受難の夏

ここでは、「受難の夏」 に関する記事を紹介しています。
 斜陽が美しい放牧地へ。

スプライトとハフリンガーの、後ろ姿。

9・夕・スプ
 

土手のそばでは、大きな水たまりの中に、1歳牝馬の姿を見つけました。

9・夕・牝
 

オルフェーヴル牝馬が、蹄の傷で厩舎に入っているため、4頭。

水をバシャバシャ鳴らして、涼をとっているようでした。

でも、プーンという音。

虫よけスプレーをしていても、おびただしい数の蚊が、近寄ってきます。

今年は、台風の影響で、たくさんの水たまりが出来たため、蚊が大発生。

大雨に関して、「これまでに経験したことのない」という言葉が使われますが、蚊に関しても、同じ。

夕方になれば、その動きは活発になり、馬や人間たちにひそかに近寄ってきます。

「行くわよ!」と、逃げ出したのは、ハーツクライ牝馬2頭。

9・夕・ハーツ2頭
 

みんなしっぽを激しく振り、蚊を避けながら、移動。

9・夕・行く
 

ElusiveQuality牝馬と、ダイワメジャー牝馬も。

9・夕・メジャ
 

皆、アブや蚊などに体を刺され、ひどい者は、皮膚がぼこぼこになっています。

「さあ!行こう」

9・夕・待つ
 

奥の方へ。

9・夕・遠景
 

牡馬5頭は、厩舎に戻りたいという顔で、出入り口に固まっていました。

9・夕・牡5
 

一番奥まで進むと、草を食べ始めた牝馬たち。

9・夕・木々
 

気が付くと、水たまりの上には、たくさんのトンボが舞っていました。

大きい個体は、ギンヤンマでしょうか。

9・夕・ギンヤンマ
 

大発生した蚊を狙い、忍者のような早業で、空中を飛び交います。

「ありがたい!」

栗の木は、たくさんの実をつけ、やがて来る秋を待っています。

9・夕・栗
 

9月になってもまだ暑い北海道。

9・夕・牡4
 

馬たちにとって、受難の夏が、早く過ぎ去ってくれることを願います。

9・夕・夕焼け
 



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/09/05(月) 19:34 | | #[ 編集]
1カ月前の斜陽・・・いかにも暑さを感じる日ざしでしたが、今はかなり秋が進んでいるんでしょうね。

今年はかつて無いほどの大雨でできた水溜りのおかげで蚊が大発生。
自然界の厳しさが何回も押し寄せたこの夏、本当に大変だったと思います。

今は離乳も終わり、1歳馬たちは第二ステージに旅立ちの頃でしょうか。
自然界の厳しさとはまた別の厳しさが待っている1歳馬たちですが、
負けず魂で頑張れ~とエールを送ります。



2016/10/08(土) 17:27 | URL | aqua #hPjq5csI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://foal.blog46.fc2.com/tb.php/1238-f2d8c8ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック