北の小さな牧場から、競走馬を目指す仔馬の成長を、写真と共に綴ります。
■牧場の1年

誕生 雪・早春親仔 仔馬の顔
牧場のは、仔馬の誕生と共に始まります。

春・仔馬2頭 牧柵のぞき顔 夏の風
風の中、仲間と共に駆け回る

紅葉 秋・とんぼ 秋・朝もや
母と別れる、試練の

雪景色 1歳冬 白鳥
、真っ白い世界の中で、ひたすら春を待ち・・・。

1歳夏 牧草風景 出発
大きく成長した若駒は、二度目の秋に育成牧場へと巣立っていきます。

 ・03-18  ※瞬く間に
 ・03-13  ※細面と丸顔
 ・03-12  ※春の躍動
 ・03-11  ※広くて快適!
 ・03-10  ※ゴールドアリュールの牝馬、誕生

 予定日を過ぎた馬の出産を、今か今かと待っているうちに、先に生まれた3頭が、どんどん大きくなっています。

今日で生後9日目のトーセンジョーダン牝馬。

3・3頭・ジョーダン
 

久々にカメラを向けると、母馬が動いたので、体を起こしました。

3・3頭・起きた
 

自慢の長い肢。動きが素早くなりました。

隣で寝ていた、生後8日目のゴールドアリュール牝馬も、母に付いてきます。

3・3頭・アリュール母
 

なぜか、リンゴやニンジンを食べた後に、このポーズをするお母さん。

「もっと、ちょうだーい!」と表現しているのでしょうか。

その間、母乳を飲んだアリュールちゃんは、満足げ。

3・3頭・アリュ
 

「ねえねえ!何しているの?」

3・3頭・ねえ
 

シートの上からのぞく顔が、お兄ちゃんに似ています。

3・3頭・よいしょ
 

ジョーダンちゃんも、ひとり遊び中でしたが、

3・3頭・ぺろ
 

近くにやって来て、手袋を噛み始めました。

3・3頭・かじ
 

歯が生えてきたので、上手にかわさないと、痛い思いをすることになります。

3・3頭・かじかじ
 

人懐こさでは、今のところ、ジョーダンちゃんに軍配。

アリュールちゃんは、ママっこで、

3・3頭・何してるの
 

いつも大好きなお母さんのそば。

3・3頭・母仔
 

ひとりで勝手に遊んでいるジョーダンが、1日違いとはいえ、ずいぶんお姉さんに見えました。

3・3頭・よいしょっと
 

お姉さんといえば、生後1ヵ月を過ぎたヘニーヒューズ牝馬。

1週間前にあれほどあった雪がすっかり消えた放牧地で、休憩中でしたが・・・。

3・3頭・ヘニー
 

こちらに来ると、喜んで、体当たりしそうな勢い。

3・3頭・あそぼ
 

元気いっぱいでした。

遠くで見ているのは、サクセスシルエット。

3・3頭・シルエット
 

昨年不受胎だったため、今年は空胎馬グループの中にいます。

明日が、9歳の誕生日。ニンジンをもらって、ボリボリ。

3・3頭・ぽりぽり
 

その様子を見ていたヘニーは、

3・3頭・あら
 

ピョーンとウサギのように、跳ねて飛び出すと、

3・3頭・ささっ
 

くるっと向きを変えて、

3・3頭・ひょい
 

また戻ってきたり、

3・3頭・びゅん
 

行ったり。

3・3頭・すらっと
 

お母さんのところへ行ったと思うと、

3・3頭・母と
 

また走って来て、

3・3頭・また
 

なんだか「あそぼー!」と、誘っているみたいでした。

3・3頭・観察
 

体もしっかりしてきて、生まれて1週間過ぎの2頭とは、大違い。

3・3頭・よしよし
 

遊び相手がほしい頃なのかもしれません。

スポンサーサイト

関連タグ : ヘニーヒューズ, トーセンジョーダン, ゴールドアリュール,

 昨日、生後1ヵ月のヘニーヒューズ牝馬が、広い放牧地に出ました。

3・ヘニー・放牧地
 

初めての場所に、興味津々の様子。

3・ヘニー・来る
 

鳥の声に耳を傾けたり、遠くに目をやったり。

3・ヘニー・キョロキョロ
 

冬の間、使っていなかった放牧地には、雪がいっぱい。

3・ヘニー・飛び出す
 

嬉しそうに走ります。

3・ヘニー・走る
 

「あれは、何?」

3・ヘニー・じっと
 

「この下は、どうなっているの?」

3・ヘニー・ほりほり
 

器用に前肢を使って、

3・ヘニー・ほり
 

匂いをかいで。

3・ヘニー・くんくん
 

五感を研ぎ澄ませている様子が、手に取るようにわかりました。

3・ヘニー・気になる
 

先日は、初めて、母の種付けに同行し、少し大人になったヘニーちゃん。

3・ヘニー・ちゃきっ
 

母もまた、我が仔を襲う敵はいないかと、周りに目をやっています。

3・ヘニー・母来る
 

ヤッホー。

3・ヘニー・ダダッ
 

広いところに出たことからの解放感と、

3・ヘニー・走って
 

緊張と・・・。

3・ヘニー・きょろ
 

でも、次第に慣れてくると、

3・ヘニー・たらった
 

嬉しそうに、

3・ヘニー・しゃっ
 

飛んだり跳ねたり。

3・ヘニー・ふわっ
 

そんな様子を遠くからそっと見守っているのが、おばあちゃん。

3・ヘニー・おばあちゃん
 

「あっ!待って、待って!」

3・ヘニー・待って
 

「お腹空いたよぉ!」

3・ヘニー・待ってったら
 

授乳をせがむ娘を無視したお母さんに、体当たり。

3・ヘニー・止まって
 

「ねえ!止まって」

3・ヘニー・ねえ
 

と、あんまりうるさいものだから、さすがの母も、耳をしぼって、後肢で払いのけていました。

3・ヘニー・べし
 

それでも、めげないヘニーちゃん。

3・ヘニー・待ってよ
 

「大きくなったなぁ」と、改めて思いました。

3・ヘニー・母と
 



関連タグ : ヘニーヒューズ,

 3月9日午前3時過ぎ、父トーセンジョーダンの牝馬が、誕生しました。

3・ジョー・誕生
 

予定日の3月3日より6日遅れ。

特徴ある流星が、まず目を引きました。

3・ジョー・流星
 

大きめだったにもかかわらず、自分で立ち、乳を吸い始めます。

とても手がかからない仔でしたが、唯一、座るのが苦手。

寝たいんだけど、どうしたらよいかわからない、といった様子で、うろうろ。

膝を曲げかけてはやめ、曲げかけてはやめ・・・。

いつの間にか、立ったまま、うとうと。

母馬が先に座ったため、その母にあたって斜めに倒れ込むように座ると、すぐに眠ってしまいました。

3・ジョー・くたっ
 

微妙な位置関係に、困った顔のお母さん。

3・ジョー・困ったね
 

さて、この1時間後に再びのぞくと、明るくなった馬房に、きりりとした女の仔が立っていました。

3・ジョー・顔
 

でも、ちょこまかと、せわしなく動き回り、なかなか静止してくれません。

3・ジョー・忙しい
 

生後5時間半だというのに、小さな尻っ跳ね。

3・ジョー・キック
 

飲んだらすぐに寝ていたヘニーヒューズ牝馬とは対照的に、とても活発でした。

これなら、ひと月違いもなんのその。

3・ジョー・アップ
 

最初の友達として、きっと仲良くやっていくことでしょう。

ちょっとおでこが広くて、長い顔。

3・ジョー・おでこ
 

横から見ると、古馬のような貫録さえありました。


関連タグ : ヘニーヒューズ, トーセンジョーダン,

 昨日の夜のはじめ頃に降った雪で、再び冬の景色に舞い戻りました。

喜んだのは、この親子。

3・大雪・ヘニー
 

放牧と共に跳ね回り、午前8時前には、既に、この踏み跡。

柔らかいので、下の土と混ざり、ところどころマーブル模様になっていました。

3・大雪・ひょい
 

積雪15㎝といったところでしょうか。

3・大雪・ふかふか
 

出入り口から離れた場所は、まだきれいですが、

3・大雪・母仔で
 

手前は、こうして行ったり来たりしているため、荒れ放題。

3・大雪・走る
 

でも、嬉しくてたまらないという顔で、颯爽と走っています。

3・大雪・見てみて
 

ストーブの前で丸くなっているミケとは対照的で、「私は走るために生まれて来たのよ!」と言わんばかり。

3・大雪・わっほい
 

「これ、冷たいけど、気持ちいい!」

3・大雪・こわす
 

いったん雲にさえぎられた太陽が、また現れると、輝いて見えます。

3・大雪・きょろきょろ
 

スズメが仲間どうしで、ちゅんちゅん騒ぎ出すと、「何かな?」

3・大雪・スズメ
 

「行ってみよ!」

3・大雪・それ
 

乾草の上に乗っていたのに、「これ、不思議よね」と、雪かき。

3・大雪・ぺろ
 

さくさくと崩れる雪が、面白くて・・・。

3・大雪・前掻き
 

どんどん、のめり込んでいました。

3・大雪・ふがふが
 

「これ、本当に、どうなっているの?」

3・大雪・見て
 

思い切り、駆け回ります。

3・大雪・走るよ
 

バケツの中の水の感触ともまた違い・・・。

3・大雪・バケツ
 

小さなヘニーは、大忙し。

3・大雪・近くへ
 

しっぽを振り振り、ダッシュの連続。

3・大雪・そーれ
 

柵の隙間から顔を出してきたので、

3・大雪・アップ
 

手を伸ばすと、手袋を噛み始めました。

3・大雪・はぐはぐ
 

「なあに?これ」

3・大雪・何これ
 

すぐにポイッと捨てられてしまったので、踏まれる前に、急いで拾いました。

さて、この後、1歳馬の放牧地を歩き、30分後にのぞいてみると・・・・。

3・大雪・30分後
 

親子共々、休憩中。

3・大雪・遊び疲れて
 

あれだけ運動すれば、”熟睡”は間違いないでしょう。


関連タグ : ヘニーヒューズ,

 ヘニーヒューズ牝馬が生まれ、もうすぐ1ヵ月。

予定日を過ぎた母馬は2頭いますが、次がなかなか生まれてくれません。

ヘニーの遊び相手は、もっぱら子どもたち。

学校に行く前の時間と週末が、楽しい触れ合いのひと時です。

3・週末・遊ぶ
 

すっかり慣れて、姿を見ると、走って来るようになったとか。

大人でも良いのですが、やはり小さな子どもの方が、仔馬の目線に近く、より嬉しいのでしょう。

こんな透き通った瞳で近付いてくれるのですから、子どもも大満足。

3・週末・ヘニー
 

たてがみの近くをなでると、お返しに腕を掻いてくれるようになりました。

3・週末・目を細め
 

「ねえねえ!」と、暖かい鼻を近付けて来ます。

3・週末・ギュー
 

「そうそう、そこを掻いてくれると、気持ちいいのよ!」

3・週末・愛撫
 

互いに意思疎通が図れるようにようになり、楽しさ倍増。

朝日に、金色のたてがみが、きらきらと輝いていました。

3・週末・首を伸ばし
 

このところ、雪の合い間から伸びるようになった青草。

むしって鼻先に置いてみましたが、まだ食べる気配はなく、一生懸命、匂いをかいでいました。

3・週末・草の匂い
 

きっと、雪解けが進み、母が食べるようになれば、挑戦するのでしょう。

くるっと背中を向けて、「掻いて!」のポーズ。

3・週末・背中を向けて
 

「そうそう、そこそこ!」

3・週末・掻いて
 

小さくても、ちゃんと主張する、お茶目な女の仔です。

放牧地は、暖かさで緩んだ大地が再び凍り、馬たちにとっては、歓迎しがたい状況になってしまいました。

3・週末・凍った
 

凍ってない場所を選んで歩く、牡馬たち。

3・週末・3頭
 

私に気付いたゴールドアリュール牡馬が来ようとしますが・・・。

3・週末・アリュールこちらへ
 

氷を前に、立ち往生。

3・週末・立ち往生
 

それでも、慎重に歩を進め、なんとかたどり着いていました。

3・週末・アリュ
 

こちらも、根性でやって来た、ハービンジャー牡馬。

3・週末・ハービン
 

牝馬の放牧地でも、ところどころ凍った地面に、ロードカナロア牝馬が、苦戦。

3・週末・カナロア
 

慎重にではなく、勢いで、ちゃっちゃと駆け抜けるところは、性格の違いを表しています。

3・週末・大急ぎ
 

先に来ていたディープインパクト牝馬と共に、「ニンジンちょうだい!」

3・週末・カナ&ディープ
 

それでも、氷や雪は、日一日とその範囲を減らし、昨日は、この状態。

3・週末・オルフェ
 

また元気に走れるようになりました。

3・週末・ダン
 

草が伸びてくるまで、もう少しの辛抱です。

3・週末・駆けてくる
 

目の前の1歳馬たちを見ていると、「もう1年経ったんだなぁ」と、つくづく。

3・週末・オルアリュ
 

昨年の今頃を思い出しながら、月日の流れを感じました。

3・週末・顔出す


関連タグ : ヘニーヒューズ, ゴールドアリュール, ハービンジャー, ロードカナロア, ディープインパクト,