新しい気持ちで

ここでは、「新しい気持ちで」 に関する記事を紹介しています。
 昨夕、2月3月生まれの5頭の当歳馬が、1歳厩舎へ移動しました。

10・新・1歳厩舎へ
 

新しい場所に、不安そうな面々。

10・新・そわそわ
 

「ここは、どこ?」

10・新・どこ?
 

互いに鳴き合い、存在を確認しながら、周りを眺めています。

ハービンジャー牡馬が見つめる先には、一つ年上の半兄がいました。

10・新・視線の先に
 

グルーミングしているのは、エイシンフラッシュ牡馬。

10・新・兄
 

2グループあった1歳牡馬たちは、移動に伴い、1グループに統合しました。

放牧地で、早速、接触している様子。

奥の方では、栗毛のノヴェリスト牡馬とエンパイアメーカー牡馬があいさつ。

10・新・ノヴェ
 

新しい仲間たちと、また新鮮な気持ちで、向き合っています。

ノヴェと栗ノヴェ、

10・新・ノヴェ来る
 

フラッシュ、

10・新・フラッシュ
 

エンパイア、

10・新・エン
 

青ノヴェと、

10・新・青ノヴェ
 

まるで以前から知り合いだったように過ごしているのが、

10・新・フラッシュ&青
 

とても不思議でした。

10・新・エンノヴェ
 

相撲をとったり、

10・新・栗ノヴェ&フラ
 

ニンジンをねだったり。

10・新・ノヴェ顔
 

そして、その様子を、一つ下の弟たちが眺めているのが、また不思議でした。

10・新・弟たち
 

こんな光景は、もう何日も見られません。

今朝早く、新しい放牧地に5頭で放れた当歳馬たちは、元気に駆け回っていました。

10・新・翌朝
 

力強く、たくましく。

10・新・みんなで
 

紅葉した山に、朝日が照り始めます。

10・新・紅葉
 

寝藁上げを終えた頃、離乳2日目の放牧地ものぞきました。

あいかわらず、オルフェーヴル牝馬の側には、栗毛のオルフェーヴル牡馬の姿。

10・新・2日目
 

今日も、付きまとわれながら、

10・新・ぺったり
 

「母さんは?」と、鳴いています。

10・新・どこ行った?
 

ロードカナロア牝馬も、寂しそう。

10・新・ちら
 

授乳タイムの感覚が抜けず、栗オルに口を近付けるオルフェ。

10・新・授乳?
 

カナロアがやって来て、

10・新・ここかな?
 

みんなで移動。

10・新・3頭
 

母を捜すカナロアに、

10・新・鳴く
 

口を近付けるオルフェ。

10・新・オル
 

ひしひしと、悲しさが伝わってきました。

10・新・ねえ
 

その周りでちょろちょろする栗オルは、いずれ自らも母と別れることになるとは、思ってもいないでしょう。

10・新・うろうろ
 

再び、早生まれの放牧地。

こちらは、ゴールドアリュール牡馬を先頭に、カナロア、

10・新・走る
 

ハービン、オルフェ、

10・新・走る2
 

ダンカークと、

10・新・ダンくん
 

颯爽と、目の前を駆け抜けていきます。

10・新・走る3
 

奥の方で一休みしたと思ったら、

10・新・木漏れ日
 

また出発。

10・新・やって来る
 

いつもと違う景色を確認するように、

10・新・クー先頭で
 

柵沿いを全力で。

10・新・ハービン
 

朝の光、木々の緑、冷たく澄んだ空気。

10・新・オルフェたち
 

新しい環境を楽しむかのように駆ける姿は、

10・新・再び
 

とても頼もしく感じました。

10・新・一斉に
 

午前9時には、栗毛のノヴェリスト牡馬の出発。

昨年の10月15日にやって来たので、ちょうど丸1年、ここで暮らしたことになります。

10・新・栗ノヴェ
 

馬体重430㎏前後。性格は穏やかで、とても素直な馬でした。

10・新・出発
 

新しい環境にも、すぐに慣れることでしょう。

競走馬の卵たちにとって、秋は、区切りの季節です。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://foal.blog46.fc2.com/tb.php/1254-20e1a973
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック