続く離乳

ここでは、「続く離乳」 に関する記事を紹介しています。
 最初の離乳から4日後、すでに生後6ヵ月を過ぎた3月生まれの離乳も、行うことになりました。

オルフェーヴル牡馬の最後の授乳。

9・離乳・オル
 

終わると、動き出したお母さん。

9・離乳・オル母
 

「ニンジン、持ってる?」

9・離乳・アップ
 

大好きな物には、目がありません。

今回は、このオルフェくんとハービンジャー牡馬の2頭が離乳。

9・離乳・オル&ハービン
 

放牧地に戻って来たダンカーク牡馬と、

9・離乳・ダン
 

楽しそうに遊ぶ、わんぱくハービン。

9・離乳・ヤー
 

この時、母シルエットと別れることになるとは、思ってもいなかったことでしょう。

9・離乳・母来る
 

遠くの方に、2月生まれの2頭がいました。

9・離乳・2頭
 

こうして、母と共に草を食むことが出来ないので、共に行動するようになりました。

9・離乳・親子
 

互いに支え合っているようで、微笑ましく思います。

9・離乳・一緒
 

9・離乳・ペア
 

「ねえ、ねえ!」と寄ってくるハービン。

9・離乳・ハービン
 

「仲間に入れて!」と、オルフェ。

9・離乳・オルフェ
 

ダンは、

9・離乳・ダンくん
 

「何してるの?」

9・離乳・ダン来る
 

いつものように過ごす仲間たちの中から、オルフェ母とハービン母が、そっとひかれていきました。

9・離乳・いよいよ
 

気付いた仔馬は3頭。

9・離乳・出口へ
 

ハービンと、ロードカナロア牝馬、ゴールドアリュール牡馬が、後を追います。

9・離乳・さよなら
 

ダンカーク牡馬と乳母とオルフェは、私の目の前。

9・離乳・気付いてない面々
 

母が行ってしまった後に、

9・離乳・あれ
 

乳母に付いて、やっと動き出したオルフェ。

9・離乳・乳母
 

異変に気付いたハービンとカナロアは、一緒に走り出しました。

9・離乳・ハービンあせる
 

「置いていかれたー!」

9・離乳・焦る
 

状況を把握していないオルフェは、

9・離乳・乳母たち
 

ダンくんにいたずらされても、知らんぷり。

9・離乳・ダンにかじられる
 

困った顔のハービンがやって来て、

9・離乳・オル&ハー
 

噛みつかれても、あまり気にしている様子はありませんでした。

9・離乳・何やってんだよ
 

「おかあさーん!!」

9・離乳・鳴く
 

母が去った方を、しきりと目で追うハービンでしたが、

9・離乳・いないよ
 

周りの仲間たちは、落ち着いています。

9・離乳・あくび
 

カナロアが、何をしているのかと思ったら、

9・離乳・乳さがすカナ
 

ダンカークの、あるはずのない乳房を探していました。

9・離乳・ダンくんに
 

「やっぱり、ないかぁ・・・」

9・離乳・今度は
 

今度は、離乳直後で気もそぞろのハービンのところへ。

9・離乳・ハーに
 

乳が恋しいカナロアの気持ちが、垣間見えました。

ミケ登場。

9・離乳・ミケ
 

しゃがんだ私の頭から、帽子をかじりとったハービン。

9・離乳・帽子ゲット
 

徐々に、遊ぶ余裕が出て来たようで、安心しました。

でんと構えているアリュールにも、いたずら。

9・離乳・くーに
 

やって来た乳母に、そっと顔を近付けるカナちゃんでしたが、失敗。

9・離乳・乳母に
 

やがて、1頭、また1頭と、子守り役に残った乳母に付いて歩き出し、

9・離乳・乳母について
 

不思議なほど、いつもの静かな放牧地に戻りました。

9・離乳・一団
 

その場を離れ、母馬たちのところへと向かいます。

9・離乳・道に
 

シルエットは、2番仔となるハービンとの別れに、大騒ぎでした。

9・離乳・シル
 

対照的に、草を食むオルフェ母さん。

9・離乳・静かに
 

先に離乳した母馬たちと同じ放牧地に入れたため、シルエットとセレーネは、早くも主導権争いで火花を散らしていました。

9・離乳・バチ
 

それでも、我が仔のことが気になります。

9・離乳・次の
 

夕方のぞいた放牧地。

ハービンは、母がいないことを少し気にしているようでした。

9・離乳・夕暮れ
 

私の姿を見ると、ニンジンをもらおうと、やって来る2頭。

9・離乳・ニンジン
 

どちらも、離乳1日目とは思えないほど落ち着いています。

のどが渇いたのか、水を飲むオルフェ。

9・離乳・水
 

仲間たちのところへ戻っていったと思ったら、

9・離乳・帰る
 

あらあら、乳母のところへ。

9・離乳・乳母のもとへ
 

くるっと回り込んで・・・。

9・離乳・乳を求めて
 

しれっと飲ませてもらおうと試みますが、気付かれて、失敗。

9・離乳・失敗
 

いくら乳母とはいえ、”誰にも”というわけには、いかないようです。

仔馬たちの知恵と勇気、たくましさに、元気をもらった一日でした。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
毎年見る切ないシーンですが、それぞれに離乳後の様子が違うもんですね。
シルエットママは2回目でもやっぱり辛そう。でも、セレーネと主導権争いで睨み合ってるとこはさすがです(笑)
カナちゃんやオルフェくんはダンくんの乳母ママのお乳をねらったけど残念!突然飲めなくなるんだもの、そりゃ恋しいですよね。
52枚もの写真!ドキュメンタリー映画を見ているようでした。
2017/01/05(木) 22:14 | URL | ラベンダー #8c6RAryI[ 編集]
やっぱり乳母と言えども誰でもOKというわけには行かないでしょうね^^;。
カナちゃんはママっ子だったから寂しいのが強いのかな?
でもわんぱく男子達がいるからカナちゃんもめそめそしてられないですね。
しれっとした態度のオルフェくん、なかなか逞しいです。将来が頼もしいです。
母馬さんたちの主導権争い・・・今頃は仲良くなっていると良いのですが^^;。
2017/01/05(木) 22:17 | URL | aqua #hPjq5csI[ 編集]
毎年 繰り返されるこの光景・・・切ないですね。

カナちゃんは自分の離乳の時にも いつまでも母を探し回ってましたが
他の仔の離乳でも異変に気付いて ハービン君といっしょに走り回ってる・・・

でも そんな2頭の母がさっそく主導権争いをしてるなんて 
ちょっと笑ってしまいました。(・m・ )
セレーネの方が年下ですが さすが元ディープ姉さん!負けてないですねw

鬣の美しい乳母さんは 子守役まで担当になったんですね。
よろしくお願いします、と伝えたいです♪
2017/01/07(土) 16:58 | URL | 京都はんなり #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://foal.blog46.fc2.com/tb.php/1245-41498863
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック