真昼の地震

ここでは、「真昼の地震」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 未明の吹雪で、少し雪が積もった木曜日。

1・地震・足跡
 

使っていない放牧地に向かって、キタキツネの足跡が、しっかり残っていました。

1歳牝馬の放牧地。

1・地震・牝4頭
 

私を見るなり、急ぎ足の4頭。

1・地震・いそいそと
 

「待って!」

1・地震・待って
 

一番先にやって来たのは、オルフェーヴル牝馬でした。

1・地震・大急ぎ
 

ニンジンに加えて、八つ割りにしたリンゴを、用意。

初めての味にどう反応するか、観察したところ・・・・。

1・地震・オル&メジャ
 

オルフェちゃん以外の3頭は、口にするなり、「ペッペッ」。

味やにおいの違いに気付き、敬遠。

初めてでも、何食わぬ顔で食べ続けたのは、オルフェだけでした。

隣の牡馬4頭組では、一度は食べたクロフネ牡馬とノヴェリスト牡馬が、そのうち口にしなくなり、いつまでも食べ続けたのは、やはりオルフェーヴル牡馬。

そして、牡馬5頭組は・・・。

1・地震・栗オル
 

みんな食べませんでした。

しかも、リンゴの後に配ったニンジンまで、「これ、大丈夫?」というふうに、慎重に匂いをかぐ始末。

馬それぞれの警戒心の強さを、改めて感じることが出来ました。

冷たい北風の中、エンパイアメーカー牡馬とエイシンフラッシュ牡馬。

1・地震・エン&フラッシュ
 

4頭組は、珍しく、風にお尻を向けて、寒さをしのいでいます。

1・地震・風に耐え
 

栗毛のオルフェーヴル牡馬と、キングヘイロー牡馬。

1・地震・栗オル&ヘイロー
 

駆けて行って、

1・地震・駆ける
 

今度は、フラッシュくんの肢を噛む、栗オル。

1・地震・フラッシュに
 

次は、青鹿毛のノヴェリスト牡馬と。

1・地震・青&栗
 

その2時間後、家で昼食の用意をしている最中に、いきなり震度5弱の揺れが襲いました。

平成15年に、震度6弱の地震を経験してから、しばらくぶりの、ハッとする地震。

あの時は、物が散乱しましたが、今回はそのようなこともなく、ホッとしていたところ、視界に、走る馬たちが入ってきました。

窓の向こうです。

放牧地の1歳馬たちが驚き、不安そうに、群れて速歩をしていました。

1・地震・どうした?
 

パニック気味の、5頭グループ。

1・地震・びっくり
 

止まって、様子を伺う牝馬グループ。

1・地震・あれ?
 

やがて、どこからか聞こえる警戒放送に、耳を傾ける馬たち。

1・地震・放送
 

こちらも。

1・地震・奥では
 

でも、なぜか1頭だけ、反対を向いている青ノヴェくん。

1・地震・向こうが
 

またもや、隣の乗馬くんたちの様子を興味津々で見学中。

緊張感は、天然キャラの青ノヴェくんのおかげで、一気に和らぎました。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
うちの娘がママーママー北海道!!と叫んで慌ててTVを見ました。
北海道の地図の下あたりが震度5…
心配で心配で、でも大丈夫そうで良かったです!!安心しました(^^)
オルフェくんオルフェちゃん
似てるんですね~♪
って動じない気にしない印象なので
やっぱりという感じです!!

2016/01/15(金) 08:52 | URL | ひーちゃん #bBmFigmc[ 編集]
地震速報で「浦河」と出た時に「仔馬達大丈夫かなあ。」と心配しました。今までに私が経験した地震は震度4が最大で、それでもかなり怖かったです。最近では震度2でもどきっとしますが、震度5といったら相当の揺れですよね。被害が無くて本当に良かったです。
仔馬達もさぞ驚いたと思いきや、写真を見るとそんなにパニックになってないので意外でした。グループによって直後の反応が違うのも面白いですね。人間と同様、警戒放送をちゃんと聞いていてえらい!青ノヴェくんの天然ぶり、笑えました。
2016/01/15(金) 15:08 | URL | ラベンダー #8c6RAryI[ 編集]
最大震度5弱の地震が起きる前に、
地震警報 : 北海道苫小牧沖+周辺を
2016年01月11日 00時00分に発表しました。

地震はある程度予知できます。
過去の教訓をいかし、防災・減災へ。
2016/01/15(金) 22:25 | URL | 地震予知・注意報 #-[ 編集]
お忙しいのに無事との記事の更新をありがとうございます。

昨日は、夜になってから震度5弱の地震のことを知りました^^;。
でも震源地が浦河沖と聞いてびっくり!
母馬さんやこっこたち、馬房は大丈夫だったかな~と心配してました。

馬房ではなく放牧地にいる間で良かったように思います。
とは言え、みんな怖かったね~。
遠目でもどきどきしている様子が伺えます。

でもでも青ノヴェくん、君っていう仔っこは・・・。
将来パドックでも、興味津々で周りを見ているのだろうか。
少々のことでは動じない強い競走馬になりそうですね^^。

ニンジン大好きなこっこたちもリンゴは微妙・・・。
リンゴは大人の味なのかな~。
2016/01/15(金) 23:47 | URL | aqua #hPjq5csI[ 編集]
外出先で、「浦河沖が震源で震度5弱」のニュースを見て、ビックリしました!ファームも大きな被害がなく、人馬ともに無事で本当に良かったです。

仔馬たちの動揺しながらも、止まって様子を伺ったり、まじめな表情で、しっかり警戒放送に耳を傾けてるあたり、改めて馬達の賢さを痛感。
青ノヴェくん、さすがです・・・。

これ以上、余震がないことを祈ります。


2016/01/16(土) 04:49 | URL | リボン #-[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2016/01/17(日) 22:43 | | #[ 編集]
ありがとうございます。
お嬢様も、北海道に興味を持ってくださっているのでしょうか。
嬉しいです。
浦河沖が震源地ということで、テレビで盛んに取り上げられましたが、元々地震の多い土地なので、皆、慣れています。
その後の余震も感じられず、馬たちも元気ですよ。v-22
2016/01/20(水) 12:22 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
ありがとうございます。
頭上に何もない放牧地にいるのが、一番安全でしょうね。
これ以上の震度の地震は、起こってほしくないのが願いですが、ここは、非常に地震の多い土地です。
備えは十分にしていきたいと思っています。
青ノヴェくんは、自分のことより、乗馬くんたちが気になったようですね。
あいかわらず、周りばかり見ていて、面白い仔です。v-22
2016/01/20(水) 12:25 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
ありがとうございます。
縦揺れという感じで、「近いな(震源地)」と思いました。
同時に、「津波はないな」とわかりました。
地震も、数多く経験していると、感覚で、どの程度のものかわかるようになります。
自然と共に生きていると、体で覚えていきますね。
リンゴの話ですが、馬は、新しい味に非常に敏感で、匂いをかぎ、本当に食べられるものなのか、まず考えます。
その匂いや味に慣れて、やっと好きになるのです。
だから、オルフェくん・オルフェちゃんのように、初めからムシャムシャ食べる方が珍しいというか、食に関しては、あまり神経質ではないところが、いいかもしれませんね。v-22
2016/01/20(水) 12:35 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
ありがとうございます。
地震は、早朝や夜間が多いので、馬たちが外に出ている時、こんなに大きな地震が来たのは、初めてかもしれません。
地面の動きを敏感に感じ取ったんですね。
注目して見ていましたが、すぐに落ち着きました。
仲間どうしで群れになり、互いに心強かったことでしょう。v-22
2016/01/20(水) 12:38 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://foal.blog46.fc2.com/tb.php/1169-89a46bf1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。