにかく人を信頼し、人から愛される馬になるよう、育てているつもりです。

4年半という月日の中で、次第に遠ざかっていた彼女の記憶。

まずは、以前ファンの方からいただいた写真を引っ張り出し、

4・その後・ドリス
 

4・あの頃・デビュー
 

自分の記事をもう一度開いて思い出していると、こんな文に出会い、ハッと息をのみました。

2012年9月3日の記事。

ハーちゃんが育成牧場へ出発する前日に、私が記していたのは、こんな言葉でした。

”人との出会いもありました。これから先も、そんなふうに人と人とをつなげる馬になってくれたら、と願います。”

「まさに、そうなってくれた・・・」と思うと、涙が止まらなくなりました。

あの頃の仲間たちは、いったいどうしていることでしょう。

同じグループではありませんが、同期の1頭は、ここに戻り、昨日、初めての種付けに行きました。

幼馴染みの1頭は、別の牧場で繁殖入りし、この春牡馬を産んだものの、育児拒否で、乳母が育てていると聞きました。

まだ、なんとか現役続行中の仲間もいますが、あとは、ほとんど行方知れず。

今回の突然の連絡は、これまで育ててきた馬たちからの「忘れないで」という無言のメッセージのようにも思えます。

実は最近も、生産馬が千葉の乗馬クラブにいるとの知らせが入りました。

4歳ハービンジャー牝馬、アウェイキング。

やはり呼び名は変わっていて、たまたま母馬名を見て、わかったそうです。

こうして、たくさんの方々に見守られていることが、馬たちの力になっている気がします。

引退した後の道を導いてくださった方々、そして現在携わってくださっている方々に対しても、感謝の気持ちを忘れてはいけない・・・そう思いました。

関連タグ : ハーツクライ, ハービンジャー,

 昨年、一昨年と見に行けなかった社台スタリオンの種牡馬展示会。

今年は時間がとれたため、全頭見ることが出来ました。

まずは、新種牡馬のドゥラメンテ

2・社台・ドゥラメンテ
 

怪我の療養で、放牧が制限されていたせいか、力があり余っている様子でした。

こちらは、終始落ち着いていたモーリス

2・社台・モーリス
 

母方の祖母メジロモントレーは、当牧場先代の生産馬。

2・社台・祖母モントレー
 

その血が脈々と受け継がれていくことに、喜びを感じます。

急きょ、種牡馬入りとなったミッキーアイル

2・社台・ミッキーアイル
 

初年度産駒の活躍により、アロースタッドから移動してきたリーチザクラウン

2・社台・リーチザクラウン
 

初年度産駒が1歳になるジャスタウェイ。

2・社台・ジャスタウェイ
 

産駒が今年デビューを迎えるオルフェーヴル

2・社台・オルフェーヴル
 

エイシンフラッシュ。

2・社台・エイシンフラッシュ
 

ロードカナロア。

2・社台・ロードカナロア
 

ノヴェリスト。

2・社台・ノヴェリスト
 

種牡馬6年目となるドリームジャーニー。

2・社台・ドリームジャーニー
 

カジノドライヴ。

2・社台・カジノドライヴ
 

大ベテランのクロフネを挟んで、

2・社台・クロフネ
 

ヴィクトワールピサ。

2・社台・ヴィクトワールピサ
 

7年目のキンシャサノキセキ。

2・社台・キンシャサノキセキ
 

ハービンジャー。

2・社台・ハービンジャー
 

そして、初年度産駒が今年誕生の、エピファネイア。

2・社台・エピファネイア
 

フェノーメノ。

2・社台・フェノーメノ
 

スピルバーグ。

2・社台・スピルバーグ
 

リアルインパクト。

2・社台・リアルインパクト
 

キズナ

2・社台・キズナ
 

種牡馬5年目のディープブリランテ。

2・社台・ディープブリランテ
 

タートルボウル。

2・社台・タートルボウル
 

スマートファルコン。

2・社台・スマートファルコン
 

ルーラーシップ。

2・社台・ルーラーシップ
 

大ベテランのゴールドアリュール

2・社台・ゴールドアリュール
 

ダイワメジャー。

2・社台・ダイワメジャー
 

ハーツクライ

2・社台・ハーツクライ
 

キングカメハメハ

2・社台・キングカメハメハ
 

ディープインパクト

2・社台・ディープインパクト
 

今年も、産駒が活躍を続ける馬たちが、後半に登場してきました。

自らが競馬場をにぎわせただけでなく、その血をつないでいく優秀な種牡馬たち。

強い北風も、時間も忘れ、その姿に見入ってしまいました。


関連タグ : ドゥラメンテ, モーリス, ミッキーアイル, リーチザクラウン, オルフェーヴル, ディープインパクト, キズナ, ハーツクライ, キングカメハメハ, ゴールドアリュール,

 早朝5時前、オルフェーヴル牝馬が、育成牧場へ向けて、出発。

10・フラ・オル
 

そして、折り返し戻って来た馬運車に、ハーツクライ牝馬が乗車していきました。

10・フラ・ハーツ
 

どちらも、誕生から1年と7ヵ月。

あっという間の出来事だったように思います。

10・フラ・馬運車
 

しとしとと雨が降る牧場。

1歳で残っているのは、牡馬3頭だけになりました。

その中で、明日出発するのが、エイシンフラッシュ牡馬。

当日立ち会えないため、放牧地をのぞきに行くと・・・・。

10・フラ・ノヴェと
 

フラッシュは、幼馴染みのノヴェリスト牡馬と、対面中。

いえいえ、激しく戦っている最中でした。

10・フラ・がお
 

「こらっ!待てぇ!」

10・フラ・走る
 

傍観者の青鹿毛のノヴェリスト牡馬の横で、かなり本気モード。

10・フラ・3頭
 

飛んだり跳ねたり、

10・フラ・大暴れ
 

立ち上がったり!

10・フラ・立つ
 

濡れた体がかゆいためか、全身を動かしています。

10・フラ・わさわさ
 

青ノヴェにいたずらをし始めたノヴェを見ると、飛んできて仲間入り。

10・フラ・なになに
 

「おりゃおりゃー!」

10・フラ・おりゃ
 

「こっちだぞー!」

10・フラ・待て
 

今度は体当たり。

10・フラ・戦い
 

相手をころころ変えながら、のびのびと、生き生きと。

10・フラ・のびのび
 

出発前に、楽しそうで、力強いフラッシュの姿が見られ、本当に良かったです。

10・フラ・いきいき
 

「ねえねえ!あいつ、しつこいんだよ。助けて!」

10・フラ・助けてよ
 

とばかりに、走ってくる青ノヴェ。

「なんだよ!先に、ニンジンもらってるのか?」

10・フラ・来た
 

亡き母に、優勝の報告が出来るよう、今後も立派に成長を続けてほしいと思います。

2日前に離乳した、栗毛のオルフェーヴル牡馬の母は、元のメンバーたちと放れていました。

10・フラ・繁殖
 

やっと落ち着いたようです。

10・フラ・栗オル母
 

栗オルも、静かになって、仲間との新たな生活開始。

10・フラ・栗オル
 

早生まれ組は、雨の中、一団となって。

10・フラ・早生まれ
 

黄葉した景色の中、

10・フラ・黄葉
 

オルフェーヴル牡馬をかじっているのは、ハービンジャー牡馬。

10・フラ・ハービンオルフェ
 

変わっていく環境の中、それぞれが頑張っています。


関連タグ : オルフェーヴル, ハーツクライ, エイシンフラッシュ, ノヴェリスト, ハービンジャー,

 昨日の夕方、1歳牝馬の放牧地を訪ねました。

10・1歳・牝3頭
 

3頭になった仲間たちも、今日・明日ですべて移動してしまいます。

1年半かけて大きく成長した姿を、出来るだけ残しておきたいと思いました。

移動に備えて、厩舎で手入れを受けるダイワメジャー牝馬。

10・1歳・メジャ
 

馬体重は500㎏を超す巨体。1頭だけ、「2歳馬が混じっているようだ」と、よく言われました。

オルフェーヴル牝馬。

10・1歳・オルフェ
 

こちらは、小柄で400㎏前後。それでも、ふっくらして、大人びてきました。

1歳馬の後に、当歳馬を見ると、1年の差を感じます。

10・1歳・ハービン
 

「大きくなったなぁ」と思っていた早生まれ組も、まだまだ子ども。

体重は、だいたい250㎏から300㎏台の間です。

10・1歳・アリュー
 

どことなく、あどけなさが残っています。

10・1歳・カナ
 

ゆったりと厩舎で過ごす馬たちの顔は、いつも穏やか。

10・1歳・オルフェちゃん
 

ハーツクライ牝馬は、口をもごもごさせながら、顔を出して来ます。

10・1歳・ハーちゃん
 

みんなと違って、頭が窓枠につかえそうなメジャー。

10・1歳・メーちゃん
 

ここで、何度、ニンジンをあげたことでしょう。

昼夜放牧中の1歳牡馬グループも、3頭となりました。

10・1歳・フラ
 

エイシンフラッシュ牡馬と青鹿毛のノヴェリスト牡馬。

10・1歳・青ノヴェと
 

ノヴェリスト牡馬は、仲良しの栗毛のノヴェが出発してしまい、しょんぼり。

10・1歳・ノヴェ
 

でも、思い返せば、この2頭は幼馴染みでした。

10・1歳・幼馴染
 

小さい頃に、母どうしが威嚇し合い、なかなか交われなかったことを思い出します。

広い放牧地に、3頭がポツンポツンと散らばり、夜は更けていきました。

10・1歳・日暮れ
 

そして今朝、午前5時前から、出発準備が始まったメジャーでしたが・・・・。

10・1歳・メジャちゃん
 

頑固な性格は、暗闇をものともせず、「乗らない!」の一点張り。

体が大きいため、暴れ方も半端なく、あの手この手でなんとか乗車させた時には、15分以上が経過していました。

恐るべし、メジャーちゃん!

明るくなり始めた東の空に向かって、出発。

10・1歳・格闘の末
 

さて、離乳2日目を迎えた栗毛のオルフェーヴル牡馬はといえば・・・。

10・1歳・2日目の栗
 

ヒョロロロロ・・・と、高い声で鳴きながら、早朝から母を捜していました。

10・1歳・3頭
 

落ち着いている仲間たちのそばで、「どこに行ったのかなあ」と、背伸び。

10・1歳・のぞく栗
 

大好きなオルフェちゃんがいるから

10・1歳・アップ
 

心強いものの、

10・1歳・ちょっと安心
 

お母さんのことが忘れられません。

10・1歳・やっぱり
 

寂しそうな後ろ姿。

10・1歳・背中
 

「あ!今、母さんの声が聞こえた!」

10・1歳・顔
 

「どこー?」

10・1歳・鳴く
 

オルフェとカナロアの牝馬2頭は、離乳後6日目。

10・1歳・オル
 

人と遊ぶ余裕も出てきて、もう心配はいりません。

「あの仔の母さんもいなくなっちゃったね・・・」

10・1歳・オル立つ
 

なんとか耐えるしかない、栗オルくん。

10・1歳・栗来る
 

夕暮れ時まで、こんな調子。

メジャーが去った後、1歳牝馬は、いよいよ2頭となり、

10・1歳・2頭で
 

最後の放牧を楽しんでいました。

10・1歳・光
 

駆けてくるオルフェ。

10・1歳・のびのび
 

暖かそうな冬毛をまとったキタキツネを興味深く見つめていた2頭は、

10・1歳・キツネ
 

並んで歩き出しました。

10・1歳・後ろ姿
 

1年と7ヵ月を過ごしたこの場所を、明日離れます。

10・1歳・ハーツ
 

名残りは尽きません。

ついつい、1歳牡馬のところへも。

青鹿毛のノヴェリスト牡馬。

10・1歳・青
 

鹿毛のノヴェリスト牡馬。

10・1歳・ノヴェちん
 

エイシンフラッシュ牡馬。

10・1歳・フラッシュ
 

ユスリカの大群の向こうに、3頭の仲間たち。

10・1歳・虫
 

どんな景色も、しみじみと感じられる秋です。

関連タグ : ダイワメジャー, オルフェーヴル, ハーツクライ, エイシンフラッシュ, ノヴェリスト,