新メンバーにハッスル~後編

ここでは、「新メンバーにハッスル~後編」 に関する記事を紹介しています。
 (前編から続く)

いっぱいのニンジンをポケットに詰めて、放牧地に向かいました。

1・近・放牧地
 

遊んでいた馬たちの中から、真っ先に気付いたオルフェーヴル牡馬が、駆け付けます。

1・近・オル来る
 

続いて、ゴールドアリュール牡馬。

1・近・アリュ
 

ハービンジャー牡馬と、ダンカーク牡馬。

1・近・ハービンダン
 

栗毛のオルフェーヴル牡馬と、キョロキョロしているスクリーンヒーロー牡馬も、こちらへ。

1・近・栗
 

先にニンジンを食べていたアリュールやオルフェを押しのけて、威張るハービン。

1・近・ニンジン
 

氷点下の寒さにも関わらず、みんな元気でした。

朝日にキラキラと輝く霧氷が、なんとも言えません。

1・近・霧氷
 

これが、新入りのスクリーンヒーロー牡馬。

1・近・ヒーロー
 

栗毛で、冬毛はもこもこ。

流星は、栗オルに似ています。

顔中、雪だらけにして、私の前から離れないハービン。

1・近・氷
 

ダンカークやオルフェも、「もっとちょうだい!」と、アピール。

1・近・うわ
 

すっきりと晴れた青空の下、みんな、のんびりしていました。

1・近・アリュール
 

ヒーローも、少し離れたところで、「ふわわー」と、

1・近・あくび1
 

2回も、大あくび。

1・近・あくび2
 

でも、しばらくすると、誰かが、彼を突きに行きます。

1・近・追われる
 

「行ってきたよ!」

1・近・行ってきた
 

戻ってきたのは、ダンカーク

今度は、誰でしょう?

1・近・匂う
 

ハービンでした。

1・近・行ってきたよ
 

やっぱり新しい顔が気になるようで、入れ代わり立ち代わり、様子を伺いに行きます。

遠くを見つめるヒーローくん。

1・近・遠い目
 

以前の仲間がいると思ったのか、いななくと、ひとりで走って行ってしまいました。

1・近・行ってしまう
 

いきなり離れて、寂しいのでしょう。

私の前で遊び始めた栗オルとハービンは、

1・近・栗&ハービン
 

そのまま、遠くへ走って行きました。

1・近・走っていく
 

オルフェとダンカーク、アリュールも。

1・近・3頭
 

美しい樹氷の前で、立ち上がるオルフェと、アリュール。

1・近・オル
 

2頭は走って、奥の方へ。

1・近・待て
 

そして、ヒーローと合流し、またこちらへ戻って来ました。

1・近・みんなで
 

「ねえねえ、私たちにもニンジンちょうだいよ!」と、ロードカナロア牝馬とオルフェーヴル牝馬。

1・近・カナ&オル
 

ディープインパクト牝馬も顔を出します。

1・近・ディープ
 

「おーい!」と、道の反対側からのぞく栗オル。

1・近・栗オル
 

ふと、小さな鳥の鳴き声に、柵沿いに生えたマツの木を観察すると、”雪の妖精”と呼ばれる、シマエナガの群れがいました。

1・近・シマエナガ
 

寒さ厳しい北の大地は、時折、神秘的な感動を与えてくれます。

1・近・仲間たち
 

少しずつ馴染んできたのか、みんなのところへやって来たヒーローくん。

1・近・オルフェ
 

特にこの2頭は、仲良くなれそうな予感がしました。

1・近・栗毛
 



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://foal.blog46.fc2.com/tb.php/1278-26b7cf11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック