今年最後の離乳~その2

ここでは、「今年最後の離乳~その2」 に関する記事を紹介しています。
ヴィクトワールピサ牝馬の離乳後、母の放牧地にも足を延ばしました。

牧柵から顔を出し、不思議そうに見つめているのは、オルフェーヴル牝馬とクロフネ牡馬。

「なんだか悲しそうだけど、どうしたのかな?」

9・その2・オル&クロ
 

視線の先には、ピサ母さんがいました。

9・その2・ピサ母さん
 

遠くを眺めて、仔馬を捜しています。

まだ、我が仔たちと一緒にいたかったのでしょう。

向かいの放牧地のクロフネくんは、やって来たオルフェーヴル牡馬とグルーミング。

9・その2・グルーミング
 

離乳してほぼひと月となり、仲間との交流が増えました。

仲の良い、早生まれ4頭。

9・その2・仲良し
 

体格の大きいダイワメジャー牝馬が、「私も入れて」と、柵の間から顔を出そうとしています。

9・その2・私も
 

「無理しない方がいいんじゃないの?」

ピサ母さんは、その間、いったん仲間たちの方へ戻っていましたが、再びこちらへさまよい歩いてきました。 

9・その2・ピサ母
 

「どこにいるのかしら?」

9・その2・どこ?
 

わかっている私が、目を凝らして、離乳したピサたちの姿を追うと・・・・。

9・その2・遠景
 

やっぱり、落ち着いています。

不思議なピサちゃん。

そんな彼女に代わって、まだ心配そうに、ピサ母さんを見つめている、オルフェくん・オルフェちゃん。

9・その2・オル2頭
 

さて、午後になり、いきなり風が吹いてきたかと思ったら、天候が急変。

見たこともないような大玉のひょうが降りました。

雨が止んだところで外へ出ると、製氷機で作ったくらいの大きさの、まん丸い氷が、地面にころころ。

9・その2・ひょう
 

急ぎ、集牧を開始します。

9・その2・急な嵐
 

離乳したピサたちの放牧地。

9・その2・ピサたち
 

仲間を先導しているのは、ピサちゃん。

9・その2・先頭のピサ
 

すぐに集まってきました。

9・その2・ぬれて
 

さすがに、厩舎に入れたら鳴くだろうと思っていたのに、この通り。

9・その2・ムシャムシャ
 

ものも言わずに、飼い桶の飼料をムシャムシャ食べていたのには、ちょっと意表を突かれました。

肝っ玉の太い女の仔は、これから、どんなふうに成長していくのでしょうか。

まだまだ不思議な一面を持っていそうです。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ピサ母さんの悲しみがひしひしと伝わって来ます。初めての子だからよけい辛いでしょうね。オルフェくん達も心配そうにしてましたね。わかるんでしょうか。それなのに肝心のピサちゃんは独りでも飼料をムシャムシャ・・・ホントに不思議ちゃんですね。
早生まれ組はすっかり仲良しになって結束してますね。馬の年齢の話、ためになりました。人間で言うと幼稚園児くらいでお母さんと離れ、子ども達だけで生活するなんて尊敬しちゃいます。
それにしてもすごい大玉のひょうですが、お馬さん達も痛かったのでは?ここ数日で一気に寒さが増しました。皆さん、お馬さん、風邪にお気をつけ下さい。
2015/10/27(火) 13:50 | URL | ラベンダー #8c6RAryI[ 編集]
ピサ母さん、子守り役お疲れ様でした。
優しい母であり、頼れる子守りさんでしたね。
愛娘さんの事、心配でしょう。
が…しかし、娘さんは“へっちゃら”ぶりを発揮しているかの様に見受けられます。

ピサちゃんの強者っぷりを見て、何だか納得しました。
大人しい仔だと教えて頂いたエンパイア君、ヘイロー君の事が。
未だ、こんなにちっこくても、既に姐さんだもの…!!
姐さんたち(ピとハ)に揉まれ、絡まれ、立ち上がれ!エンパイア君、ヘイロー君。

2015/10/27(火) 19:25 | URL | Hanamami #8TXiIZ82[ 編集]
ピサちゃんより母馬さんの方が寂しそうですね。
悲しそうな顔を見ていると、こちらまで悲しくなってきます。
そんな母馬さんを心配そうに見ている早生まれ組たち。
みんな優しい眼差しで母馬さんを応援しているようですね。

それにしてもピサちゃん!
今年の末っ子にして年長の仲間をリードするという肝っ玉ぶり。
将来は、すごい活躍をしてくれるのでは・・・と想像しています^^。
2015/10/27(火) 22:42 | URL | aqua #hPjq5csI[ 編集]
無事に終わったんですね。
吉田ファームの皆様お疲れ様でした。
ピサちゃんの落ち着きぶりにはビックリしましたが、さすがにお乳がほしくなったら母を探すのでしょうか。
今まで離乳をして、こんなに飄々としてる仔はいなかったような( ´∀`)


移動してしまったノヴェちゃんも今頃は母と離れて寂しがっているのかな。
アスカママが元気だったらディープくんかディープちゃんとの別れを乗り越えている時期かなぁなどと色々思いをはせてしまいます。
2015/10/28(水) 08:11 | URL | めんめ #-[ 編集]
ありがとうございます。
今年の秋は、強い風が吹いたり、大雨だったり、ひょうが降ったり、例年より荒れ模様でした。
風のあたらないところの木々は紅葉がきれいですが、吹きさらしの木はボロボロ。
寒さも一気にやって来たような気がします。
今年最後の離乳は、不思議娘ピサちゃんで、静かに終わることが出来ました。
また、来春のシーズンに向かい、気持ち新たに頑張っていこうと思います。v-22
2015/10/28(水) 13:55 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
ありがとうございます。
誰に似たのか、栗毛のピサは、本当に面白い存在で、きっとこれからも我の強さを発揮してくれることでしょう。
「あら?お母さんいなくても、平気だったのね?」
という感じで、本当に淡々としていました。
エンパイア&ヘイローくんは、リーダー情報によると、最近パワーアップしてきて、放牧時などは、勢いよく飛び出していくようです。特にヘイローは、ピとハにかみつくなど逆襲する場面も出てきています。はやり牡馬ですね。v-22
2015/10/28(水) 14:02 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
ありがとうございます。
ピサ母さんを見に行ったつもりが、まずは、早生まれとねっこたちが柵沿いに集結しているのが目に入ってきました。
「どうしたの?」というふうに、のぞきこんでいて、まるで自分のことのように心配している姿が、かわいいですよね。
ピサちゃんは、先日、馬房にはいる時に、「入らない!」と、頑として動きませんでした。お尻を叩かれて、あわてて入っていきましたが、文字通り”飴と鞭”で、競走馬の卵たちには、優しさと厳しさが必要です。v-22
2015/10/28(水) 14:07 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
ありがとうございます。
ノヴェちゃん、元気にしているでしょうか。きっと離乳は終わっていますね。
亡くなったアスカ母さんも、生きていれば、今年も子守り役だったでしょうね。
あの頃の元気な姿がよみがえってきます。v-22
2015/10/28(水) 14:10 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://foal.blog46.fc2.com/tb.php/1143-6bfb923c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック