当歳馬の削蹄

ここでは、「当歳馬の削蹄」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 土曜日の午後、定期的に行っている当歳馬の削蹄がありました。

もう数回目になる者から、初めての者まで、色々。

駆け付けた時には、ダンカーク牡馬が、終了するところでした。

5・削蹄・ダンくん
 

彼は、今は亡き母馬の肢の特徴を受け継いでいます。

装蹄師さんのチェックを受け、一安心。

2月生まれのゴールドアリュール牡馬は、「慣れたもの!」と言いたいところですが、やはり、バランスを取るのに、一苦労。

5・削蹄・アリュ
 

くねくねと動こうとします。

それでも、最後は、立派な立ち姿。

5・削蹄・アリュ横
 

4月生まれのオルフェーヴル牝馬は、落ち着いていました。

5・削蹄・オルフェちゃん
 

鼻や目の周りから産毛が抜け、まだら模様になっているのが、目立ちます。

ハービンジャー牡馬は、付き添いのお母さんが常に顔を出し、心配そう。

5・削蹄・ハービン
 

「ねえねえ、うちの仔、どうですか?」

5・削蹄・シルエット
 

と尋ねているかのように、装蹄師さんの腰のあたりを突いていました。

オルフェーヴル牡馬のお母さんは、「ニンジンくれるの?」と、顔を出します。

5・削蹄・オルフェ
 

くるっと外側に回ると、削蹄が終了したハービンジャー牡馬の仲良し親子が、並んでいました。

5・削蹄・仲良し
 

オルフェちゃんは、得意の舌出しポーズ。

5・削蹄・オルフェ牝
 

半姉たちを思い出します。

2月生まれののロードカナロア牝馬は、新米母さんも、落ち着いてきました。

5・削蹄・カナ
 

初めてとなる、ちっちゃなオルフェくんは、チェックだけでまだ削る状態でもなく、終了。

5・削蹄・栗オル
 

母は、大慌てで出てきて、「何?何?」と、心配そう。

5・削蹄・たいへん
 

最後は、4月生まれのロードカナロア牝馬。

5・削蹄・プリンかな
 

こちらも、新米母のプリンセスが、常時顔をのぞかせていました。

母に見守られ、たくさんの人に見守られ、これから当歳馬たちは、競走馬への道を歩んでいきます。




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
削蹄してもらってるとねっ子たち、みんな落ち着いてお利口さんにしてますね。
一方のお母さん達は、小学校入学前の健康診断を受ける我が子を心配そうに見てるって感じかな?
2月生まれのアリュールくんを見た後に5月生まれのオルフェくんを見たら、やっぱりまだまだ赤ちゃんで可愛い!でも、少しずつ競走馬への1歩を踏み出してるんですね。
2016/07/08(金) 14:32 | URL | ラベンダー #8c6RAryI[ 編集]
とねっこたち削蹄の間、おとなしくしていられてえらかったですね~。
母馬さんたちのうちの仔に何をしてるの?というような表情がおかしいです。
それにしてもみんなの立ち姿が格好良いです。
プロフィールの写真のようですね。
2016/07/12(火) 23:21 | URL | aqua #hPjq5csI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://foal.blog46.fc2.com/tb.php/1227-16f2f35e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。