ダブル離乳~前編

ここでは、「ダブル離乳~前編」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 3月下旬から4月上旬に生まれた馬たちにも、離乳の日がやって来ました。

エンパイアメーカー牡馬と、キングヘイロー牡馬。

9・離1・牡馬2頭
 

ヴィクトワールピサ牝馬と、ハーツクライ牝馬。

9・離1・牝馬2頭
 

このグループは、牡馬どうし、牝馬どうしが仲良し。

末っ子の栗毛のピサちゃんが、一番好奇心が強く、気付くとすぐに寄ってきます。

9・離1・気が付いた
 

そして、ハーツちゃん。

9・離1・ハーツ
 

ヘイローくんは、ちょっと恥ずかしがり屋。

9・離1・ヘイロー
 

かぶっている帽子をピサにとられ、それが地面に落ちると、今度は、ハーツも興味津々。

9・離1・帽子
 

振り回して遊んでいました。

9・離1・ハーツ帽子
 

ピサは、頭にのせても、嫌がることなく、すまし顔。

9・離1・ピサ帽子
 

「あれ?」

9・離1・あれ?
 

向こうからやって来る子どもの姿に、気が付きます。

「何、持ってるの?」

9・離1・何持ってるの
 

自分より小さな人間に、顔を寄せてくる、ピサとハーツ。

エノコログサの茎を、カプッ。

9・離1・カプ
 

「何してるの?」

9・離1・エン来る
 

と、穏やかな性格のエンパイアくんも、顔出し。

みんなで遊ぶ、楽しいひと時でした。

9・離1・ピサ草
 

さて、こちらは、栗毛のオルフェーヴル牡馬と、流星ハーツクライ牝馬のお母さん。

9・離1・栗オル
 

流星ハーツちゃんの離乳も、同時に行われることになり、道路を挟んで、観察に追われました。

1週間、4頭の面倒を見てくれたハーツ母さんも、いよいよお別れ。

9・離1・ハーツかあさん
 

ノヴェリスト牡馬を筆頭に、先に離乳した3頭も、遊ぶ余裕が出てきました。

9・離1・ノヴェ
 

潮時です。

9・離1・4頭組
 

ベテランのハーツ母さんが、出入り口の方へひかれていくと・・・・。

9・離1・いよいよ
 

仔馬たちが続きました。

9・離1・別れ
 

見送っているのは、ノヴェくんと栗オルくん。

9・離1・ノヴェ&栗オル
 

「あれ?行っちゃうの?」

9・離1・焦る栗オル
 

一番焦っていたのは、栗オルでした。

「行っちゃったよ?」

9・離1・あれー
 

「いいの?ねえ!ねえ!」

9・離1・ねえ
 

そして、隣の放牧地にも、別れの時がやって来ます。

9・離1・そして
 

最後まで乳をもらっていたのは、ヘイローくんでした。

9・離1・ヘイロー授乳
 

何も知らずに、ついていく馬たち。

9・離1・別れが
 

こちらは、新米ママでありながら落ち着きのある、末っ子ピサ母さんが、子守りに残ります。

(後編に続く)


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
栗オルくん、2回目の離乳ですね…(・・;)
これまた予想通りで、
後編、ドキドキでお待ちしております!
遅生まれの仔達は
子供さん達と放牧内で一緒に遊べるんですね~
良いですね!(^_^)
2015/10/20(火) 15:43 | URL | ひーちゃん #bBmFigmc[ 編集]
ブログを通して、今まで何回も離乳の時期を見てきましたが、不思議に思っていたことがあります。
母馬は、自分だけ引かれて放牧地を移動していきますが、嫌がったり、歩かなかったり、仔どもがついてこないことに気がつき、暴れたりするお母さんはいないのですか?もし、すべてわかっていて振り返りもせず去っていくのだとしたら…
人間と違って泣いたり叫んだり出来ないだけに、健気で切ないですね。
競走馬としてデビューしたら応援すること、母馬達が良い仔を産むのを願うことしか私にはできませんが、本当に、この季節は毎年そう思います。
2015/10/20(火) 21:43 | URL | まりい #-[ 編集]
「潮時です」という言葉が重く響きますね‥。本当に切ないですが、どんな動物にも遅かれ早かれやってくる母との別れ。わかってはいても親も子も辛いですよね。子供たちには早くお母さんがいない事になれて一人前になってくれる事を願います。栗オルくんはお母さんが2人いたようなものだったので悲しみも2倍になってしまっているのかな。
2015/10/21(水) 08:04 | URL | ココロ #-[ 編集]
ありがとうございます。
栗オルくんの後半の姿、更新しました。
ハーツちゃんを気遣っているようでした。
オルフェくんもそうでしたよね。
オルフェ産駒、本当に不思議です。
遅生まれグループは、牡馬たちがおとなしいので、子どもでも気軽に入れます。
ピサやハーツは遊び好きで、楽しいですよ。v-22
2015/10/21(水) 14:39 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
不思議と、放牧地から出てすぐは、誰も気付きません。
後ろから、子どもたちがついてきていると思っているのでしょう。
たいてい、別の放牧地に移されてから気付き、鳴き出しますね。
中には、あまり騒がないお母さんもいて、それはきっと「もう無理ね」と悟っているのだと思います。
そんな母を見ていると、私も健気に感じます。
馬は、賢い生き物です。v-22
2015/10/21(水) 14:44 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
そうですね。
自然界でも、親から子に別れを宣告する、キツネの”子別れの儀式”など、見ていて切ないことが多々あります。
親が”潮時”をわきまえているのです。
競走馬の場合は、人間の都合で、それを決めてしまいますが、デビューのためには割り切るしかありません。
栗オルくんは、感情豊かな仔です。
見ていて、それがよくわかります。v-22
2015/10/21(水) 14:49 | URL | team yosshie #uvrEXygI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://foal.blog46.fc2.com/tb.php/1138-c254bd50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。